このブログではこれまで、私自身が製作した小説やイラスト、写真をメインに紹介してきたんですが、今日は趣向を変えて、私が今、一番応援しているロックバンドの動画をご紹介しようと思います。
バンドの名前は、Led Zepagain(レッドツェッパゲイン)といいます。
洋楽ロックが好きなら、1970年代を中心に活躍したロックバンド、Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)を知らない人は居ないのではないかと思いますが、今回紹介するレッド・ツェッパゲインは、レッド・ツェッペリンの音楽を忠実に再現することで高い評価を得ているアメリカのトリビュートバンドです。

私がこのバンドを知ったのは二年ほど前、YouTubeという動画サイトを通じてなんですが、2014年に、このバンドのギタリストとして、新しく日本人のジミー桜井さんが加入したことで、すっかりファンになってしまいました。

ジミー桜井さんのギターワークは、レッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジ氏のテクニックとサウンドを深く研究し、本物に迫ろうとする大変素晴らしいものです。
さらに彼の凄いところは、ステージごとに異なるアドリブを展開できる、即興性を備えたミュージシャンだという事です。
アドリブが主体のレッド・ツェッペリンの音楽を再現する場合、この部分が、非常に重要になってきます。

また、メンバーのスワン・モンゴメリー(ヴォーカル)、ジム・ウートゥン(ベース、キーボード)、ジム・カーシー(ドラム※追記 2015年10月現在のドラマーはデレク・スミスです。非常に高度で強力な演奏力を持った方です。最近の動画でご確認あれ。)の演奏も、レッド・ツェッペリンのロバート・プラント(ボーカル)、ジョン・ポール・ジョーンズ(ベース、キーボード)、ジョン・ボーナム(ドラム)の演奏をほうふつとさせる完成度で、ずっと聴いていたくなるような情熱や音楽愛が伝わって来る点も大きな魅力となっています。

今回紹介するのは、2014年7月24日にアメリカのカリフォルニアにあるチノ・シビック・センターで行われたライブ動画です。
観客による撮影で、1時間51分に及ぶライブの全体が収められています。

画像中央の再生ボタンを押して、お楽しみ下さい。




また、ジミー桜井さんが執筆する、レッド・ツェッパゲイン加入後の活動を伝える連載コラムが、池部楽器のホームページで公開されています。
アメリカの豊かな音楽事情を知ることができる大変面白い内容なので、ご興味があれば下記のリンクから足を運んでみて下さい。

Jimmy SAKURAI presents “米国ROCK紀行” Vol.1
Jimmy SAKURAI presents “米国ROCK紀行” Vol.2
Jimmy SAKURAI presents “米国ROCK紀行” Vol.3
Jimmy SAKURAI presents “米国ROCK紀行” Vol.4
Jimmy SAKURAI presents “米国ROCK紀行” Vol.5



関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
動画紹介 今一押しのロック・バンド Led Zepagain(レッド・ツェッパゲイン)|Kobitoのお絵描きブログ