ちょっとご無沙汰しました。
今回は、ぐずついた天気の続く今日この頃に合わせて、新作童話の短編を書いてみたので、ご紹介します。
雨の精の、雨の日のひとり言についてのお話です。
描き下ろしの挿絵も添えたので、お話と照らし合わせながら楽しんで頂けると嬉しいです。



img802c2s-3.jpg



『雨の精としずく』

雨が降り続きます。
雨の精は、今日は南天の葉っぱに座っています。
白装束に、水色の薄絹の烏帽子(えぼし)をかぶった、小指の先くらいの可愛らしい子供で、手にはユリノキの種で作った笏(しゃく)を持っています。
南天の枝先に、たくさんの赤い実が実って、そのひとつひとつに、水晶玉のような雨のしずくがぶら下がっています。
しずくの中には、向かいの通りの家並みや、庭のすみの柿並木が、すっかり逆さまになって映っています。
「あの家には、逆さまに人が住んでいて、さかさまにご飯を食べて、逆さまの夢を見ているにちがいない。」
雨の精はそうひとり言を言って、しだいに大きくなったしずくが、南天の実から離れて根方の水たまりに落ちるのを見送りました。
「水たまりの家は、しずくの家と形が同じだけども、ずいぶん大きい。そして、やっぱり逆さまだ。だから、しずくの家の人は、手ぜまになったしずくの家ごと、水たまりの家に引っ越したのだ。」
そう言っているうちに、南天の実からは、また一しずく、雨粒がこぼれて、水たまりに落ちました。
雨の精は、南天の実にぶら下がったしずく、一つ一つに映った小さな家を見て、
「何軒引っ越しても大丈夫。水たまりの家では、一部屋が一つの国くらい大きいもの。」
と言いましたが、ちょっと小首をかしげると、
「もし、水たまりの家が、空き家じゃなかったら困るな。そういう時は、しずくの家の人たちは、『ちょっと屋根裏を間借りします。』と断わったり、近所に手ごろな空き家がないか、あっせん所を訪ねて回ったりするかもしれない。」
と付け加えました。
雨の精は、自分の思い付きが気に入ったので、足をぶらぶらさせて、南天の冷たい葉っぱをゆらしました。
すると、しずくの家の何軒かが、それならと、まとめて水たまりに引っ越しました。


おしまい



関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
新作童話『雨の精としずく』|Kobitoのお絵描きブログ