きれいごとを言うことで、人から好かれている人に、また引っかかってしまった。
私は聞かれるままに、自分の貧しい生活のことを話したけれど、私がその人の生活のことを聞くと、その人は私との縁を切りました。
そういう狡いところのある人なんじゃないかと、私は疑っていたから、自分のことを正直に話して、試した面もあるのです。
そして、やっぱりそういう人だったので、私はひどく傷ついてしまった。
どうして、世の中には、こんな人が多いのだろう。
病の辛苦の中にありながら、人々に希望を分け与えていたあの人のような人は、
もう本当にどこにもいないんだろうか。

img2-234c2.jpg

関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
きれい事|Kobitoのお絵描きブログ