ファンタジー小説、『魔法使いサキの物語』の、第13章・第6話を書き進めたので、ご紹介します。
物語の中で、乗り越える事が困難な事柄が起きた時に、それを解決する方法を考え出すのが、創作の上で最も難しい局面だと思います。今回の話も、そういう場面なので、四苦八苦しながら何とか書き上げました。
それでは、文末の挿絵と一緒にお楽しみ下さい。


前回までのあらすじ
ダンケルとマイネは、帽子のベレーズから空飛ぶ舟「カラブネ」の作り方を教えてもらって、図面通りに作ることに成功しますが、そのカラブネは風を操る魔法で飛ばす仕組みだったので、風の魔法が使えない二人はとんだ無駄骨を折らされた事に気が付くのでした。

魔法使いサキの物語
第13章・第6話「カラブネ、空を飛ぶ」

「申し訳ありません。お二人が風を操る魔法を習得されているかどうか、確認すべきでした。」
ベレーズがしょげて謝ると、マイネは図面をあらためて確かめながら、
「僕らも、スナクフ様が何でもご存じのはずだと思い込んで、質問をしなかったのがいけなかったね。」
と言いました。
「なんで俺たちが悪いんだよ。魔法庁への仕官のあては無くなるし、こんなとこまでベレーズを運ぶために旅をさせられるし、飛ばすこともできないガラクタ舟を作らされるし、踏んだり蹴ったりじゃないか。」
ダンケルがふてくされて言いました。
「私が悪いのです。お二人にはご苦労とご迷惑ばかりかけてしまって、本当にお詫びのしようもございません。」ベレーズは今にも泣き出しそうでした。
「まあ待ってよ。カラブネが飛ばないって決まったわけではないよ。」
マイネがとりなして言いました。
「何だって?」
ダンケルが頭をもたげて聞いたので、マイネは、
「追い風の風力で進むのではなくて、電気分解した海水の爆発の噴射力で進む構造にしてみてはどうかな。」
と提案しました。
ダンケルはベレーズと顔を見合わせましたが、それがどんなものか、どちらもよく分からない様子でした。
「上手くいくか分からないけど、とりあえず作ってみるよ。ダンケルも手伝って。」
「嫌だよ。俺は手伝わないよ!」
ダンケルが寝返りを打ってそっぽを向いたので、マイネは「気が向いたら頼むよ。」と言って、一人で馬を連れて材料を集めに出かけました。
しばらくすると、マイネは馬に材料を積んで戻って来て、カラブネを作った時と同じように、海藻と毒キノコを煮詰めて、崖の土と混ぜ合せて、汗だくになりながら、白い粘土を作りました。
「ああっ、私もお手伝いできたら良いのですけれど……。」
ベレーズが申し訳なさそうに声をかけると、マイネは、「いいよ。もう一人、手の空いた人がいるからね。」と言って、練り上がった粘土で、今度は細かな部品を作りはじめました。
「俺は手伝わないぞ!」少し離れたところで、横になったダンケルが、目を閉じたまま言いました。
マイネはせっせと部品を作り続けましたが、複雑な形が多いのと、寸法を正確に測らないといけないので、一人では思うように作業が進まない様子でした。
「そろそろ粘土が固まりはじめます。どうでしょう、間に合いそうですか?」ベレーズがたずねると、マイネは額の汗を拭いて、作業を進めながら、
「ちょっと厳しいなぁ。」と答えました。
「何を手伝えばいいんだ。」
いつの間にか、ダンケルがマイネのそばに立っていて、口をとがらせながら聞きました。
「これに書いてる通りの部品を作って。」マイネは微笑むと、隠しから手描きの図面を取り出してダンケルに渡しました。
「用意周到なんだからなぁ。」ダンケルは苦笑いすると、腰を下ろして粘土を加工しはじめました。
