以前何度か、私の一押しのロックバンドとして、レッド・ツェッパゲイン(Led Zepagain)という、レッド・ツェッペリンのトリビュートバンドを紹介したんですが、ギタリストのジミー桜井さんが今年の初めにバンドを脱退して、ご自身のプロジェクトであるMR JIMMYに活動の場を移したので、今日はそのMR JIMMYのアメリカデビュー公演の動画をご紹介しようと思います。
レッド・ツェッパゲイン時代からのジミー桜井さんのファンであるロバートさんが撮影した動画です。
2017年4月30日、場所は、カリフォルニアのウィスキー・ア・ゴー・ゴーという会場です。


バンドメンバーは、ショーン・ケリー(Vo&ハーモニカ)、ジミー桜井(G)、スコット・ハサウェイ(B&Key)、フランキー・バナリ(Ds)というラインナップです。

ドラムのフランキー・バナリさんは、ランディ・ローズが在籍したことで知られるクワイエットライオットのドラマーで、今回のライブにはゲストでの参加という事です。

レッド・ツェッパゲインが、メンバーの充実でかなり完成度を高めていただけに、ジミー桜井さんの脱退は、とても残念に思えたんですが、新生MR JIMMYで思い切りプレイしている桜井さんを見ていると、この新しいバンドの成長を応援したい、という気持ちになって来ました。

粗削りながら、新鮮さとガッツのあるバンドサウンドだと思います。


2017年05月03日|Kobitoのお絵描きブログ .1010