今日は、織部焼の茶碗の絵を描いてみたので、ご紹介します。
名前は、『黒織部井文茶碗(くろおりべいのもんちゃわん)』といいます。

img566cs-.jpg

実際に、こういう茶碗を持っているのではなくて、作れたらいいな、という茶碗を、空想で描いています。

茶碗というより、湯飲みの形ですね。

ところで、ご飯をよそう器を、茶碗と言いますが、どうして「茶」碗というんでしょうね。

飲み物専用として、あの器を使う人は、少ないと思うんですが・・・。

関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
織部焼の絵『黒織部井文茶碗(くろおりべいのもんぢゃわん)』完成|Kobitoのお絵描きブログ