ダンケルの加勢のかいがあって、部品はすべてそろったので、マイネはそれらを組み立てて、たき火で焼き固めて、壺のような形の、奇妙な機械を完成させました。
ダンケルは、それをカラブネの後部に取り付けながら、
「動かしたとたんに大爆発!ってことにならなきゃいいがな。」と言いました。
「僕もそうならないことを祈るよ。」マイネも、あまり自信はなさそうでした。
「しかし、こんな小さな舟じゃ、馬も荷も置いていくしかないな。」
ダンケルが言うとベレーズが、
「私が入っていた小箱なら、馬や荷を入れて運べるかもしれません。」
と答えました。
「まさか。あんな小さな箱に馬や荷なんか入るかよ。」
「物は試しだ。やってみようよ。」マイネが馬に負わせた荷袋から小箱を取り出して、それに馬の前脚のひづめをはめ込んでみました。
すると驚いたことに、馬が荷袋ごと瞬く間に小さくなって、小箱の中に落ち込むように吸い込まれて行きました。
すっかり馬の姿が見えなくなったので、小箱の中を覗き込むと、手のひらに載るくらい小さくなった馬が、とまどった様子でか細くいななきながら、こちらを見上げていました。
「ひえー。信じられない。子ねずみくらい小さくなったよ。」
「たまげたな。こんなすごいミュステルだったのか。」
ベレーズが誇らしげに、「たいしたものでしょう。三法者の書に記された魔法の中でも、極めて難易度の高い魔法が施されたミュステルです。しかも、三法者のヌマ様がその手でお作りになった、世界にたった二つしかない、大変貴重な小箱なのですよ。」と言ってから、
「ただ、あまり大きなものを入れっぱなしにしておくと、魔法が壊れてしまって、元の大きさに戻せなくなってしまうので、遅くとも五日後には取り出して下さい。」と付け加えました。
「この舟がちゃんと飛んで、大爆発もせずに、無事にシンギ半島にたどり着く事ができたらな。」
ダンケルは早くもカラブネに乗り込んで、船首に座ると両手でしっかりへさきにつかまりました。
マイネは「馬をなだめててね。」と言ってベレーズを小箱の中に入れると、ふたを閉じて、それを懐に入れてから、「僕は操縦に専念するから、ダンケルは常に舟の平衡を保つことに集中してね。」と言って、カラブネの船尾に飛び乗りました。
マイネが機械の上部に取り付けた管に手を添えて、短い呪文を唱えると、ボンという破裂音と共に壺型の機械の口から熱水が噴き出して、カラブネが岸から離れて沖へ向けて進みはじめました。
「漕がなくてもいいなんて便利なもんだなぁ。」
快調に進むカラブネに、ダンケルが感心して言いました。
「まだまだ序の口だよ。ここからが本番。」
マイネがまた呪文を唱えると、カラブネはさらに速度を上げて、舟底が水面からしだいに浮き上がり、やがて四本の足だけで、滑るように海上を走りはじめました。
ダンケルは姿勢を低くして進路を見据え、一心に舟の平衡を保っています。
マイネはそこでさらに、力を込めて呪文を唱えました。
ゴオオオオ!機械が火を噴くような激しいうなりを上げ、カラブネは静かに水面を離れて、飛魚のようになめらかに低い空を滑空しはじめました。
「飛んだ飛んだ!飛んでるぞ!」
ダンケルが前を見据えたまま叫びました。
「やったぁ!飛んだ!飛んだ!」マイネも帆柱につかまって叫びました。
ダンケルは平衡を保つのに慣れて来たので、ちょっとマイネを振り返って大声で言いました。
「お前は凄い!一流のミュステル職人だ!」
カラブネは、西日を浴びて、真っ白に輝きながら、はるか南の半島を目指して、風を切りながら真っすぐに飛んで行きました。

