img2-072.jpg

織部焼の器を窯で焼いて自分で作る、というのが、私の将来叶えたい夢の一つです。
織部焼は、正式な名前を、美濃焼といって、現在の岐阜県に多くの窯元がある、安土桃山時代発祥の歴史ある焼き物です。

絵付けは、白、緑、茶、黒が基本色で、他の色はあまり用いられません。

素朴で、力強く、それでいて高度な美意識に基づいた、魅力のある造形と絵付けです。

この絵は、空想で描いたんですが、文様は、夕映えに光る水田に、鷺(さぎ)が二羽たたずんでいる様子をイメージしています。

取っ手が付いているので、料理を盛るのには少々面倒な器ですが、エビのあえ物など、赤い色が鮮やかな食材を盛ると、美味しそうに見えるのではないかな、と思います。

こういう形の器を、『織部二重四方手鉢(おりべふたえしほうてばち)』といいます。
織部焼では比較的ポピュラーな器の形です。

画材:ハガキサイズのケントボードに鉛筆と色鉛筆で彩色



関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
織部焼の絵 織部二重四方手鉢|Kobitoのお絵描きブログ