織部焼の茶碗の絵です。気の向くままに、色鉛筆で描き上げました。

img2-093c.jpg

美濃の焼き物の、独特の質感を、どうやったら自分の画風の中で表現できるのか、まだ試行錯誤の状態です。
器の形は、かなり自分好みに描けるようになって来ました。

器の名前は、黒織部鳥居文茶碗(くろおりべとりいもんぢゃわん)といいます。まん中の白抜きの絵が、鳥居を模した文様だからです。

茶碗である以上、お茶を注いで飲むことを前提に作らないといけない、そして、注いだお茶が美味しそうに見えなければいけない、さらに言うなら、お茶を注ぎたくなる器でなければいけない。
最近は、そういうことを考えながら描いています。


関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
美濃・織部 黒織部鳥居文茶碗|Kobitoのお絵描きブログ