上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手ボタン
 ちょっとご無沙汰でした。
きょうは、童話「アンチャンの小人たち」の、第9話を書き進めてみたので、ご紹介します。
第1話で、私はこの物語について、「中編の童話にしたいので、6話くらいを目標に書き進めて行きます。」と書いたんですが、どうも6話どころでなく、倍くらい書かないと終わりそうにありません。^^;物語を広げ過ぎないように、川下りというシンプルな舞台を用意したんですが、それでも、登場人物五人それぞれの個性を描き切るには、6話ではあまりにも紙幅が不足だったようです。
物語がどのくらいの量になるか、書き始めた時に予測するのは、本当に難しい事です。
では、今回も、描き下ろしの挿絵と一緒に、物語をお楽しみ下さい。

----------------------------------------

アンチャンの小人たち・第9話

「何か役立ちそうなものがないか、島を探検してみようよ。」
ウタオの提案に、ムスビは「何にもありゃしないさ。草一本生えない岩の島だぜ。」と言って、面倒くさそうに寝転がりました。
すると、ツキヨが、「ナイナ(探し物)はないと思う所にあるのよ。」と言って立ちあがったので、ケラとユニオも、腰を上げました。ケラは、あごをなでながら、「僕はここにナイナはないと思う、ということは、ナイナはやっぱりここにあると思うよ。」と、いかにも賢そうに言いました。
四人は、ウタオとツキヨ、ユニオとケラの二手に分かれて探す事にして、
「何か見つけたら、ムスビのところに戻って来よう。」と申し合わせてから、
それぞれ、別の方向に歩いて行きました。
このうなぎ捕りの石積みというのは、漬物石くらいの石を、小山のように積み重ねただけの、人間なら一人でも作れる小ぢんまりとした仕掛けなのですが、小人たちにとっては、丘や崖ばかりの、高くて険しい岩山の島でしたから、ユニオとケラは、助け合いながら、汗だくになって、この急な上り下りを乗り越えて、進んで行かなければなりませんでした。
ずいぶん歩きましたが、なめらかな石の道にも、ごつごつした石の道にも、石と石の境目にある大きなすき間にも、役に立ちそうな物はもちろん、役に立ちそうにない物さえ、何ひとつ見つけることはできませんでした。
しだいに、からだは小さいけれど、身軽でせっかちなケラが、運動の苦手なユニオより、少し先を歩くようになりました。
ユニオはケラが、勢い余って崖から転げ落ちやしないかと、ひやひやしながら、ふうふうあえぎあえぎ、ついて行くしかありませんでした。
とうとう、二人は山の頂上近くまで来ましたが、ユニオは目の前のひときわそそり立つ石壁を見て、へなへなとその場にへたり込んでしまいました。
「ユニオはそこで待ってて。ぼく探検してくるから。」
ケラはそう言って、くぼみに足をかけ、伸び上がってでっぱりをつかみ、そのままひょいひょいと、小気味よく石壁をよじ登って行きました。
間もなく、ケラはてっぺんまで登りきると、さらにその上に積み上げられた、お椀をさかさにした形の、まっ黒な大岩を見上げました。ケラは、「ナイナはここになさそうだから、きっとここにあるんだな。」と、自分に言い聞かせるようにひとり言を言うと、その大岩のふちに沿って、ひとまず一周歩いてみる事にしました。
しばらく行くと、大岩の端が、足場の崖っぷちよりも外にせり出していて、行き止まりになっているところがありました。でも、ケラは、大岩の下にわずかなすき間を見つけると、そこを腹ばいになって、身体をくねくねくねらせながら、上手にくぐり抜けて行きました。すると、その先に、少し開けた場所があって、そこの大岩の壁には、雨風もしのげそうな、深くて大きなほら穴が一つ開いていました。
ケラはそのほら穴の中をのぞき込んで、なんだかわけのわからないキーキー声で叫びました。
なぜって、そのほら穴の奥には、色々な種類の枯葉が、きれいな形のまま、たくさん詰まっていたからです。
無人島に取り残された小人たちにとって、これ以上に素敵な光景が、他にあるでしょうか。
ケラはさっきの絶壁に大急ぎでとって返すと、石ころにもたれて休んでいたユニオを見おろして、さかんに手まねきしながら言いました。
「よりどりみどりの舟があるよ!」
こういう時、私は、からだが小さいという事は、本当に素晴らしい事だな、と、思うのです。
なぜなら、私たち人間が、もし岩だらけの無人島に取り残されたとしても、こんなふうに、岩のくぼみに、よりどりみどりの舟が置いてある、なんてことは、めったに、あることではありませんからね。

つづく

img876c2s-.jpg



関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
【新作童話】 アンチャンの小人たち 第9話|Kobitoのお絵描きブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。