ファンタジー小説、『魔法使いサキの物語』の、久しぶりの更新です。
このところ、がっかりする事や、落ち込むことが多くて、創作も滞りがちになってしまいました。
ただ、作品を書いていると、気持ちが晴れて来る面もあるので、ぼちぼちがんばって取り組みたいと思います。

今回は、第13章・第5話です。

前回までのあらすじ
帽子のベレーズが空飛ぶ舟「カラブネ」の作り方を教えてくれると言うので、ダンケルとマイネはその代わりに、シンギ半島に渡ってからも、サキを捜す事を約束したのでした。


魔法使いサキの物語
第13章・第5話「カラブネ」

ダンケルとマイネは、ベレーズからまずは南の海岸へ行くように言われたので、二時間ほど歩いて、岩場の小さな入り江に来ました。
岸から見ると、海の中には紫色の海藻がたくさん生えていて、潮の流れに絶えずゆらゆらと揺らめいていました。
「あの海藻を、鍋一杯集めて下さい。」
ベレーズが言うので、ダンケルは海に入って行って、生い茂った海藻を二、三本根元から引き抜くと、岸に置いた鍋に運んで来ました。「やけにべたつく海藻だな。」
手や足に切れ端がへばり付くので、ダンケルは海水で洗い流そうとしましたが、なかなかきれいに落とせませんでした。
「そのべたつきが良いのです。お次は、海岸沿いを東へ行って下さい。そこに小高い灰色の崖があるので、今度は麻袋いっぱい、崖の土を集めて下さい。」
ベレーズの言葉通り、二人が東へ行くと、海岸のそばに、灰色の小高い崖が見えてきました。
崖の土は手で削れるほどもろくて、しかもとても軽かったので、麻袋いっぱい詰めるのに、大した手間はかかりませんでした。
マイネが麻袋を片手で持ち上げて、「こんなもんでいいのかい。」と聞くと、ベレーズは、
「ええ、十分です。」と答えて、
「お次は、この崖の上に生えている、とがった葉を茂らせたやせた低木の根元を掘って、丸くて黒いきのこを探して、きっかり三粒集めて下さい。」と、言いました。
二人はゆるやかな斜面を登って、灰色の崖の上に出ました。そこには、ベレーズの言ったとおり、とがった葉を茂らせたやせた低木がまばらに生えていました。二人はさっそく、その木の根元を掘りはじめました。しばらくは、何も見つかりませんでしたが、方々掘っていると、やがて、土の中から、黒くて丸い、胡桃(くるみ)くらいのきのこが出てきました。
「おいしそうな匂いだな。」
ダンケルがしわだらけのきのこを鼻に近付けて、食欲を誘う甘やかな香りをかいでいると、ベレーズは、
「それはブタゴロシという猛毒のキノコですので、間違っても食べてはいけませんよ。」と注意したので、ダンケルはあわてて鼻から離しました。
二人は半時間ほどかけて、その毒キノコを、きっかり三粒集めました。
「では、海岸に戻って下さい。そこで、集めた材料を加工する手順をお教えします。」
海岸に戻ると、二人はベレーズの指示に従って、海藻と毒キノコの入った鍋を火にかけ、真水を加えて温めはじめました。
時折、魔法で起こした電流で刺激してやると、さっきまで良い匂いを漂わせていた毒キノコが、次第に猛烈な悪臭を放ちだしたので、二人はたまらず、布で口元を覆うと、煮汁がドロドロになるまで、ひたすらかき混ぜつづけました。その煮汁を、岩場に半分あけた崖の土にまぶして、顔を背けながら素手でこね続けると、次第に色が白っぽくなって、臭いもなくなって来たので、残りの崖の土を加えてさらに練り続けました。
日が暮れて、すっかりあたりが暗くなった頃、でき上がったのは、まっ白くて柔らかな、大きな一かたまりの粘土でした。
「ここからは、時間との戦いですよ。粘土が固まってしまうまでに、カラブネの原型を作ってしまわなければなりませんから。」
「カラブネの原型ってどんなのさ。」
「ここに図面がありますので、この通りに。」
ベレーズがいつの間にか、口に図面をくわえていたので、マイネは、
「怖いくらいに用意周到だなぁ。」と感心しました。
図面には、脚が四本ある奇妙な帆舟が描かれていて、図の内側や外側には、各部の寸法や角度、それに、細部を仕上げるための魔法の種類が、びっしりと書き込まれていました。
幸い、マイネは図面が読めたので、ダンケルに作業の手順を教えながら、粘土を伸ばしたり貼り付けたりして、船体の大まかな形と、脚や帆柱などの部品を作って行きました。
寝ずの作業のかいがあって、夜明け頃には、船体や部品が全てでき上がったので、二人はそれを組み立てて形を整え、魔法でたき火の火力を高めて固く焼き上げると、冷めるのを待ってから、麻布の帆を帆柱に二枚張って、どうやら図面通りの帆舟を完成させることができました。
ダンケルは波打ち際に帆舟を浮かべると、
「ミュステル職人も顔負けのきれいな出来栄えじゃないか。」
と、朝日を浴びてまぶしく輝くその真っ白な船体を満足そうに眺めました。
「でも、こんな舟が、僕らを乗せて本当に空を飛ぶんだろうか。」
マイネが、舟をよくよく見て、疑わしそうに言いました。
「もちろんです。風を操る魔法で走らせるだけで、簡単に空を飛ばすことができます。」
ベレーズの言葉に、ダンケルとマイネはけげんそうに振り返ると、「俺たちは風を操る魔法なんて使えないぜ。」と声をそろえて言いました。
「え?お二人は、魔法使いの試験に合格した、正式な魔法使いなのでは?」
「魔法使いの試験は、水を御する試験、火を御する試験、雷を御する試験の三つじゃないか。風を操る魔法は必須科目じゃないよ。」
「そんな、風を操るなんて、ごく初歩的な魔法ではないですか。」
「ああぁ!なんてこった!カラブネ作りは全くの無駄骨か!」
ダンケルはへたり込んで岩の上に大の字に倒れ込みました。

