秋は、天ぷらの美味しい季節ですね。魚、なす、さつまいも、れんこん、ふっくらカリッと揚げて、ダイコンおろし入りの天つゆにさらりとひたして、衣が柔らかくなったところをほおばる。最高です。

きょうは、新作童話、「アンチャンの小人たち」の、第10話をご紹介します。

アンチャン村の小人たちが、落葉の舟で、川下りをする物語です。

ミニあらすじ
舟が沈んでしまい、無人島にたどり着いて、今はそこを探検している所です。

それではさっそく、挿絵の下から、お話の続きをお楽しみ下さい。



img894c2s-.jpg

アンチャンの小人たち 第10話

だから、ユニオもすっかりよろこんで、勢いよく崖をのぼろうとしたのですが、どんなにがんばっても、一二足のぼったところで必ずずり落ちてしまい、てっぺんまでたどり着くなんて、とっても無理そうでした。
そこで、ユニオはケラに、手振りを交えて、「そこで待ってなよ。」と言うと、しばらく足踏みをしてからいっさんに山を下って行きました。
ふもとの川岸では、ムスビがあいかわらず、そっぽを向いて寝転んでいましたが、そのそばには、ウタオとツキヨも、ひざをかかえて、腰を下ろしていました。
そこへ、よたよたユニオが駆けて来たので、ツキヨは立ち上がって、
「私たちの方は、途中で行き止まりになっちゃったのよ。」
と言いました。ウタオが、
「君たちの方は、何かあったかい?」
と聞いたので、ユニオは、荒い息の合い間に、やっとこつばを飲み込んでから、
「舟があった。」
と言いました。
「そりゃすごい!」
ウタオはムスビを揺さぶると、耳元で、「舟があったぞ!」と大声で教えました。
ムスビは半分目を開けて、
「おれも今、舟を見つけるところだったさ。」
と寝言のように答えました。
「夢の話じゃないのよ。ユニオが見つけたのよ。」
ツキヨがムスビの手を引いて、座らせてから言ったので、ユニオはあわててかぶりを振ると、
「ケラだよ。」
と小声で訂正しました。
ムスビが大あくびをして腰を上げたので、小人たちはそろってユニオが下りて来た道をたどり、間もなく、さっきの絶壁の下に到着しました。
崖の上では、ケラが「舟はこっちだよ。早く来て!」と言って、踊りながら飛び跳ねていました。
だけど、ウタオもツキヨも、それからムスビも、崖があんまり急すぎるので、何度登ろうとしても、半分も行かないうちに滑り落ちてしまって、どうしてもケラのところにたどり着けませんでした。
「よくこんなとこのぼったなぁ。」
ムスビが感心して言ったので、ケラは、
「ぼくが得意なのは、がけのぼりと、木のぼりと、山のぼりだよ!」
と胸をはって言いました。
「一人で、こっちまで舟を運んで来れるか?」
「だめだめ。岩のすき間をくぐらなきゃいけないところがあるもの。」
二人のやりとりを聞いて、ウタオが、
「ひとつ方法があるよ。いい方法かは分からないけれど。」
と、自信なさげに言いました。ムスビは、さっきウタオの案を試したら、落葉の舟に乗ったまま、空高く跳ね上げられた事を思い出して、
「オプオプにけ飛ばされる方法か?」
と尋ねました。
「たぶんその心配はないよ。」
ウタオはよく考えてから、肩をすくめて答えました。
それで、ムスビは、「じゃあ、さっきよりはいい方法だな。」
と、しぶしぶ納得しました。

つづく



関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
【新作童話】 アンチャンの小人たち 第10話|Kobitoのお絵描きブログ