今日は、制作中のSF小説、「ハテナ」の第4話と、お話に添える新しい挿絵をご紹介します。
挿絵は、まだ色を塗っていない下絵の状態です。今回は、この絵の場面までお話を書き進められなかったので、どういう風にお話が展開するのか、次回以降を想像しながら読んで頂けると嬉しいです。


img158 cs

テッペン大佐は、研究所の破壊された格納庫から、澄み渡った星空を見上げて、憤怒の表情で立ち尽くしていました。
ハテナが、遠隔操作によって、機械の翼(コードネーム『BIRD』)を奪い去ってから、一時間が経過していました。
マザーコンピューターが損傷を免れていたので、研究員たちはハテナの追跡と、彼女の身に何が起こったのかの分析を開始していました。
「UM-03(ハテナ)がBIRDに接触すると、予期していなかったのか?」
テッペン大佐は、研究所長のシレットに尋ねました。シレットは額に汗を浮かべながら、
「BIRDには外部からの接続を遮断する措置をしていました。しかし、UM-03は研究所を出る前に、特殊な信号で回線を開けるように、BIRDのシステムを改ざんしていた模様です。」
「UM-03が自分の意思でそれをしたというのか。」
「現在、UM-03の記憶情報を分析中です。どうやら、管理システムを潜り抜ける記憶領域があったもようで・・・。」
テッペンはシレットの胸倉をつかんで声を荒げました。
「このプロジェクトに、一体どれだけの金をつぎ込んだと思っているんだ。貴様らの人形遊びのためではないぞ!」
シレットは一言もなくうなだれました。

テッペンは、このヒューマノイド計画の立案者であり、全権を委ねられた人物でした。巨額の軍事費を投じたこの計画が失敗に終われば、彼の軍内部での信用は失墜する事になるのです。

ハテナの記憶情報を解析した結果、彼らは多くの事実を知ることに成功しました。
飛行訓練の合間に、彼女がBIRDに時折語りかけていたということ。
それを、研究者のAIが容認していたということ。
研究所がテロリストに襲撃されてから後の、AIとハテナの逃避行のこと、そして、彼女がアケボノ高校に入学したことや、文という少女との交流のこと・・・。

しかし、何よりも重要な発見は、研究所が発した停止命令よりも先に、何者かが送信した指令が、ハテナの元に届いていたということです。
指令は主に二つで、内容は驚くべきものでした。
一つは、『トアル国民は全て敵である。』というもの、そしてもう一つは、『BASE-9を破壊せよ。』というものでした。

BASE-9というのは、トアルが管理、運営をしているスペースデブリ(宇宙ごみ)回収用の大型宇宙船の名前です。
トアルの宇宙ビジネスのモデルとして、五年前から地球の衛星軌道上で建設が進められ、二年前から本格的な運用が開始されていました。



つづく

にほんブログ村 イラストブログへ
関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
はてなの気持ち

なんだろう

わかるような気がします

自分の心と違う動きをしている世界に違和感というか、妙なものを感じているのかも
2012/12/29(土) 23:37 | URL | 湖の麓より #-[ 編集]
麓さん、
そう、ハテナは思っているというより、感じているっていう方が近いかもしれない。世界と、ハテナの行為と、ハテナの心は、まだ分断された状態だけど、ハテナはそれに気がつきはじめているんです。
私達人間は、生まれたときから、世の中を、心の目で見ることができるけれど、ハテナはまだ、それができない状態なんですね。
2012/12/30(日) 07:14 | URL | Kobito #-[ 編集]
コメント:を投稿する
本文:
 
SF小説「ハテナ」第4話とイラスト|Kobitoのお絵描きブログ