オリジナルの童話、「小さな幸せ」の、2枚目の挿絵を描いてみたので公開します。ありんこのジョーとトニが、ちょうちょのムラサキシジミと出会った場面です。色を塗るかどうか、迷っていますが、少し色が入った方が、草などの形が見分けやすくなって良いかもしれません。ストーリーの続きも、絵の下に書いてみたので、合わせて楽しんで頂ければと思います。

小さな幸せシジミ下絵4 正視化2縮小

ジョーは、川のふちに着くと、ドングリの帽子で水をすくって、それをトニと一緒に抱えました。ドングリの帽子は、トニがすっぽり入れるくらいの大きさでした。水はとても冷たくて、両手が、凍えてしまいそうでした。それでも、ジョーとトニは、うんうん言いながら、その水を抱えて、ムラサキシジミの所まで戻りました。
苔の上に、ドングリの帽子を下ろすと、ジョーはさっきの砂糖のかけらを取り出して、水の中にそっとひたしました。
見えない毛糸のもじゃもじゃが、ゆっくりゆっくり、水の底から広がりました。
砂糖がすっかり溶けてしまうと、ジョーはムラサキシジミに聞きました。
「この幸せなら、どうかしら。」
ムラサキシジミは、コナラの落ち葉から降りて来ると、うっとりその水の匂いをかぎました。
「ああ、春の風の香りだよ。なつかしいねえ。」
「好きなだけ飲んでいいよ。」
ジョーが勧めたので、ムラサキシジミは「本当かい。じゃあ、お言葉にあまえて・・・。」と言って、一生けんめいそれを飲みました。あんまり夢中で飲んだので、ジョー達の分を残すのを、忘れたくらいでした。
ムラサキシジミは、空になったドングリの帽子を見ると、
「ああ、一人で飲んでしまうなんて、私は何て悪いちょうちょだろう。」
と言いました。
ジョーは、
「良いよ。飛べるくらい、元気が出た?」
と聞きました。
ムラサキシジミは、羽をパタパタゆらして、
「もちろん、仲間の所に飛んで行って、冬越しもできるくらい、お腹いっぱいになったよ。」
と言いました。
そして、
「おまえ達、草の種を探しているんだろう。私は、それが山ほどある場所を知っているよ。」
と言いました。
ジョーとトニは、びっくりしました。
そんな所が、本当にあるのでしょうか・・・。
ムラサキシジミは、二人の返事を黙って待っていました。


つづく

にほんブログ村 イラストブログへ

関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
童話イラスト 「小さな幸せ2」 挿絵|Kobitoのお絵描きブログ