今日は、庭で撮った蝶の写真をご紹介します。
日が暮れて薄暗い中、フラッシュを焚いて撮影しました。


DSCF2201 - コピーs-

きれいなヒョウ柄の羽ですよね。名前は、ツマグロヒョウモンといって、やっぱり『ヒョウ紋』という言葉が入っています。ツマグロ、というのは、羽の後方に黒い縁取りが入ることから付けられたそうです。(褄(つま)というのは、着物のすその左右両端のことです。)
写真では、枇杷の葉っぱに、逆さにとまっています。

幼虫は、背中に赤い線が一本入る、真っ黒な毛虫です。幼虫は毒のありそうな見た目ですが、実際は無毒で、触っても大丈夫です。

アフリカ、インド、オーストラリア、中国など、熱帯から温帯まで幅広く生息しているそうです。
日本では、関東以南の地域で、わりと簡単に見る事が出来ます。


関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
昆虫写真 『ヒョウ柄の蝶・ツマグロヒョウモン』|Kobitoのお絵描きブログ