今日は、以前ご紹介したイラスト『わんぱく荘の仲間たち』の、世界観が分かるイラストを、もう一枚描いてみたので、ご紹介します。

『わんぱく荘の仲間たち』を童話にした場合の、ワンシーンを描いたシナリオボードです。




img2-020c2.jpg


絵の中には、こんな説明が書いてあります。

“「つまんで食べなければつまみ食いじゃないよ」とウーアが言うので、フーは安心してクリームをなめはじめました。
ホイさんが見つけた時にはケーキの材料はあらかた食べられてしまっていたのです。”


ウーアは食いしん坊の子熊、フーは気の弱い猫、ホイさんはかしこい鶏(にわとり)です。
物語の主人公は、ホェンという女の子です。普段は坂の下の横丁に住んでいて、まいにち、坂の上の洋館『わんぱく荘』で暮らす動物たちの面倒を見に来ます。
ある日、材料を抱えてわんぱく荘に来たホェンは、ケーキを作ると言い出しましたが、材料の一つを買い忘れた事に気が付いたので、坂の下の商店まで買い物に出かけました。
その間に、ウーアとフーは、こんな事をしでかしたわけです。
さてさて、これから、どんなことになるでしょうね。


関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
【童話】 『わんぱく荘の仲間たち』のシナリオボード(その1)|Kobitoのお絵描きブログ