制作を進めていた、ドールハウスの家具が全て完成したので、その様子を公開したいと思います。このキットは、デザインがとても良かったので、作っていて本当に楽しかったです。^^


DSCF1618縮小
これは、今回のドールハウスの、秘密兵器です。ランプなんですが、中に豆電球が入っていて、電池で点灯させることができます。ランプの部分は、プラスチックと金具を貼り合わせて作りました。明かりがともれば、部屋をやわらかい雰囲気にしてくれると思います。


DSCF1694縮小
紙製の食器類と、ビーズと紙ひもで作ったリンゴの置物です。前回紹介した食器は陶器でしたが、リアルな厚み、という点では、紙製の方が近い感じですね。サビや汚れも印刷されていて、なかなかあなどれない風合いだと思います。


DSCF1729縮小
木箱と、ハートのリース、それに紙袋です。リースは、針金に、乾燥植物をからませて作りました。葉っぱの配置で、かなり苦心しましたが、今の形が一番安定して見栄えが良いようです。


DSCF1757縮小
できあがったすべての家具を、部屋の中に並べた様子です。居心地のよさそうな、明るい部屋ですね。^^一つ一つの家具に、作った時の苦労や喜びが表れているようです。
それでは、いよいよ、部屋を暗くして、さっき紹介したランプに、明かりを灯してみようと思います。






・・・・






DSCF1879縮小
はい!・・・あれ?!
いつの間にか、ソファにクマのぬいぐるみが座っています・・・。あのクマは、たしかマーサの大事にしている、マーチというぬいぐるみだったと思います。
マーサというのは、この家に住んでいる4人兄妹の、末っ子の名前です。
マーサはよく、マーチに相談事をしています。
「今日は、何色のお洋服を着ようかしらね」
とか、
「今日は、お帽子が必要かしらね」
とかいった具合にです。
マーチは、マーサにしか聞こえない声で、お返事をしているようです。
「じゃあ、青いお洋服を着て、お帽子はかぶらないわね。あんたが言うんだから、絶対だわ」
と、マーサが答えているからです。
きっと、私が写真を撮っているのを見て、マーサがマーチも写してもらおうと思って、こっそり置いて行ったに違いありません。


DSCF1822縮小
眠たそうな、何ともかわいらしい表情ですね。^^身長は4センチくらいです。既製品ですが、小さいのに良くできていると思います。マーチに当たっている光は、実はランプの明かりではなくて、真上から懐中電灯で照らしているスポットライトです。ランプの明かりと同じ色なので、ランプに照らされているような雰囲気を出すことができます。これは、映画の撮影で、うす暗い場所を撮るときによく使われる手法です。この写真、きれいに撮れたので、マーサにもプレゼントしようと思います。^^


DSCF1887縮小
自然光の白い光と、ランプの黄色い光が入り混じった、部屋の中の様子です。このキットをデザインした人は、とても夢のある人だろうなと思います。家具の一つ一つが、どこかメルヘンチックで、可愛らしい感じがします。販売されていたキットは、3種類あったんですが、この部屋を選んでやっぱり良かったなと思います。^^


DSCF1892縮小
このジョウロは、金属製の既製品です。本当は、銀色の紙で作ることになっていたんですが、のりが上手く付かなかったので、やむなく既製品に交換する事にしました。金属製だと、やっぱり重厚感が違いますね。^^


DSCF1937縮小
ランプと、そのそばのリンゴのかごのようすです。人形劇に使えそうな、生活感のある雰囲気ですね。ミニチュアの撮影は、アップで見ると、より楽しさが増すような気がします。^^


DSCF1972縮小
タンスの上の、扇風機とハートのリースです。扇風機は、リアルというわけではないんですが、何だか個性があって、この部屋によく合っているような気がします。水色の戸棚と色合いが合わせてあるのが、自然なコーディネートの秘密かもしれないですね。^^


DSCF1997縮小
壁に取り付けたラックも、実は針金の飾りを一つ一つ手で曲げて作った力作です。こういう所も、自作させる所に、このキットの制作者の遊び心があるような気がします。それぞれの調度品も、静かに存在感を発揮していて、なかなか見ごたえがあります。


DSCF2003縮小
水色の戸棚の下にあるのは、ごみ箱と陶器製の水差しです。ごみ箱は、紙ひもと、麻布でできています。紙ひもを、紙の器にぐるぐる巻いて、最後に麻布で接着してあります。見えにくい所も、ちゃんと作るのが、ドールハウスの大事な所だと思います。


DSCF2008縮小
窓辺に飾った、観葉植物、目覚まし時計、カレンダーの様子です。ドールハウスの全体を見たときに、窓辺はとても目立つ場所にあるので、少し個性の強い物を置いた方が良いようです。3点とも、それぞれの役目をさりげなく果たしていますね。^^
外の暗がりは、いつもイラストの転写に使っているカーボン紙を貼り付けて再現してあります。

ここ数日、ドールハウスにかかりきりだったので、あっという間にできてしまったような印象です。
この部屋があれば、色んな粘土細工を作って、物語を添えたりして遊べそうですね。^^

また気分が乗ったら、今度はマーサ達、この家の住人の粘土細工を作ってご紹介したいと思います。
それまで、どうぞお元気で!

にほんブログ村 イラストブログへ
関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
こんばんは。

おお!!
完成したんですね。
ランプの光が入るとまた絶妙ですね(笑)
2012/07/05(木) 02:40 | kirihara
kiriharaさん、こんばんは。再訪ありがとうございます☆

夢中になって作ったので、4日くらいで完成しました。
ランプの光、暖かそうで良いでしょう。^^
コメント、とても励みになりました。ありがとうございます♪
2012/07/05(木) 03:08 | Kobito
コメント:を投稿する
本文:
 
「ミニチュアの部屋」完成、ランプを灯すと・・・。^^|Kobitoのお絵描きブログ