日本語は、オノマトペ(擬音語・擬態語)が豊富なことが、一つの特徴です。
普段何気なく使っているこんな言葉も、よく考えると、とてもユニークで面白い表現だと分かります。


うろちょろ

大きなものが歩きまわる「うろうろ」と、小さなものが歩きまわる「ちょろちょろ」が合わさった言葉。
だけど、合わさったからといって、
大きなものと小さなものが、
いっしょに歩きまわっているとはかぎりません。
(その可能性も、ありますけどね。)


    うろちょろの用例↓
img2-065.jpg
ウロとチョロの特訓(チョロはボクシングの試合で勝って、弱虫呼ばわりした仲間のねずみたちを見返したいのです。)



関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
よく考えるとおもしろい言葉|Kobitoのお絵描きブログ