きょうは、詩のような、童話のような(詩童話と呼ぶべきか)、短いお話が書けたので、挿絵を添えて、紹介します。

一般的に、詩の書き方と、童話の書き方には、明確な違いがありますが、まれに、詩の書法を用いて童話を書く作家がいます。
例えば、私が最も尊敬する童話作家の宮沢賢治の作品は、すべて詩と呼んで差支えのないリズムと言葉の響きの豊かさを持っています。
あれだけ長い文章を、詩的な美しさを保ちながら完成させることができるというのは、本当にたぐいまれな才能だと思います。
ですから、私も未熟ではありますが、賢治に倣(なら)って、物語を書くときは、文章に詩心を込めたいと思いながら書くようにしています。
具体的に、詩心とは何かと考えてみると、それは先ほど言った、「リズムと言葉の響きから来る感動」、それから、「言葉の意味そのものから来る感動」、この二つに大別されると思います。
私がより重視しているのは、前者の、リズムと響きから来る感動です。これは、言葉の意味がどうであれ、リズムと響きが優れていれば、読み手を感動させることができる、という、ある種魔術的な技巧です。ただし、この感動を読み手が味わうには、その人自身にも言葉に備わったリズムと響き(さらにはイントネーションのメロディ)を感じ取る、音楽的な鋭い感性が必要になります。
一方で、言葉の意味そのものが持つ感動が主な鑑賞ポイントの詩は、詩以外の文章と同じように、書き手が手持ちの語彙(ごい)を活かすだけで書くことができる、比較的簡単な詩であると言えます。

音楽的な技巧と、意味で楽しむ技巧を分けて論じましたが、これは完全に分離できるものではなく、どんな文章にも、両方の要素が含まれていて、含まれる比率が違うだけです。
普通の文章を詩にする場合、言葉を純化して行くわけですが、「音楽的な感動」と「意味による感動」、どちらの効果を重視して行くかは、書き手の好みによります。

私の認識では、

普通の文章→意味で楽しむ技巧の詩→音楽的な技巧の詩

という順に、言葉の味わい深さが増していくと同時に、製作する難易度も上がって行くと思っています。

私が冒頭で述べた、「詩の書法を使って童話を書く」というのは、音楽的な技巧を使って書く、という事ですから、童話自体が詩としての感動も備えていることになるわけです。

さて、それでは、話を戻して(こんなに一生懸命な前振りの後で恐縮ですが)、私の童話を読んで下さい。


挿絵については、お話の内容に沿うような、雰囲気を持たせることができたように思います。


『すずめがけんかした』

駅のホームで、
すずめのけんかがはじまりました。
取っくみあって、転げまわって、
しまいに、一羽がぱっと飛び立って、
ちょっとはなれた、仲間のところに行きました。
のこされたすずめには、やさしいすずめが
ちょんちょんとはね寄って、
いたわるように、みつめていました。
だけど やられたすずめは、プイとどこかに
飛んで行って、いたわったすずめも、
間もなく仲間のところにとんで帰りました。
そんなこんなも、私の勝手な空想だったのでしょうか。



img862cs-.jpg




関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
【詩・童話・小説の書き方】 その1 すずめがけんかした|Kobitoのお絵描きブログ