つづく


img2-239.jpg
【カラブネを作るダンケルとマイネ】





苦悩を突き抜け 歓喜に至れ



img2-236.jpg
【ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン】


絵の上に記した言葉は、ベートーヴェンが知人に宛てて書いた手紙の一節です。
子供の頃は、「苦悩の先になんで歓喜があるんだろう。マゾなのか?」なんて思っていたけれど、苦い経験をいろいろ重ねて、ある程度の年齢になった今、やっと意味が分かり、心に響くようにもなって来ました。

これは、悩んでいる人への、励ましの言葉なんですね。
苦悩を経て勝ち取った歓喜が、人間の最善の喜びなのだから、苦しい時こそ辛抱して頑張ろうではないか、と。

このメッセージは、ベートーヴェンの第9交響曲の第4楽章の合唱でも、シラーの詩を借りて高らかに歌い上げられます。



絵にしろ、童話にしろ、夢のあるものを描くには、失ってはいけないものがあります。
それは、「子供心に対する慈(いつく)しみ」です。
どんなに上手に描けた作品でも、この心の部分が欠けていると、子どもに良質な夢を与えることはできないと思います。
では、「良質な夢」とは、具体的にどんなものでしょう。
それは、人間性を豊かにする、他者に対する思いやりの心を育む、真実を見抜く目を培(つちか)う、など、面白さや表面上の美しさを越えたところで、子どもの成長をうながすような、内面性を持った作品のことです。
ここで、注意しなければいけないのは、私の言う内面性を持った作品とは、教育やしつけを目的とした作品のことではない、という事です。
人間には、生まれながらに備わった、良心というものがあるので、ことさらに教育を意識して描かなくとも、作品そのものに良心の滋養になるものが含まれていれば、それを子どもたちは感じ取って、きちんと吸収してくれるものです。
だから、描き手はむしろ、教育的であることよりも、作品をいかに心の滋養に富んだものにするかに、心を尽くすべきだと思います。
エンターテイメントを追求したり、教育的な内容になるように気を配ったりするのも、作品を形にするひとつの方法ではありますが、子どもが心の豊かさや多面的な物の見方を獲得するには、より感覚的で内面的な作品が必要になってくると思いますし、今のような刹那的で即物的な時代には、子どもにより深みのある作品と接する機会を与える事が、成熟した人間性の育成という点で、以前にもまして重要になって来ているとも感じます。


img2-235.jpg
【ナマズを釣るトム・ソーヤ―とハックルベリー・フィン】


きれいごとを言うことで、人から好かれている人に、また引っかかってしまった。
私は聞かれるままに、自分の貧しい生活のことを話したけれど、私がその人の生活のことを聞くと、その人は私との縁を切りました。
そういう狡いところのある人なんじゃないかと、私は疑っていたから、自分のことを正直に話して、試した面もあるのです。
そして、やっぱりそういう人だったので、私はひどく傷ついてしまった。
どうして、世の中には、こんな人が多いのだろう。
病の辛苦の中にありながら、人々に希望を分け与えていたあの人のような人は、
もう本当にどこにもいないんだろうか。