つづく

img2-246cs-.jpg
【空を飛ぶカラブネ】



きょうは、粘土で手作りした猫の置物をご紹介します。
大きさは、手のひらに収まるくらいです。


DSCF1224s-.jpg
猫は、こうやって、座った状態で、お腹の毛づくろいをしますよね。両脚を広げて、前脚でバランスをとっている仕草が、とてもかわいいです。


DSCF1228s-.jpg
脚の裏の肉球も、あっさりとですが造形しました。リアルな猫というよりは、神社に祭られている狛犬とか狐の像の、デフォルメされた造形を意識して作っています。


DSCF1234s-.jpg
毛の模様を彩色で再現しても面白そうですが、素焼きの粘土独特の質感も好きなので、あえて色は塗らずにそのままにしてあります。



DSCF1243s-.jpg
前脚で体を抱え込んでいるのも、かわいらしさのポイントです。実際の猫は、前脚を地面について、体を支えながらお腹の毛づくろいをするので、この置物は面白さを出すために仕草を脚色してあります。

骨格や筋肉のつき方など、まだあいまいなところがあるので、これからも時々作って、だんだん上達したいなと思っています。



2017年の春です。
今年も桜が咲いたので、写真に撮って来ました。
ここ2年ほど、満開の時期は曇りや雨の花冷えの日が続く、という感じでしたが、今年もやっぱり雨のち曇りの花冷えが続いています。
日曜の午後に少し雲が切れて薄日が差していたので、チャンスを逃さず撮影に出かけました。
桜は、そんなに探し回らなくとも、立派な木が公園や住宅の庭など色んな所に植えてあるし、色も明るいピンクで目立つので、すぐに見つかります。

DSCF1447s-.jpg
これは狭い路地のまん中に並木で植えてあった桜の木の、幹に生えた花のつぼみです。
桜の花は、幹から直に咲くこともあるんですね。
荒々しい幹の皮から、新鮮な緑の芽やピンクのつぼみが萌え出ているのはとても美しいです。



DSCF1481s-.jpg
写真のもとの画質は、薄曇りだったので花の色が暗い灰色だったんですが、画像加工のソフトで色味を調整してやると、こんな感じで晴れの日と同じくらい明るい色に変える事ができました。これまで写真を加工するのはあまり好きではなかったんですが、ここまできれいにできるなら、むしろ積極的に加工した方が良いですね。



DSCF1482s-.jpg
桜は、葉が出る前に花が咲く品種が一番美しいです。満開になってから葉が出て来るまでの期間は、一週間くらいしかないので、晴れた日に見頃を楽しめたらむしろラッキーと思わないといけません。




DSCF1489 s-
ここ二日の雨と花冷えで、もう花が散り始めている木もありました。これから先の一週間も、不安定な天気が続くようなので、少し青空も見える日に撮影できて良かったです。皆さんの住む地域は、上天気でお花見できそうですか?
北国にお住まいの方は、5月がお花見シーズンだそうなので、桜前線がだんだん北上するのを、テレビなどで見ている所でしょうね。
それも楽しそうです。




ポール・マッカートニーさんが今月(2017年4月)に来日して、各地で公演するというニュースを見たので、きょうはポールさんのイラストを描いてみました。


img2-244.jpg


ひげをたくわえていた頃のポールさんです。
ポールさんの写真をネット上でいろいろ見ていて気が付いたんですが、ポールさんがひげをたくわえていたのはビートルズの後期と、ソロ転向後の気が向いた時だけらしくて、たいていはひげをきれいに剃って活動していたようです。
長年に渡る音楽活動の大部分を、ひげ無しで行っているのですから、ひげのないポールさんが一般的ではあるんですが、ここはあえて、ワイルドなひげのポールさんを描くことにしました。
ポールさんの顔の特徴は、垂れた目と弓型の眉、そして、頬が少ししもぶくれな所です。
ポールさんの実際の髪の色はダークブラウンですが、この絵ではデザイン的な効果を狙って金髪っぽい色にしてあります。

公演に行く予定の方は、今から楽しみでしょうね。
ヴァイオリン型のベースでカッコよく決めたポールさんの雄姿が目に浮かびます。

きょうは、天使のイラストを描いてみたので、ご紹介します。
絵のタイトルは、『鏡に見とれる天使』です。

img2-243.jpg


二本の円柱の上に天使が座って、手鏡に映った自分の顔に、うっとりと見とれています。
この天使は、きっと女の子でしょうね。
最初は男の子のつもりで描いていたんですが、この目の陶酔的な輝きや、他のものが目に入っていない様子などから、どうやら女の子らしいぞ、と途中から思うようになったわけです。
男性と女性では、惚れた相手を見る時の目つきに、違いがあるようです。


昔お世話になった人に、思い立って贈り物をしたんですが、どうも相手は私の事をうろ覚えだったようで、私も相手もぎこちなかったですし、肝心の贈り物(当時の恩にちなんだ品)も、あまり喜ばれなかったように思います。

自分がいつまでも恩に感じているからといって、相手が覚えているとは限らないから、自分の思い出の中で大切にしているだけの方が、良い場合もあるんでしょうね。

img2-240.jpg
【歓迎されなかった贈り物】




ファンタジー小説、『魔法使いサキの物語』の、久しぶりの更新です。
このところ、がっかりする事や、落ち込むことが多くて、創作も滞りがちになってしまいました。
ただ、作品を書いていると、気持ちが晴れて来る面もあるので、ぼちぼちがんばって取り組みたいと思います。

今回は、第13章・第5話です。

前回までのあらすじ
帽子のベレーズが空飛ぶ舟「カラブネ」の作り方を教えてくれると言うので、ダンケルとマイネはその代わりに、シンギ半島に渡ってからも、サキを捜す事を約束したのでした。


