オリジナルフィギュアの制作過程、その4です。

今回は、原型作りの最後の仕上げとして、未制作だった両手を作ります。

DSCF5051.jpg

ちなみに、私がフィギュア制作に用いている道具は、この写真のニードルと鉄ベラの2本です。
この2本があれば、制作初期から完成までの全ての造形がこなせます。特に、鉄ベラは、この形状の物が一番使いやすいです。
「パジコ ステンレス細工棒」という商品で、883円と少々値が張りますが、Amazonで購入することができます。

DSCF5039.jpg

両手を作る時に気を付けるのは、フィギュアの大きさに対して、大き過ぎず小さすぎず、ちょうどいいサイズにするという事と、左右の手の大きさを同じにする、という事です。
細かいパーツなので、よく乾かしてから腕に接着します。


DSCF5193.jpg

腕に手を付けた状態です。
箱を持たせる予定なので、まず片手を接着して乾かしてから、もう一方の手を接着し、乾ききる前に箱を持たせて手の位置や角度を調整します。


DSCF5216.jpg

無事に手が取りつけられたので、いよいよケーキの箱を持たせてみました。
うーむ、ケーキのサイズが、フィギュアに比べて大きいので、この子にとってはかなりジャンボサイズのショートケーキですね。^^;
食べ応えがありそう。




DSCF5238.jpg

斜め後ろから。



DSCF5243.jpg

後ろ。



DSCF5246.jpg

左横から。


DSCF5233.jpg

途中で落下して破損した事もありましたが、どうやらいい感じに仕上げることができました。
あとは、1週間ほど乾燥させて、オーブンで焼けば、頑丈な原型の出来上がりです。




DSCF5337.jpg

ケーキのミニチュアは、Creemaという手芸販売のサイトで創作活動をされている、あずきさんから購入させて頂きました。
5円玉との比較で分かると思いますが、1cm程度の小ささながら、近くで見ても美味しそうに見える、素晴らしい出来栄えです。
CreemaのあずきさんのページのURLを貼っておくので、ご興味のある方は、遊びに行ってみてください。

あずきのギャラリー | ハンドメイド通販・販売のCreema




関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
フィギュア制作 その4 手を作る、焼成前の原型の完成。|Kobitoのお絵描きブログ