きょうは、ナンナとブーウが登場するシリーズ童話、『ナンナとブーウのかくれんぼ』を書いてみたので、ご紹介します。
ナンナとブーウは、子猫(ペルシャ猫かな?)と犬(ミニチュアダックスフンドかな?)の仲良しコンビです。
(二匹の絵はこのブログのバナー画像にも用いています。)

このコンビが登場する作品は、できるだけ短い文章で、幼稚園児くらいでも楽しめるようなシンプルな内容にしたいと思っています。


---------------------------------‐‐

ナンナとブーウのかくれんぼ



ブーウは、散歩に出かけたので、ナンナは、紙袋にはい込みました。ブーウが帰った時に、おどかしたかったからです。
まもなく、散歩から帰ったブーウは、居間の紙袋を見つけて、「紙袋が落ちているよ。」と言うように、私を見あげました。
私が、「なんだろうね。」と言うと、ブーウは、「ぼく調べよう。」と、しっぽをしきりに振りながら、紙袋の中をのぞき込みました。
そして、私をふり返ると、ブーウは、「見てごらん。」と言うように、へっへと舌を出しました。
私がそっとのぞくと、紙袋の中では、待ちくたびれたナンナが、前脚を上げて、仰向けで眠っていました。
私が「寝かせとこうね。」
と言うと、ブーウは、散歩の後にいつもするように、部屋の隅に行って、水入れから水を飲みはじめました。
すると、その水音で目が覚めて、ナンナがもそもそ紙袋から出てきました。
ナンナは、眼をしょぼしょぼさせながら、ブーウのところまで行くと、ぺたりと座って、「ナンナ!」と、鳴きました。
その声は、私には、「もう、待ちくたびれちゃったじゃないの!」と、ブーウに、小言を言っているようにも聞こえました。
ブーウは、まじまじとナンナを見て、それから、私の顔を見ると、「なんのことさ?」と小首をかしげました。私は吹き出そうとするのを、こらえているのが、やっとでしたよ。

おしまい
img2-055-2c2.jpg



関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
【シリーズ童話】 ナンナとブーウのかくれんぼ|Kobitoのお絵描きブログ