私は一人の友をなくしました。
その人は、とても純朴で、正直な人でした。
その人には、他の多くの人が私に見せる、要求も、無視も、駆け引きも、思わせぶりな態度も、ありませんでした。
ただ、人を助けたいと願い、綺麗なものが見たいと願っている、優しくて心の温かな、私にはもったいないくらいの友人でした。
私はこれまでの人生の中で、色んな人に出会いましたが、私というやっかいな人間を、気安く受け入れて、辛抱強く受け止めてくれる心の広さを持っていたのは、この人と、もう一人の友人の、二人だけでした。
世の中を渡って行く勇気というのは、自分が許される経験をどれだけ積めているかで、その総量が変わって来ると思いますが、二人は私に、たぶん一生分の勇気を、与えてくれたと思います。それは、世の中には信じられる人がいるという、安心感です。
私も、ほんの少しでも、彼らのように、誰かを助けることができたなら、そう思って、努力を続けている所です。
私の友人が、どんな人だったか、イメージしやすいように、イラストを描いてみたので、見て下さい。
たぶん、その人の心の中には、こんな天使が居たんだと思います。

img2-141c.jpg
【美しい木を見て感心してる天使】




関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
【イラスト】 美しい木を見て感心してる天使|Kobitoのお絵描きブログ