今日は久しぶりに、シリーズ物ではない中編童話が完成したので、ご紹介します。
童話の題名は、『お日さまと小舟』です。

励ましを与えてくれる存在は、とても貴重で尊い、ということを、言いたくて書きました。


---------------------------------------

お日さまと小舟

広い広い海原の上を、一そうの小舟がただよっていました。
どこから来たのか、どこへ行こうとしているのか、誰も私たちに教えてはくれませんし、また、当の小舟も、教えるつもりはありませんでした。
ただ、お日さまだけは、小舟の事を、今までずっと見守ってきましたので、そんなわけがらは、すっかりご存じでした。
でも、小舟には、それがどうしても、うとましく思えました。
「そうやって見ているだけなら、もう僕のことは、放っておいてください。」
小舟は、お日さまの方を見もしないで、そう言いました。
お日さまは、困ったようにほほえむと、
「お前がどこか、あんばいの良い所へ、落ち着くことができるまでの辛抱だよ。」
と、なだめるように言いました。
小舟は幾日も幾日も、何もない海の上で、不満そうな顔をして浮かんでいました。
陸からうんと離れているので、一羽のカモメも見かけることがありません。
あんまりさびしいので、小舟はお日さまに話しかけたくなりました。
でも、自分から話しかけるなんて、自分のまちがいを認めるみたいで、やっぱりできませんでした。
あくる日、遠くの方で、ゴロゴロと不機嫌そうな響きが聞こえ、山のようにそびえ立つ、大きな積乱雲が、近づいてきました。
お日さまは、
「辛抱するんだよ。私がそばにいるからね。」
と言い残すと、そのまっ黒な雨雲に、おおい隠されてしまいました。
風がしだいに強まって、波が逆巻き、まぶしいいなずまがほとばしると、雷鳴といっしょに大粒の雨がいっぺんになだれ落ちてきました。
小舟は荒れ狂う景色に肝を冷やしながら、一方で、あたりがすっかり真っ暗になってしまわないのは、あのお人好しのお日さまがまだ空に居て、灯りをともしてくれているからなんだなと、そんなことを考えました。
やがて、大きな波が、小舟をのみ込んで、ひっくりかえしました。
そして、次の波が、小舟を空に放り投げて、水面に叩きつけました。
嵐のあいだ中、何度も何度も、小舟は沈められたり投げつけられたり、おそろしい目にあいましたが、そのたびに横板をギッギときしませながら、雲の向こうで灯りをともしてくれているお日さまのことを思って、じっとこらえていました。
嵐の大あばれは、終わりがないほど続きましたが、とうとうようやく、風がまばらになり、波が小山になり、雨が小降りになり、だんだんあたりが静まって来ました。その時、小舟は、自分がうまい具合に、表を上にして、海の上に浮かんでいる事に、気が付きました。
やがて、厚い雲が崩れて、お日さまが顔をのぞかせました。
お日さまは、海原にポツンと浮かんだ小舟を見つけると、
「お前は強い小舟だね。それに、大変運も良かった。」
と、静かに話しかけました。
小舟は照れくさそうに、
「僕は、あなたが居てくれることを、心の支えにしたのです。」
と答えました。
お日さまは、にっこり笑ってうなずきました。
小舟とお日さまとは、これで、お互いに、本心が言い合えるほど、打ち解けることができたのです。
それから、何日かして、小舟は、椰子(やし)の木のたくさん茂った小さな島に、流れ着きました。
浜辺で蟹をつかまえて遊んでいた子どもたちが、波打ち際に打ち寄せられた小舟を見つけて、歓声をあげました。
子どもたちはすぐに、屋根を椰子の葉でふいた近くの家に飛んで行って、白髪あたまのおじいさんを連れてきました。
おじいさんは、舟の中に入ってよく調べて、
「どこも傷んでいない。ていねいに作られた舟だ。」
と言いました。
「どこから来たんだろうね。」
子どもたちが聞くと、おじいさんは、
「外国からだろう。見たことのない形だから。」
と言いました。
島の大人たちで話し合った結果、小舟は、見つけた子どもたちの物、ということになりました。そして、その子どもたちが大きくなるまでは、おじいさんが使う、という事にも決まりました。
もちろん、小舟にとっては、これ以上にいい塩梅はありません。お日さまも、それはそれは、小舟の幸せを、喜んでくれました。
小舟には、そのことが何よりも、うれしかったのです。

おしまい

img2-100c.jpg




以前、オーブン陶土を使って、自作の童話の主人公、子猫のマーサの置物を作る様子を紹介しましたが、今日は、写真を基にして、同じ方法で作った、写実的な子猫の置物を紹介します。やわらかな毛並みが感じられるように、アクリル絵の具で重ね塗りを繰り返して彩色しています。


