先日から作り始めた、マーサの置物の制作風景、その2です。
今回は、マーサの身体を作りたいと思います。
粘土が乾くと、大きく曲げるのが難しくなるので、ある程度ポーズを決めてから作り始めます。


DSCF4790s.jpg

頭と身体の大きさが、釣り合わないといけないので、時々遠くから見て、身体が大きすぎたり、小さすぎたりしないか、確認しながら制作を進めます。
腕を前に出しているのは、いろんなものを持たせて遊びたいな~と思ったからです。^^




DSCF4856s.jpg

じゃ~ん☆あっという間、ではありませんが、身体の完成です。^^
子猫と、人の子供の雰囲気が出したかったんですが、上手く行っているかな?
これから数日間、自然乾燥させて、芯まで完全に乾いたら、オーブンで焼いて固める、という行程に入ります。




DSCF4844s.jpg

8㎝程度の置物なので、飾った時に、鑑賞者と目線が合うように、かなり上を向かせて作りました。このままでも良いんですが、できたら色を塗ったあとで、本物の生地で作った洋服を着せたいなと思っています。ただ、裁縫が得意ではないので、上手く出来なかったらこのままです。^^;





DSCF4838s.jpg

この後ろ姿、けっこう気に入っています。^^頭が大きくて、上を向いているので、後ろに倒れやすいバランスなんですが、しっぽで支える事で、しっかり直立できるようになっています。
オーブンで焼くと、細いしっぽも、かなりの強度になるので、簡単には折れません。


次回は、オーブンでチンするところをご紹介します。^^
お楽しみに~☆


Kobito


にほんブログ村 イラストブログへ

関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
粘土で猫のマーサを作ろう☆その2|Kobitoのお絵描きブログ