今日は、製作中の織部焼イラストの線画をご紹介します。

前回の下絵は、絵付けの模様がいま一つだったので、今回は器の形から描き直してみました。


img495s-.jpg

この器の名前は、「黒織部幻燈花文茶碗(くろおりべ・げんとうはなもん・ぢゃわん)」と言います。
”黒織部”、というのは、黒と白を基調とした絵付けが施されている織部焼の総称です。
”幻燈”というのは、映画の事です。絵付けの真ん中の、斜めに走る帯のような模様は、映画のフィルムをイメージしています。
フィルムの上下に、花の模様も描くつもりなので、"花文"という言葉も入っています。

こうやって、具体的なイメージを込めた方が、色塗りも楽になりそうです。
きれいに仕上がるといいな~。^^



にほんブログ村 イラストブログへ

関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
織部焼の絵を描こう。「黒織部幻燈花文茶碗」線画|Kobitoのお絵描きブログ