今日は、織部焼のオリジナルイラストを描いてみたので、ご紹介します。
茶碗と、小料理を載せる手鉢の、2点の絵を描きました。


img639s-.jpg

これは、茶碗の下絵です。ふにゃっと曲がった織部焼独特の形状です。表面の絵柄はとりあえず思い浮かんだ小さな四角をたくさん描きこんでいます。




img641cs-.jpg

これが茶碗の絵の完成図です。彩色は、色鉛筆と墨汁とアクリル絵の具で行っています。自由奔放に色塗りすることを心掛けたので、織部焼と言うより、抽象画みたいになりました。器の名前は『織部小升文茶碗(おりべこますもんぢゃわん)』といいます。




img643cs-.jpg

こちらは、持ち手の付いた手鉢です。ちょっと分かりづらいんですが、四角が二つ重なったような器の形をしています。絵柄は水車と垣根が描いてあります。器の名前は、『織部二重四方手鉢(おりべふたえしほうてばち)』と言います。四角を二つ合わせた器、という意味です。
この前紹介した金魚文の水注のイラストは、どうも緑の釉薬の色が鮮やか過ぎて、織部焼に見えない原因になったようなので、今回は、本物の織部焼の画像で、緑の釉薬の色合いを確認してから彩色しました。
こういう、落ち着いた色合いで、大胆な模様を描くのが、織部焼らしさであり、私がこの焼き物を好きな理由です。


関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
織部焼の絵 『織部小升文茶碗』他 完成|Kobitoのお絵描きブログ