上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手ボタン
 今日は、家に来るカニなどを、デジカメ写真でご紹介したいと思います。カニが住みついたご家庭は、そう多くはないと思いますが、私の住んでいる地域では、庭の隅や玄関口など、少し湿った日陰で、大小のカニを頻繁に見かけます。
あんまり簡単に見つかるので、じっくり観察したこともなかったんですが、これを機会に種類などを調べてみる事にしたので、記事を読んで、一緒にめずらしがって頂ければと思います。^^
(メインの写真は、菜園で育てている花や野菜の近況です。)


DSCF3466s.jpg

まず最初は、9月から咲きはじめた銀葉ヒマワリの、開花の様子です。この品種は、黒い軸が小さく、花びらが長いのが特徴です。そろそろ、タネができ始めたので、11月に採集して、来年4月のタネまきに使用したいと思っています。^^



DSCF3454s.jpg

これは、宿根性のアスターで、八重咲きの品種です。とても性質が強いので、毎年育てる事にしています。切り花の、添え花にちょうどいい枝ぶりをしています。



DSCF3455s.jpg

これは、リーフレタスの苗です。成長が早いので、今から植え付けて、12月ごろに収穫できます。鮮やかな緑で、焼き肉の下に敷いたりすると目にも美味しいです。^^



DSCF3470s.jpg

これは、水菜(ミズナ)という野菜です。シャキシャキした食感で、煮崩れしにくいので、なべ料理の具として重宝します。早く豚しゃぶで食べたいな~。^^



DSCF3481s.jpg

これは、夏場に紹介した野生種のケイトウです。夏は真っ白い花穂でしたが、秋になると、こうやってピンク色に色付いてきます。秋らしい、落ち着いた風情があります。^^



DSCF3443s.jpg

そして、これこそが、私の住む地域に多数生息する、野良ガニのスクープ写真です。^^家のまわりの湿った日陰なら、比較的簡単に見つけることができます。
このカニは、調べてみると、「アカテガニ」という種類でした。カニと聞くと、食べられるのかが気になりますが、残念ながら、「食べられなくはないが、好んで食べるほどではない。」ということです。
昔は、民間療法として、すり身の汁を頭痛薬にしていたらしいです。
また一つ、賢くなってしまいましたね。^▽^



今日は、たくさんの写真をご紹介しました。最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました☆

Kobito

にほんブログ村 イラストブログへ
関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
素敵なお庭ですね

アカテガニ久しぶりに見ました
これ本当に漢方というか自然療法では使うのですよ

野菜やお花がいきいきとしていて
きっと育てておられる方の愛情がたっぷりなのですね
2012/10/20(土) 22:36 | 湖の麓より
麓さんへ。

アカテガニ、ご存じだったとは、スゴイですね。@@
このカニ、私が思っているよりメジャーな存在なのかな?

野菜や花は、比較的野性的で、育てやすい品種を選んでいるので、ずぼらな私でも上手に育てることができています。^^
麓さんも、土いじりされるのかなあ?
2012/10/20(土) 23:30 | Kobito
Kobitoさん

麓は畑というか庭好きです

時間がある限りはさわっています

野菜はほぼ自給自足です^^
2012/10/21(日) 00:01 | 湖の麓より
自給自足できるくらい作るのは、けっこう大変でしょうね。
うちは、土が硬くて根菜類が作れないので、野菜は葉物がメインです。
土いじりしていると、心が休まりますよね。^^
2012/10/21(日) 00:17 | Kobito
コメント:を投稿する
本文:
 
家に来るカニなど。|Kobitoのお絵描きブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。