DSCF4064s-.jpg



DSCF4071s-.jpg



DSCF4042s-.jpg



DSCF4039s-.jpg



DSCF4063s-.jpg



DSCF4053s-.jpg



DSCF4150s-.jpg



DSCF4092s-.jpg



DSCF4160s-.jpg



DSCF4097s-.jpg



DSCF4203s-.jpg

どの角度から見ても破綻なく作るというのがけっこう難しかったです。特に、顔の左右のバランスの崩れは、色を塗る段階になって目立って来るので、粘土で原型を作る際に、よく確認する必要があります。

子猫が正面を向いて写った写真一枚を基にして作ったので、子猫の後ろ側の造形・彩色は想像に基づいて行っています。

・置物のサイズ
高さ 5.5cm
横幅 4.5cm
奥行き 3.5cm

使用した粘土: ヤコ オーブン陶土「紅陶」
下地材: ターナー オールパーパスシーラー
アクリル絵の具: ホルベイン リキテックス

オールパーパスシーラーは、絵の具の定着を良くするための、糊のような定着剤です。電子レンジのオーブン機能で原型を焼いたのち、全体に塗っておきます。


君にあげたい

君にこの花をあげたい
でも、君が
この花を好きじゃないなら
あげたくないよ
だって
僕は
この花が
本当に好きなんだから



img2-098c.jpg

天使のイラストを描こうとすると、必ず、背中の翼を描くのを忘れてしまいます。翼のない天使は、足腰がしっかりした赤ん坊です。
絵として翼が無い方が自然だから、描き忘れてしまうのか、単に忘れただけで、翼はあった方が、絵として魅力的なのか、ちょっと考え中です。



 きょうは、ファンタジー小説『魔法使いサキの物語』の、第12章・第1話を書き進めてみます。

第12章は、久しぶりにサキとカイザールの旅のようすを書いて行きます。


-------------------------------------

魔法使いサキの物語 第12章・第1話 『サキ捕まる』



「波止場で今朝、魔法使いが審問官に捕まったらしい。」
こんなうわさが、ナーグリアの、サドゥの街の人々の間に広まりました。
その魔法使いは、若い女で、混乱するフラトから逃れて来たのだが、シンギ半島へ渡る船に乗ろうとしたところで、審問官の検問に引っかかったのだ、ということでした。
それから、連れのやはり魔法使いの男が、その場から逃れたらしい、ということもあわせて伝わりました。
「まったく、魔法使いというものは、どこにでもそ知らぬ顔で紛れ込んでいるからたちが悪い。」
「審問官は、“はざめ石”というものを使って、相手が魔法使いかどうかを見分けることができるのだそうだ。それが無ければ、奴らは城中へだって何食わぬ顔で仕官できてしまうだろうよ。」
「逃げた男は、褐色人だったという事だ。一目見れば分かるのだから、よもや隠れおおせはすまいて。」
そんな話が交わされる、サドゥの市場の雑踏を、カイザールは顔を隠すこともなく、恰幅のよい婦人と、その娘らしい八つくらいの子どもの後に連れられて歩いていました。
カイザールの顔は、魔法によって、褐色ではなく、ナーグリア人と同じ黄褐色に変えてありました。
「もう少し行けば、私たちの宿がありますから、ひとまずそこに落ち着きましょう。」
婦人は振り返ってカイザールに言いましたが、カイザールはすっかり意気消沈して、言葉もない様子でした。
市場の裏手の、せまい路地へ少し入ったところに、入り口の開け放たれた民家があって、婦人はそこに入って、階段を上ったつき当たりの部屋にカイザールを案内しました。
婦人は窓をとじると、カイザールをきたないテーブルに着かせて、娘に手伝わせて茶器を並べ、急須で紅茶をいれはじめました。
「助けてくれてありがとう。」
カイザールは、やっと顔を上げて婦人に言いました。
「魔法使い同士、困った時はお互い様よ。でも、兵隊たちがもやい綱に引っかかっていっせいに転んだ時は、気分がスカッとしたわね。」
「お母さん、声に出して喜ぶんだもの。私は役人たちから気が付かれやしないかと、背筋がヒヤッとしたわ。」
たのしそうな婦人をなじるように、娘が言いました。
婦人は屈託なく笑うと、落ち込んだ様子のカイザールを見て、
「あそこでお連れさんを助けようとしなかったのは、賢明でしたよ。審問官カニエの奴隷たちはいずれも手練れの魔法使いですからね。いくらあなたが腕に覚えがあっても、立ち向かえば数の力であっという間に取り押さえられてしまっていたでしょう。」
と言いました。
カイザールは名前を名乗って、捕らえられた娘がサキという名前である事や、彼女と連れだってフラトからナーグリアに来ることになった事情を、二人に話して聞かせました。
婦人はホピンと名乗り、娘をレカだと言って、シンギ半島のアスタカリアからフラトに向かっていたが、ナーグリアまで来てみると、フラトで魔法使い追放の王命が発せられたと知らされ、やむなくアスタカリアに引き返そうとしているところだったのだと話しました。
「アスタカリアでも、この頃は魔法使い狩りが起きるようになって来たんですよ。だから、もっと安全なところがあれば、引き返したくはないのだけれど・・・。」
ホピンはカイザールにも勧めると、小さくため息をついてから紅茶をすすりました。
「俺たちも、アスタカリアへ行こうとしていたのだ。だが、条件の悪さはどこも同じようだな。」
「ええ、それに、フラトでこんな事が起きてしまっては、ますます私たちの肩身は狭くなるばかりよ。」
その時、二人の話を静かに聞いていたレカがたずねました。
「サキさんはどうするの?」
言葉に詰まった二人は、顔を見合わせると、
「助けたいのはやまやまだが、俺の力ではもうどうにもならんよ。」
「そう、残念だけど、こうなってはもう助けようがないわ。」
と、申し訳なさそうに口々に言いました。
レカは、
「サキさんが捕まる時、あんなに抵抗したのは、カイザールさんを逃がすためだったんじゃないかしら。」
と、二人の顔色をうかがいながら言いました。
カイザールはハッとすると、目を伏せて、何も言えなくなりました。

