今日は、身近な野原の様子と、熟した柿の実の写真を、ご紹介しようと思います。
11月にもなると、景色は足早に変化を始めます。
植物が、来年のための種を実らせる、最後の期間だからです。
オナモミ(ひっつきぼう)も、この時期に実を結ぶので、草地に近付く時は、よく目を凝らした方が良いですよ。^^


DSCF6296s.jpg

これは、セイタカアワダチソウという植物です。野原ならどこにでも生えているので、見たことがある方も多いでしょうね。名前の通り、とても草丈の高い植物(140センチ程度)で、群生すると、大そう立派な森が出来上がります。
もともと、園芸種として扱われていただけあって、黄色い花がいっせいに咲くと、紅葉した銀杏の木のようで、とても見ごたえがあります。
うちの隣の、空き地に広がる、初秋の風物詩です。^^






DSCF6316s.jpg

庭の木に実った柿です。今年は、数が少なかったので、大事に頂こうと思います。
コリッとした食感と、甘味も乗った、ちょうど食べごろの柿ではないでしょうか?
お客さん、よかったら、お一つどうぞ♪




Kobito



にほんブログ村 イラストブログへ

関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
この黄色いの花粉すごくないですか?
別のやつなのかわかりませんが自分すごく鼻がかゆいんです(家族も)

柿!!おいしいですよね^^
好きです♡たまに口にするとまぁー美味しいこと(笑)
2013/11/01(金) 21:15 | 夏
夏さん、
セイタカアワダチソウは、花粉アレルギーの原因ではないって言われているよ。(花粉も飛ばないのだ。)
ブタクサの花が、秋の花粉アレルギーの原因になるらしいよ。

そう、柿は、たま~に食べると美味しい。^^ご明察!
2013/11/01(金) 21:30 | Kobito
そうです!!ブタクサ!!!
なんか似てません??(笑)
2013/11/02(土) 21:47 | 夏
夏さん、
セイタカアワダチソウの事を、ブタクサだと思っている人が多いようだね。

ブタクサは、画像を調べると分かるけど、全然違う草なんだよ。

だけど、セイタカアワダチソウに、アレルギーのある人もいるだろうから、夏っちゃんの家族も、そうかもしれないね。
2013/11/02(土) 22:18 | Kobito
コメント:を投稿する
本文:
 
「黄色い森と、熟し柿」|Kobitoのお絵描きブログ