魔法使いサキの物語
第13章・第5話「カラブネ」

ダンケルとマイネは、ベレーズからまずは南の海岸へ行くように言われたので、二時間ほど歩いて、岩場の小さな入り江に来ました。
岸から見ると、海の中には紫色の海藻がたくさん生えていて、潮の流れに絶えずゆらゆらと揺らめいていました。
「あの海藻を、鍋一杯集めて下さい。」
ベレーズが言うので、ダンケルは海に入って行って、生い茂った海藻を二、三本根元から引き抜くと、岸に置いた鍋に運んで来ました。「やけにべたつく海藻だな。」
手や足に切れ端がへばり付くので、ダンケルは海水で洗い流そうとしましたが、なかなかきれいに落とせませんでした。
「そのべたつきが良いのです。お次は、海岸沿いを東へ行って下さい。そこに小高い灰色の崖があるので、今度は麻袋いっぱい、崖の土を集めて下さい。」
ベレーズの言葉通り、二人が東へ行くと、海岸のそばに、灰色の小高い崖が見えてきました。
崖の土は手で削れるほどもろくて、しかもとても軽かったので、麻袋いっぱい詰めるのに、大した手間はかかりませんでした。
マイネが麻袋を片手で持ち上げて、「こんなもんでいいのかい。」と聞くと、ベレーズは、
「ええ、十分です。」と答えて、
「お次は、この崖の上に生えている、とがった葉を茂らせたやせた低木の根元を掘って、丸くて黒いきのこを探して、きっかり三粒集めて下さい。」と、言いました。
二人はゆるやかな斜面を登って、灰色の崖の上に出ました。そこには、ベレーズの言ったとおり、とがった葉を茂らせたやせた低木がまばらに生えていました。二人はさっそく、その木の根元を掘りはじめました。しばらくは、何も見つかりませんでしたが、方々掘っていると、やがて、土の中から、黒くて丸い、胡桃(くるみ)くらいのきのこが出てきました。
「おいしそうな匂いだな。」
ダンケルがしわだらけのきのこを鼻に近付けて、食欲を誘う甘やかな香りをかいでいると、ベレーズは、
「それはブタゴロシという猛毒のキノコですので、間違っても食べてはいけませんよ。」と注意したので、ダンケルはあわてて鼻から離しました。
二人は半時間ほどかけて、その毒キノコを、きっかり三粒集めました。
「では、海岸に戻って下さい。そこで、集めた材料を加工する手順をお教えします。」
海岸に戻ると、二人はベレーズの指示に従って、海藻と毒キノコの入った鍋を火にかけ、真水を加えて温めはじめました。
時折、魔法で起こした電流で刺激してやると、さっきまで良い匂いを漂わせていた毒キノコが、次第に猛烈な悪臭を放ちだしたので、二人はたまらず、布で口元を覆うと、煮汁がドロドロになるまで、ひたすらかき混ぜつづけました。その煮汁を、岩場に半分あけた崖の土にまぶして、顔を背けながら素手でこね続けると、次第に色が白っぽくなって、臭いもなくなって来たので、残りの崖の土を加えてさらに練り続けました。
日が暮れて、すっかりあたりが暗くなった頃、でき上がったのは、まっ白くて柔らかな、大きな一かたまりの粘土でした。
「ここからは、時間との戦いですよ。粘土が固まってしまうまでに、カラブネの原型を作ってしまわなければなりませんから。」
「カラブネの原型ってどんなのさ。」
「ここに図面がありますので、この通りに。」
ベレーズがいつの間にか、口に図面をくわえていたので、マイネは、
「怖いくらいに用意周到だなぁ。」と感心しました。
図面には、脚が四本ある奇妙な帆舟が描かれていて、図の内側や外側には、各部の寸法や角度、それに、細部を仕上げるための魔法の種類が、びっしりと書き込まれていました。
幸い、マイネは図面が読めたので、ダンケルに作業の手順を教えながら、粘土を伸ばしたり貼り付けたりして、船体の大まかな形と、脚や帆柱などの部品を作って行きました。
寝ずの作業のかいがあって、夜明け頃には、船体や部品が全てでき上がったので、二人はそれを組み立てて形を整え、魔法でたき火の火力を高めて固く焼き上げると、冷めるのを待ってから、麻布の帆を帆柱に二枚張って、どうやら図面通りの帆舟を完成させることができました。
ダンケルは波打ち際に帆舟を浮かべると、
「ミュステル職人も顔負けのきれいな出来栄えじゃないか。」
と、朝日を浴びてまぶしく輝くその真っ白な船体を満足そうに眺めました。
「でも、こんな舟が、僕らを乗せて本当に空を飛ぶんだろうか。」
マイネが、舟をよくよく見て、疑わしそうに言いました。
「もちろんです。風を操る魔法で走らせるだけで、簡単に空を飛ばすことができます。」
ベレーズの言葉に、ダンケルとマイネはけげんそうに振り返ると、「俺たちは風を操る魔法なんて使えないぜ。」と声をそろえて言いました。
「え?お二人は、魔法使いの試験に合格した、正式な魔法使いなのでは?」
「魔法使いの試験は、水を御する試験、火を御する試験、雷を御する試験の三つじゃないか。風を操る魔法は必須科目じゃないよ。」
「そんな、風を操るなんて、ごく初歩的な魔法ではないですか。」
「ああぁ!なんてこった!カラブネ作りは全くの無駄骨か!」
ダンケルはへたり込んで岩の上に大の字に倒れ込みました。

