先日描き始めた、カエルの着ぐるみを着た子供『けろちゃん』の、下絵の制作過程、その2です。


けろちゃん下絵5 正視化縮小

目、鼻、口を描く時の、バランスを保つために、顔に十字線を入れました。特に、正面を向いた顔を描く場合は、十字線を入れると、位置のずれや大きさの狂いが良く分かるようになるので、大きめの絵を描く場合は特にお勧めします。


けろちゃん下絵6 正視化縮小

目と口とほっぺた、それからカエルのかぶり物の細部を描きました。カエルと子供の目の形を、ずっと迷っていたんですが、ふと画面に薄く見えた形があったので、それをそのまま描き写しました。私の絵は、けっこうそういう感じで描き進めています。(その形は、きっと私の記憶から浮かんでくるものです。だって、こういうかぶり物をした子猫の画像を、以前見た事があって、可愛いな~と思っていたからです。^^)
首に巻いたスカーフは、初めから描こうと予定していたわけではありません。首の所で2重になっていた『あたり』の線が、ちょうどスカーフにピッタリのバランスで、けろちゃんにも似合いそうだと思ったので付け足したんです。^^


けろちゃん下絵7 正視化縮小

十字線を消して、鼻を描き足しました。
けろちゃん自身は、これでだいたい完成です。あと、桜の花と、枝を描き足して、背景も描き加えたいと思っています。
ちょっとキューピーちゃんに似てますね。^▽^顔が自然に描けたのが嬉しいです☆


にほんブログ村 イラストブログへ
関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
ちびキャラ『けろちゃん』の描き方、その2|Kobitoのお絵描きブログ