img2-234c2.jpg

きょうは、久しぶりに短編の童話を書いたので、ご紹介します。
多くの人が一度は経験したことがあるだろう、野良猫との出会いと別れのメランコリーです。



「黒猫」

どこからまぎれこんだのか、黒猫の子どもが、庭の生垣のたもとに座っていました。
青い目を光らせて、庭に出た私を、じっと見上げているので、何だか少し、気味が悪い気がしました。
「子猫、どこからきたの。帰るところあるの。ここに住み着くつもりなの。」
私は、たわむれに、話しかけてみました。
すると、子猫が言うには、
「見てるだけだよ。」
という事でした。
私は、ちょっとがっかりして、「そう。」と言うと、後ずさりして、ゆっくり縁側に腰掛けました。
「何にもしないの。」
子猫が聞くので、私は、「生垣の、せん定をしようと思うよ。」と答えて、しまったと思いました。
案の定、子猫は、
「じゃあ、さよなら。」
と言って、引きとめる暇もなく、生垣の向こうに行ってしまいました。
私はせん定ばさみを、むなしく開いたり閉じたりしながら、
「前にもこんな事があったのだ。素直に、しばらく一緒にいておくれと頼めばよかったのだ。」
と思いました。

おしまい

img2-230.jpg




多重録音を用いた、口笛の合奏作品を作ってYouTubeで公開したので、こちらのブログでもご紹介します。
楽器や歌を演奏すると近所迷惑になる環境なので、空気を抜く音だけの口笛、名付けて空口笛(からくちぶえ)を吹いたり、ささやき声で楽器の声まねをしたり、身の回りの物を指や鉛筆で軽く叩いたりして演奏しています。それらを何パターンも録音して、ミキシングで重ね合わせて、ひとつの作品として完成させました。

曲目は、ヨハン・パッヘルベル作曲「カノン」です。かなり有名なメロディなので、聴いたことがあるな、という方も多いのではないでしょうか?

和声やコードの知識が全くないので、合わさった音が心地良い響きかどうかで判断しながら和声を付けています。

映像に用いた絵は、完成した音楽を聴きながらその印象を描いた、自作の水彩画です。絵のタイトルは、『星の誕生』です。



画像まん中の再生ボタンを押して、絵と音楽をお楽しみ下さい。
(ちなみに、口笛とか、楽器の声真似を複数合わせたものって、合奏と呼ぶべきでしょうか。それとも、合唱と呼ぶべきでしょうか。どちらを用いるか、表記方法で、けっこう迷いました。)






深く愛することができなくても大丈夫
愛したいという気持ちさえあれば
あなたは人を愛せる





きょうは、オリキャラのイラストを描いてみたので、ご紹介します。
アニメや漫画などで、ギターや吹奏楽など、西洋楽器をメインテーマにしたストーリーはよく見かけますが、和楽器を用いたストーリーというのはなかなかないので、「けいおん!」のようなほのぼのした路線で、和楽器を主軸にした作品があればいいなと思って、絵にしてみる事にしました。
キャラクターの設定も考えて、絵の下に書き添えたので、絵と照らし合わせながらお楽しみ下さい。


img2-228.jpg


名前 家具屋竹子 かぐやたけこ
愛称 たけちゃん
年齢 13歳
満月中学校1年生
石川県民

家業は家具屋ではなく魚屋。三人姉妹の次女。
祖母が趣味で日本舞踊の三味線を習っており、赤ん坊の頃から三味線を子守唄代わりに育つ。
幼稚園の頃から見よう見まねで三味線を弾き始め、十歳の時に津軽三味線の高橋竹山のレコードを聴いて感動し、以来津軽三味線の練習にのめり込む。
将来の夢は、津軽三味線世界大会で優勝する事。



赤ん坊は
見るものすべてが新鮮そうで
いいね。

img2-227c.jpg


赤ちゃんは、生まれた後も、骨がまだ完成していないので、継ぎ目に隙間があったり、大人に比べて、骨の数が少なかったりするそうです。
だんだん、成長するにしたがって、すき間が埋まり、骨の数も増えて来るそうです。
赤ちゃんの体の中では、知らないうちに、そんなことが起きていたんですね。
びっくりです。



2017年03月|Kobitoのお絵描きブログ .998.996.994.993.991.989.988.987.985