今日は、オリジナル童話、『マーサは釣り人』の、第2話を書き進めてみようと思います。
挿絵も、二枚目が完成したので、合わせてご紹介します。


img601cs-.jpg

釣り場に行く途中の野原の小道を行く、クロードとマーサです。
小道の両側に、柔らかい下草が生えている、とてもきれいな場所です。

第1話では、釣りの日の朝の、一家の朝食のようすを書いたので、第2話では、マーサのお弁当作りについて、お話ししてみようと思います。

挿絵の場面はもう少し先ですが、お話全体の雰囲気の参考にしてもらえれば嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お父さんとジェミ―が出かけてしまうと、食卓には水切りしたレタス、炒めたベーコン、真っ赤なトマトの輪切り、刻んだゆで卵、チーズ、ウリのピクルス、マスタード、それから、食パンの薄切りが並べられて、マーサのお弁当作りが始まりました。
マーサは椅子の上に立って、満足そうに食材を見渡すと、お母さんを、隣の椅子に座らせて、
「そこで見ててね!」と言いました。
「はいはい、見ていますとも。」
お母さんは、笑って、両手を膝に置いてかしこまりました。
マーサは、まずどうしたものかと思って、あごに人差し指を当てて、考えてしましたが、
横からクロードが、「下に敷くパンが最初だよ。」と言ったので、パンをお皿の上に一枚取りました。
それから、レタスを取って、パンの上に敷くと、おいしそうだったので、嬉しくなって、食卓に手をついて、ピョンピョン飛び跳ねました。
クロードが、「僕のはベーコン三枚、重ねてね。」と言ったので、マーサは、「いいよ。」と言って、こんがり焼けたベーコンを折りたたんで、レタスの上に載せました。
そして、刻んだゆで卵と、トマトの輪切りを載せて、スプーンでマスタードを塗り、ウリのピクルスと、ゆで卵とトマトを載せて、最後にレタスをかぶせて、食パンで閉じようとしましたが、あれこれたくさんはさみ過ぎて倒れそうだったので、最後のレタスとトマトは引き抜いて、あらためて、食パンで挟んで完成させました。
マーサは、いつもお母さんがするように、布巾で両手をポンポンと拭いてから、料理の出来栄えを確かめました。
「まあ、マーサはお料理上手ねえ。とってもおいしそうよ。」
お母さんが、感心して言いました。実際、とてもきれいなベーコンサンドが出来たので、クロードも、「いいじゃん。」と言いました。
マーサは、にこにこ笑いながら、体を左右に揺らして、大きな声で、
「これ、クロードのね!」
と言いました。
それから、マーサはさっきと同じように、お皿にパンを取って、レタスを敷き、その上に、トマトやチーズやベーコンを、一つ一つ丁寧に載せて行きました。
今度のは、ベーコンが二枚と、ゆで卵がたくさん、それからお母さんが漬けた、ウリのピクルスが六切れも、挟んであります。
「これ、お母さんのね!」
二つ目のベーコンサンドが完成すると、マーサはお母さんに言いました。
「まあ、私のお弁当もあるの!嬉しいわ!」
お母さんが喜んだので、マーサは、「どういまたして!」と言って、威勢よく布巾で、両手をポンポン拭きました。
次はいよいよ、マーサのベーコンサンドの番です。
マーサは、レタスを敷いたパンに、ベーコンを一枚と、トマトを二切れ、マスタード、レタスを二枚、ゆで卵少々、ピクルス四切れ、そして大好きなチーズを、うんと多めに載せました。
チーズを挟み過ぎて、てっぺんのパンがちょっと斜めになりましたが、チーズは減らしたくなかったので、今度はそのまま完成という事にしました。
クロードとマーサのベーコンサンドは、お母さんがそれぞれ布で包んで、バスケットの中に入れました。
バスケットには、他にも、お母さんが焼いたビスケットの包みと、コップの付いた小さな水筒が入っていました。
これで、お弁当の準備は万端というわけです。


つづく


関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
童話 『マーサは釣り人』 第2話|Kobitoのお絵描きブログ