久しぶりに織部焼(美濃焼)の絵を描きはじめたので、その下絵をご紹介します。

img2-012s-.jpg

織部焼は、安土桃山時代の武将、古田織部が考案した焼き物で、現在でも岐阜県に多くの窯元があります。
織部焼の特徴は、大胆にゆがめた形と、子供のように自由奔放な絵付けにあります。
私がこの焼き物に惹かれる理由は、他の焼き物に比べて、『未完成の美』というか、『原初的な美意識の味わい』を強く感じるからです。
未完成といっても、中途半端という意味ではなくて、「個性を持った美は高い水準に達しているけれど、都会的な洗練とは異なる、活き活きとした興奮や即興性を重視したスタイルを持っている」、という事です。

この下絵では、私の好みに近い感じで描けたと思いますが、色塗りをすると平凡な感じになってしまう事が多いので、それを克服できたらいいな、と思っています。


関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
【美濃・織部焼】 未完成の美|Kobitoのお絵描きブログ