きょうは、Kobitoの一押しのロックバンド、MR JIMMYの最新ライブ映像をご紹介します。
MR JIMMYは、レッド・ツェッペリンのトリビュートバンドで、ギタリストのジミー桜井さんが中心になって主にアメリカで活動しています。桜井さんは日本でも、日本人のメンバーでMR JIMMY名義で活動されていましたが、アメリカでは現地のミュージシャンでラインナップを組んで、今年から活動を開始しています。

今日紹介するのは、2017年6月10日、(おそらくカリフォルニアの)Di Piazza という会場で行われたライブの模様です。
曲目は、Since I've Been Loving Youです。


前回紹介したライブでは、クワイエットライオットのフランキー・バナリさんがゲストドラマーとして参加していましたが、今回はスコット・〝ボンゾ〟・ブルックスさんという方がドラムで参加しています。
その他のラインナップは次の通りです。ショーン・ケリー(Vo&ハーモニカ)、ジミー桜井(G)、スコット・ハサウェイ(B&Key)。

トリビュートバンドを聴くときに、最も重視されるのは、元祖のバンドの音楽をどこまで再現できているか、だと思いますが、そういう点では、現在のMR JIMMYはまだオリジナリティーが出過ぎていると思います。
ただ、音楽的な興奮という点では、かなり満足感が高いのも事実です。
それは、各メンバーが全力で歌い、演奏しているのが、ひしひしと伝わってくる心地良さなのだろうと思います。
レッド・ツェッペリンにすごく似ているけれど、毎回同じ演奏しかできないバンドか、似てないところも多々あるけれど、毎回スリリングなアドリブを聴かせてくれるバンドか、どちらかを選ぶとしたら、私は後者を選びます。

とはいえ、最も望むのは、「オリジナルにすごく似ていて、毎回スリリングなアドリブもできるバンド」なので、新生MR JIMMYには今後のさらなる成長を期待したいです。


関連記事
拍手ボタン
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
本文:
 
MR JIMMY Since I've Been Loving You 心を込めた演奏の楽しさ|Kobitoのお絵描きブログ