今日は、近所の桜の木と、庭に咲いたチューリップを、デジカメで撮ってみたのでご紹介します。
夕方に撮ったので、日なたはやや赤みを帯びた色で写っています。


DSCF1130s-.jpg

桜の美しさは、なんといっても、枝一杯に房になって咲くところではないでしょうか。しかも、葉が茂る前に花が咲くので、一本の木が、明るく輝き出したように見えます。



DSCF1147s-.jpg

この桜は、近所の駐車場のわきに、並木になって生えています。
右下に見える溝は、水路なんですが、水深がとても浅いのに、なぜか大きな鯉が泳いでいる時があります。近くの川から入って来たんでしょうが、水が引く前に戻れるのか、見かけるたびに心配になります。



DSCF1160s-.jpg

これは、庭の、梅の木の根元に咲いた、チューリップです。日かげなので、ひょろっとした姿なんですが、梅の木肌の古びた感じと、花びらの新鮮さが、良い対比になっていてとても綺麗です。



DSCF1120s-.jpg

こちらも、日陰に咲いたチューリップです。チューリップは、日陰で見ると、色が浮き上がるように鮮やかになりますね。


桜の写真を、晴れた日の昼間にも撮ってみたいので、撮影できたら、またご紹介します♪


関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
2014年の桜とチューリップの初撮り|Kobitoのお絵描きブログ