こんにちは。3連休、いかがお過ごしですか?今日は、久しぶりに、デジカメを持って、庭の風景を中心に撮影してみたので、ご紹介したいと思います。


DSCF3641s.jpg

庭の木陰に、水仙が生えていて、もこもこしたつぼみを付けています。水仙は、日光をあまり必要としない植物なので、日陰でもすくすく育って、きれいな花を咲かせます。これは、日本水仙という品種なので、真冬の1月半ばから花を咲かせ始めます。田舎だと、河原の土手などによく生えている、日本人には一番なじみ深い水仙です。




DSCF3665s.jpg

一輪咲いていたので、撮影しようと思ったんですが、木の枝の間に咲いていたので、枝をかき分けて、カメラを寄せて、ようやく撮ることができました。^^;写真で見ると、オレンジのカップと白い花びらの色の対比がとても鮮やかで美しいです。水仙の周りにあるこの木は、何という木だろう?白い花が、下向きにたくさん付いています。




DSCF3656s.jpg

これは、ポピーの小株です。まだ小さいですが、冬の間も、少しずつ成長し続けるので、春にはこんもりした大株になっています。4月に、黄色い鮮やかな花をたくさん咲かせます。寒さに負けず、頑張るんだよ。^^




DSCF3659s.jpg

これは、ゴデチアという花の苗です。去年の6月、色とりどりの花が咲いた様子を、ここのブログでご紹介したので、覚えている方も居るかもしれませんね。
この植物は、非常に寒さに強いので、このくらいのサイズでも、立派に冬越しする事ができます。でも、やっぱり、雪が積もったりすると、心配で様子を掘り出して見たりします。雪の下でも、じっと耐えて、春が来るのを待っているので、いつもすごいなと感心します。




DSCF3726s.jpg

それから、これは、うちの猫の、ハルです。
ハルは、10歳は超えていると思うんですが、正確な年齢は忘れてしまいました。^^;とにかく、元気で、カリカリえさを本当によく食べます。その割に、太ってはいないので、みんなから、うらやましがられます。冬は、自分用の電気アンカの入った座イスで、くつろいでいることが多いです。撮影中、じゃれつくので、ピントの合った写真を撮るのが大変でした。^^;



今日は、冬のKobioの、身のまわりの景色をご紹介しました。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました☆

Kobito


にほんブログ村 イラストブログへ

関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
Kobitoさん

素敵なご紹介ありがとうございました
水仙のオレンジのカップのところを金の杯、白い花を銀の杯と中国では呼ぶそうです。

ハルちゃんは穏やかな顔をしていますね^^
2013/01/13(日) 19:06 | URL | 湖の麓より #-[ 編集]
麓さん、
こんばんは~。
楽しんでもらえたようで良かったです。^^
金の杯、銀の杯は、妖精の食器になりそうですね。特に、金の杯は、底に綺麗な模様も入って美しいです。

ハルは、いつもこんな表情をしています。物思いにふけっているような、静かな顔つきですよね。^^
2013/01/13(日) 20:03 | URL | Kobito #-[ 編集]
コメント:を投稿する
本文:
 
猫とスイセンの写真です☆|Kobitoのお絵描きブログ