レッドツェッパゲインとは、レッドツェッペリンの全盛期の演奏を完全再現することで、高い評価を得ているトリビュートバンドです。
アメリカのカリフォルニア州を中心に活動していて、日本にも年に1回来日して公演を行っているそうです。
残念ながら、私は生で見る機会がないので、ファンが撮影してYouTubeにアップするライブの動画を、毎回視聴して楽しんでいます。
レッドツェッパゲインの動画をアップする人たちの中でも、Roxana Atilanoさんという方が、特に熱烈なファンらしく、彼女がライブのたびに撮影して動画を公開してくれるので、ツェッパゲインの活動を日本にいながら楽しむことができています。本当に感謝です。

また、本家のレッドツェッペリンには、膨大な量のライブのブートレッグ(海賊版)があることで有名なんですが、レッドツェッパゲインがライブを撮影させて公開することを容認する姿勢には、自分たちの活動がブートレッグとして記録されて行く事を、本家に習って再現しようとしているようにも思えて、それも嬉しいところです。

今日は、そのRoxanaさんが2016年8月19日に撮影した、カリフォルニア州サン・ファン・キャピストラーノのザ・コーチ・ハウスというライブハウスでのライブの模様を、一挙にご紹介します。
この日のライブは、レッド・ツェッパゲインのこれまでの数ある演奏記録の中でも、最高の出来栄えだと思います。
特に、撮影場所がステージの正面ではなく側面であることから、デレク・スミスさんのドラムの音が、非常にパワフルに録れており、結果として全体の迫力を押し上げることに成功しています。
前回、レッドツェッパゲインの動画を紹介した時は、「トリビュートバンドとして、これ以上の演奏は望めないのではないか。」とも思えたんですが、今回の演奏は、その時の演奏からさらに質を上げていて、このバンドが現在進行形で進化しているバンドであることがあらためて実感できました。
だからこそ、私は彼らの活動を応援し、最新のライブ映像を探し続けているのです。
もし、彼らが本家の研究や即興を重視したスタイルをやめてしまって、同じ演奏を繰り返すだけの平凡なトリビュートバンドになってしまったら、私は次第に興味を失ってしまうでしょう。
音楽で高度に進化し続けるのは、本当に難しいことですが、すでにトリビュートバンドとして、前人未到の域まで達しているので、さらに先を目指して、研鑽を続け、夢を見せ続けてほしいな、と願っています。






















関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
レッドツェッパゲイン ‐進化するトリビュートバンド‐|Kobitoのお絵描きブログ