今日はクリスマスイブなので、季節限定イラスト&童話製作にチャレンジしてみました。
イラストはシャープペンシルでシンプルな下絵を描き、アクリル絵の具であまり色数を使わずに彩色しました。


img780cs-.jpg


-------------------------------------
 この絵に描かれているのは、南極の、昭和基地の近くに住んでいる、コウテイペンギンのひなの”アッチ”です。
アッチは、ほかのヒナたちに比べると、ずいぶん体が小さいので、お父さんとお母さんは、ことのほか大切に、アッチを育てました。
ある日、アッチは、雪の野原で、おかしな袋を見つけました。その袋の中には、リボンを結んだいくつかの小箱と、何通かの手紙が入っていて、手紙には、それぞれのあて名と、『メリークリスマス。良い子へのご褒美だよ。サンタクロースより』というメッセージが書いてありました。
「これは、サンタクロースさんが、空からうっかり落っことした、クリスマスのプレゼントじゃないかしら。」
アッチはそう思って、袋をかついで、ふらふらと、雪の野原を歩き出しました。
サンタクロースの家まで、落し物を届けようと思ったのです。
アッチはまず、ペンギンの村長さんの家をおとずれました。
ペンギンの村長さんは、すごく年をとっていたので、物知りだったのです。
「サンタクロースさんのお家はどこなの?」
アッチが聞くと、ペンギンの村長さんは、
「わしは知らないが、オットセイさんが知ってたな。」
と言って、灰色の羽で雪の野原の向こうを指さしました。
アッチが袋を担いで、雪の上をせっせと歩いて行くと、オットセイさんは、岩の上に座って、手を打ちながらクリスマスキャロルを歌っていました。
「サンタクロースさんのお家はどこなの?」
アッチが聞くと、オットセイさんは、
「僕は知らないけど、アザラシさんが知ってたよ。」
と言って、前ひれで海岸の方を指さしました。
アッチは袋をかついで、またよろよろと海岸の方に歩いて行きました。
アザラシさんは、子供のアザラシといっしょに海に浮かんで、海藻でリースを作っていました。
「サンタクロースさんのお家はどこなの?」
アッチが聞くと、アザラシさんは、
「私は知らないけど、カモメさんが知ってたわ。」
と言って、岬の方を鼻で示しました。子供のアザラシもまねをして、岬の方に鼻を向けました。
アッチはまた袋をかついで、えっちらおっちら、岬の方に歩いて行きました。
カモメは岬のとっぱなに立って、うつらうつら、いねむりをしていました。
「サンタクロースさんのお家はどこなの?」
アッチが聞くと、カモメは、
「グリーンランドだよ。海の向こうの、そのまた向こうだよ。」
と答えて、ねむけざましの伸びをしました。
アッチはまだ泳げなかったので、グリーンランドまでどうやって行くか考えるために、袋を下ろして、カモメのとなりに座り込みました。
カモメが、「その袋は何だい。」と聞いたので、アッチは、「サンタクロースさんの落し物なの。」と言いました。
「南極には、おまわりさんがいないから、届けられないものな。」
カモメは、袋の周りをひと歩きすると、
「元のところに置いておきなよ。きっとサンタクロースさんが探しに戻るよ。」と言いました。
そこでアッチは、袋をかついで、うんせうんせと元の雪の野原に、戻ってきました。
すると、赤い三角帽子をかぶり、赤い服を着た、もじゃもじゃの白ひげのおじいさんが、眉をハの字にして、そこに立っていました。
「サンタクロースさん。落し物よ。」
アッチが袋をさし出すと、サンタクロースは、大喜びでそれを受け取って、「やあアッチ、ありがとうよ。」と言いました。
アッチが、
「いそがしそうね。」と聞くと、サンタクロースは、
「今夜はイブだからね。それで、急いでいたんだが、トナカイが空でくしゃみをしたひょうしに、袋がそりから転げ落ちてしまったのさ。」と答えました。
「トナカイは風邪を引いたの?」
「オーロラの妖精が鼻をくすぐったのさ。ここらの空はいたずら者たちの遊び場だからね。」
「そう。じゃあ、気を付けてね。」
「ほぅほぅ、ありがとうよ。」
サンタクロースが指笛を吹くと、どこからともなく八頭立てのトナカイのそりが現れて、サンタクロースとアッチの前にとまりました。
トナカイにはそれぞれたくさんの鈴飾りが付いていて、歩くたびにシャンシャンと良い音色が響きました。
「アッチが欲しがっていたプレゼントも、ちゃんと用意しているからな。じゃあ、行ってくるよ。メリークリスマス!」
「メリークリスマス!」
サンタクロースは、トナカイのそりに乗って、鈴の音を響かせながら、まっすぐに空へ昇って行きました。
アッチはすっかり嬉しくなって、走って家に帰りました。
次の日の朝、アッチは目を覚まして、枕元に、プレゼントの箱が置いてあるのを見つけました。
プレゼントには、『アッチへ、メリークリスマス。良い子へのご褒美だよ。サンタクロースより』という手紙が付いていました。
箱を開けると、中にはサンタクロースがかぶっていたのと同じ、小さな赤い三角帽子と、プレゼントの小箱を二つ包んだ袋が入っていました。
アッチは、さっそく三角帽子をかぶって、プレゼントの袋をかついで、家の裏口から表に出ました。そして、玄関に回ると、ドアをこんこんと叩いて、「メリークリスマス!」と大きな声で言いました。
間もなく、お父さんとお母さんがドアを開けて、「やあアッチ、メリークリスマス!」と言って、アッチを抱きしめました。
アッチは袋から、二人へのプレゼントを取り出して、「サンタクロースさんからの贈り物よ。」と言いました。
プレゼントには、『メリークリスマス。がんばり屋のお父さんお母さんへのご褒美だよ。サンタクロースより』という手紙が付いていました。
お父さんとお母さんは、アッチをもう一度抱きしめて、「ありがとうよ。サンタクロースさんからプレゼントをもらうのは、子供の時以来だよ。今年のクリスマスは特別素敵になったね。」と言いました。
アッチは、「ええ。素敵だわ。後でいっしょに、サンタクロースさんにお礼のお手紙を書こうね。」と言いました。
そして、お父さんとお母さんの嬉しそうな顔を、かわるがわる見上げると、まん中で二人と手をつないでから、ほくほく笑ってスキップで家の中へ入りました。


おしまい



関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
後でと言っときながらすぐきた自分w
あの・・・このこお持ち帰りします
私のペットにィィィ!!!!

かわいい(/ω\*)
2014/12/24(水) 16:56 | にゃんたろ
にゃんさん、
いらっしゃ~い。^^
メリークリスマス!
アッチのこと、気に入ってもらえて嬉しいです。アッチは主人公だから、時々南極に里帰りさせてやってね~。^^
2014/12/24(水) 17:07 | Kobito
アッチ、可愛いですね♪
ヒナ鳥のうぶ毛のふわふわ感が
絵に表れてますね(^^*)

アッチが無事、サンタさんに
プレゼントを返せて、安心しました。
2014/12/28(日) 16:06 | かまど猫
かまどさん、
わ~、こちらにコメント頂けて嬉しいです。^^
物語を書きながら、アッチには何度も笑顔にさせてもらいました。
ペンギンのひなは、ふわっふわですからね。それを絵で感じてもらえて嬉しいです。
アッチは黙々と頑張る子だから、努力が報われて私もホッとしています。^^
2014/12/29(月) 00:37 | Kobito
コメント:を投稿する
本文:
 
新作童話『ペンギンのアッチのクリスマス』|Kobitoのお絵描きブログ