制作を進めていたライ電さんとの共作イラスト、「ハテナ」が完成したので公開します。以前ご紹介した「少女」、「機械の翼」、「宇宙の背景」のアナログイラストを、デジタルソフトで切り取って、一枚の絵に貼り合わせるという工程を経て完成させています。この手法にまだ不慣れなので、色調の統一感に少し違和感が出てしまいましたが、拡大画像ではそれほど気にならないと思うので、画像をクリックして一回り大きな画像で楽しんで頂けると嬉しいです。


img107 c 本編全体完成1左やや広いs
(「宇宙少女」 ☆作画 by Kobito  ☆メカニックデザイン by ライ電さん)

背景は、少女のサイズに合わせて中央部分だけを切り取って使用する事にしました。ビーム砲の光は、デジタルソフトの特殊効果機能を使って追加してあります。
また、下記に、この絵を基にしたSF小説の第1話を書いてみたので、絵と見比べながら作中世界に思いをはせて頂ければと思います。

-------------------------------------------

・・・少女の名前は、「ハテナ」と言いました。彼女は、トアルという国が世界で初めて実用化に成功した、戦闘用アンドロイド(人造人間)でした。
軍内部で極秘に開発され、量産に向けた研究が進められていましたが、ある日、正体不明のテロリストによって研究施設が襲撃されたため、かろうじて難を逃れた彼女は、研究者のAIと共に研究所を出て、当面一般市民として街で身を隠すことになりました。

AIは、彼女の軍事利用には否定的だったので、彼女を本当の人間にしたいと考えて、軍と連絡を絶ち、戸籍を偽造し、親子として、普通の生活を送り始めました。

ハテナは、知識こそ豊富だったものの、人間としての情緒は、まだ未発達な部分が多かったので、AIは、大胆にも、彼女を高校に通わせて、実際の人間関係から、「人間らしさ」を獲得させようと考えました。

彼女は、入学したアケボノ高等学校で、初日から『変な子』というあだ名をつけられるくらい、破天荒な行動をとってしまいました。教室の入口の扉を取り外してしまったり(故障した自動ドアだと思ったのです)、教室で飼っている金魚を、素手で捕まえて観察したりしたのです。
クラスの中で、彼女の純粋さに気が付いて、色々と世話を焼いてくれたのは、生き物係の文(ふみ)でした。
文は、ハテナが身だしなみに構わないことを、そっと注意しました。
「あのね、制服の下には、タンクトップとか、下着を着た方がいいと思うよ。」
「だって僕、汗をかかないんだもの。」
「どうして僕って言うの?女の子らしくないよ。」
「だって僕は僕だもの。」
「髪をとかして、髪飾りを付けたら、ハテナ、すごく可愛くなると思うな。」
「そうしたら、人間らしく見えるの。じゃあ、今日からそうする。」
こんな風にして、文とハテナは親しくなりました。

楽しい学校生活の中で、ハテナは次第に、人間らしい心を、表現できるようになって行きました。ところが、学校行事のキャンプの夜、ある出来事から、文はハテナが人間ではない事を知ってしまいました。ハテナは、その事を誰にも気付かれてはいけなかったことを話して、「さようなら。文。」と言って立ち去ろうとしました。
文はハテナを引きとめて、「誰にも言わない。ハテナはここに居ていいんだよ。」と言いました。
「本当に?」
「本当よ。ハテナは、ここに居たいんでしょう?」
「・・・うん。でも、どうして文は、いつも僕を守ってくれるの?」
ハテナが尋ねました。すると文は、「だって、友達だもの。」と言いました。
その日から、ハテナの中で、『友達』は、『一番優先すべき味方』という位置付けになりました。



つづく


・・・ちょっと長くなりそうなので、ひとまずここで筆を置こうと思います。
続きは、新しい挿絵と一緒に公開するか、文章のみで公開する予定です。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました☆

にほんブログ村 イラストブログへ
関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
Kobitoさん、完成おめでとうございます

ハテナと文の会話がすっごくいいですね
人間的というかほのぼのとしていて微笑ましいです

イラストも大きな画面で見ると宇宙にいるみたいです
2012/11/08(木) 19:27 | URL | 湖の麓より #-[ 編集]
麓さん、こんばんは。
ハテナと文の会話は、麓さんがハテナに対して語った印象を、そのまま活用させて頂きました。^^
この部分を読むと、ハテナのワイルドな姿が、役柄に合っていると分かるのではないかと思います。

イラストは、小さな画面で観る時と、大きな画面で観るときで、印象がずいぶん違うので不思議だなと思います。絵を見て、宇宙に居るハテナの気持ちになってもらえたら嬉しいです。^^
2012/11/08(木) 19:53 | URL | Kobito #-[ 編集]
コメント:を投稿する
本文:
 
共作イラスト「ハテナ」完成と、絵を基にしたSF小説 第1話|Kobitoのお絵描きブログ