去年のクリスマスに、私は「アッチ」という、南極に住むペンギンの子供のお話を書きました。
一年経って、また、クリスマスがめぐって来たので、今日は、そのアッチの事を、もう一度、お話にしてみようと思います。
でも、今回の主人公は、アッチではなくて、きっと友達のカモメの方です。
私は、このお話に出てくるカモメのような、ノンキで気ままなキャラクターが大好きです。

それでは、描き下ろしの挿絵と一緒に、2015年のクリスマスシーズンの南極のようすをお楽しみ下さい。

---------------------------------


カモメが世界旅行から帰ってきた

アッチの事を、おぼえていますか?
去年のクリスマスにお話しした、南極の昭和基地の近くに住んでいる、小さなペンギンの、ひなのことです。
では、覚えている人には今年も、おぼえていない人には初めて、今年アッチが、クリスマスのころをどんなふうに過ごしたか、お話しすることにしますね。
一年の間に、アッチはずいぶん大きくなって、ふわふわの産毛は、テカテカの大人の羽毛に生え変わりました。
「赤ん坊の時は、大人の羽毛が、薄手で寒そうに思えたけれど、自分が生え変わってみると、ちっとも寒いことはなかったのよ。こういうのを、取り越し苦労と言うのよ。」と、アッチがカモメに話しているのを、私は聞きました。
でも、そのカモメは、去年のクリスマスのあと、里帰りする日本の観測船に乗せてもらって、世界一周の旅行に出かけたのでした。
カモメが言うには、「カモメは、軽いから、運賃は、いらないんだ。」ということでした。
ですから、アッチはこの一年、時々岬(みさき)のとっぱなへ上っては、カモメを乗せた観測船が今日戻るか、明日戻るかと、大海原を見渡しながら、心待ちに待ちつづけました。
それで、とうとう、クリスマスの前の日の今日、沖の方から、あの橙色の大きな船が、氷を砕きながらやって来るのが見えたので、アッチは飛び上がるほど両手をバタバタさせて、岬の上の雪が凍った坂を、寝そべって勢いよく滑り下って行きました。
海岸まで駆けて行くと、昭和基地の近くに泊まった観測船の方から、カモメが、よたよた歩いてアッチの方へ近づいて来ました。
「あれ!見かけないペンギンがいるぞ。」
カモメは、産毛の時のアッチしか知らないので、こんなことを言いました。
そこで、アッチは、小さくしゃがんで見せて、「私アッチよ!」と教えました。
カモメは、
「そうか、産毛が生え変わって、見違えたんだな。」と言うと、「僕はどうだい、世界旅行して、ずいぶん立派になったろう。」
と、その場で一回りして見せてから、聞きました。
アッチは、よくよく見てから、
「たぶん、そんなに変わってないわ。でも、そう思うのは、私が、出かけた時のあなたを、忘れちゃってるからよ。きっと。」
と言いました。
カモメは、いかにも残念そうでしたが、気を取り直して、「僕は、君宛ての、手紙を、預かったんだぜ。」
と言って、ふところから、一通の封書を、取り出しました。封書の表には、『南極の昭和基地の近くのペンギンのアッチ宛て』と大きく書いてあって、横の方に小さく、『北極のサンタクロースより』と書いてありました。
「まあ!サンタクロースさんに会ってきたの?」
「フィンランドのイワシ漁の見学のついでにさ。だけど、表札も出てないもんだから、ずいぶん方々探したぜ。」と言って、アッチに封書を手渡しました。
アッチは早速封筒を開いて、のぞき込むカモメと一緒に、広げた手紙を声に出して読みました。
『アッチよ。この一年、いい子にして、お父さんの日曜大工や、お母さんの庭造りの手伝いをして、えらかったね。今年のクリスマスも、楽しみにしておいで。それから、カモメに、また日本のお米を持って来てほしいと、伝えておくれ。……追伸。今年はいたずら者のオーロラの精たちに注意するようにと、トナカイたちに言って聞かせてあるから、安心おし。』
アッチは手紙を胸に抱いて、ホウッとため息をついてから、
「こんなに素敵なお手紙は、去年のクリスマスに、サンタクロースさんからいただいて以来よ。」と言いました。
そして、「カモメさん、ありがとう。今日は、旅のつもる話を、たくさん聞かせてね。」と頼みました。
すると、カモメは、首をちぢめて、一つ大きなあくびをすると、
「うん、だけど僕眠いんだ。昨夜は故郷に帰ってきた嬉しさで、一睡もできなかったんだもの。君ん家で寝かせてくれたら、明日の朝、つもる話をするよ。」
と言いました。
「あら、じゃあ、早く帰りましょう!」
アッチは、まぶたの重そうなカモメの肩を抱くと、サンタクロースからの手紙をしっかりくちばしにくわえて、凍った雪の道を、右によろけ左によろけしながら、支え合って家の方に帰って行きました。


おしまい


img945c2s-.jpg



関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
【クリスマスの童話】 カモメが世界旅行から帰ってきた (ペンギンのアッチシリーズ)|Kobitoのお絵描きブログ