上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手ボタン
オリジナルフィギュアの制作過程、その3です。

今回は、その1、その2で製作した、胴、頭、脚のパーツを、水で柔らかくした粘土(フィギュアを作ったのと同じもの)を接着剤にして、組み立てて行きます。
この行程が、フィギュア作りで一番楽しい時間です。

DSCF4779.jpg

ヤコのオーブン陶土は、乾くとかなり固いので、プラモデルと同じ感覚で、各パーツを接着して行くことができます。
接合部分からはみ出した接着用の粘土は、水で湿らせたヘラできれいに取り去って表面をならしてやります。
どうでしょう、全体像が形になると、やっぱり良いものでしょう?
手がないのは、持たせるケーキの箱のサイズに合わせて、手首の角度を変えないといけないので、最後に作る予定だからです。


DSCF4761.jpg

人形だけだと自立できないので、台座に立たせることにしました。
フィギュアが主役なので、台座は簡単な作りです。


DSCF4793.jpg

台座にフィギュアを接着した状態です。イイ感じではありますが、台座が小さすぎて、何度か転倒して部分的に壊れてしまったので、この下にさらに台座を作らなくてはいけなくなりました。(TT)修理が大変だった・・・。


DSCF4812.jpg

ポニーテールです。こういう細かい細工を所々に入れると、フィギュアがいっそう見栄えよくなります。


DSCF4885.jpg

ポニーテールを付けたところ。ポニーテールは、明るく元気な印象を与えます。


DSCF4824.jpg

後ろから。


DSCF4889.jpg

横から。
ポニーテールを接着した後で、またしてもフィギュアを机から落下させてしまい(TT)、今度は各パーツがばらばらになってしまいました。
幸い、折れたのが目立たない場所で、断面が綺麗だったので、そのまま接着し直すだけで済みましたが、苦労した顔の造形などが壊れてしまったらひとたまりもありません。

早くしっかりした土台を作らなければ・・・。(・・;)

その4につづく


関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
フィギュア制作 その3 パーツの組み立て&ポニーテール作り|Kobitoのお絵描きブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。