つづく


img2-239.jpg
【カラブネを作るダンケルとマイネ】





苦悩を突き抜け 歓喜に至れ



img2-236.jpg
【ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン】


絵の上に記した言葉は、ベートーヴェンが知人に宛てて書いた手紙の一節です。
子供の頃は、「苦悩の先になんで歓喜があるんだろう。マゾなのか?」なんて思っていたけれど、苦い経験をいろいろ重ねて、ある程度の年齢になった今、やっと意味が分かり、心に響くようにもなって来ました。

これは、悩んでいる人への、励ましの言葉なんですね。
苦悩を経て勝ち取った歓喜が、人間の最善の喜びなのだから、苦しい時こそ辛抱して頑張ろうではないか、と。

このメッセージは、ベートーヴェンの第9交響曲の第4楽章の合唱でも、シラーの詩を借りて高らかに歌い上げられます。



絵にしろ、童話にしろ、夢のあるものを描くには、失ってはいけないものがあります。
それは、「子供心に対する慈(いつく)しみ」です。
どんなに上手に描けた作品でも、この心の部分が欠けていると、子どもに良質な夢を与えることはできないと思います。
では、「良質な夢」とは、具体的にどんなものでしょう。
それは、人間性を豊かにする、他者に対する思いやりの心を育む、真実を見抜く目を培(つちか)う、など、面白さや表面上の美しさを越えたところで、子どもの成長をうながすような、内面性を持った作品のことです。
ここで、注意しなければいけないのは、私の言う内面性を持った作品とは、教育やしつけを目的とした作品のことではない、という事です。
人間には、生まれながらに備わった、良心というものがあるので、ことさらに教育を意識して描かなくとも、作品そのものに良心の滋養になるものが含まれていれば、それを子どもたちは感じ取って、きちんと吸収してくれるものです。
だから、描き手はむしろ、教育的であることよりも、作品をいかに心の滋養に富んだものにするかに、心を尽くすべきだと思います。
エンターテイメントを追求したり、教育的な内容になるように気を配ったりするのも、作品を形にするひとつの方法ではありますが、子どもが心の豊かさや多面的な物の見方を獲得するには、より感覚的で内面的な作品が必要になってくると思いますし、今のような刹那的で即物的な時代には、子どもにより深みのある作品と接する機会を与える事が、成熟した人間性の育成という点で、以前にもまして重要になって来ているとも感じます。


img2-235.jpg
【ナマズを釣るトム・ソーヤ―とハックルベリー・フィン】


きれいごとを言うことで、人から好かれている人に、また引っかかってしまった。
私は聞かれるままに、自分の貧しい生活のことを話したけれど、私がその人の生活のことを聞くと、その人は私との縁を切りました。
そういう狡いところのある人なんじゃないかと、私は疑っていたから、自分のことを正直に話して、試した面もあるのです。
そして、やっぱりそういう人だったので、私はひどく傷ついてしまった。
どうして、世の中には、こんな人が多いのだろう。
病の辛苦の中にありながら、人々に希望を分け与えていたあの人のような人は、
もう本当にどこにもいないんだろうか。

img2-234c2.jpg

|Kobitoのお絵描きブログ .1004.1003.1002.1001.1000.999.998.996.994.993