つづく

img2-095c.jpg


おかげさまで、ブログの訪問者数が10000人に達しました。(延べ人数なので、正確には10000回訪問です。)
時々訪問してくれている方も、ふとした拍子に初訪問された方も、まことにありがとうございます。

物語やイラストや写真や動画を、これからもマイペースで公開して行くので、どうぞよろしくお願いします。
特に、物語を、長編・中編・短編合わせて100編完成させるのが、今の目標なので、辛抱強く、コツコツ書いて行きたいと思います。

下は訪問者数10000人を記念してのイラストです。


img2-097c.jpg
なぜウサギとニンジンなのかは分かりません。思い付きで描きました。^^

当ブログや、各記事について、ご感想、ご質問、ご要望、何かお気づきのこと等あれば、ご遠慮なくお気軽に各コメント欄にお書きください。
コメントには、基本的にお返事しますので、後日、コメントを書いた場所に返信がないか、ご確認下さい。
万が一、返信が無い場合は、単純に、コメントが入った場合のメール通知の不具合で、コメントが入った事に気が付いていないだけなので、過度に気にやんだりなさらないようにお願い致します。

また、私は子供心を過分に残した大人です。社交辞令等、慣用的な言葉のやりとりが苦手なので、会話するうちに、なれなれしいとか、演技っぽいとか、距離感が変とか、不快な印象を持つかもしれませんが、本人はいたって真剣に、嫌われたくない一心で、半ばおびえながら言葉を選んでいるので、その点は、人付き合いに不器用な人なんだな、位に思って、悪く受け取らないようにお願い致します。


ライオンの親子の絵を描いてみました。
ハガキサイズのケントボードに、セピア色の万年筆と、色鉛筆で彩色しています。
img2-094c.jpg

ライオンの子供は英語でライオン・カブ(Lion Cub)といいます。カブというのは、肉食獣全般の子供のことだそうです。だから、子熊のことは、英語でベアー・カブ(Bear Cub)といいます。
ちなみに、野球の川崎宗則選手が現在所属しているメジャーリーグのシカゴ・カブス(Chicago Cubs)のロゴマークには、子熊の絵が描いてあります。



 織部焼の茶碗の絵です。気の向くままに、色鉛筆で描き上げました。

img2-093c.jpg

美濃の焼き物の、独特の質感を、どうやったら自分の画風の中で表現できるのか、まだ試行錯誤の状態です。
器の形は、かなり自分好みに描けるようになって来ました。

器の名前は、黒織部鳥居文茶碗(くろおりべとりいもんぢゃわん)といいます。まん中の白抜きの絵が、鳥居を模した文様だからです。

茶碗である以上、お茶を注いで飲むことを前提に作らないといけない、そして、注いだお茶が美味しそうに見えなければいけない、さらに言うなら、お茶を注ぎたくなる器でなければいけない。
最近は、そういうことを考えながら描いています。


 きょうは、ファンタジー小説『魔法使いサキの物語』の、第11章・第11話を書き進めてみました。

第11章はこの短いお話で終了です。第12章からは、再びサキたちの旅のようすに話が移ります。


-------------------------------------

魔法使いサキの物語 第11章・第11話 『タダニへのお礼』

サンバロの埋葬を終えて、三人がタダニのところに戻ると、タダニはずいぶん具合が良くなっていて、すり寄って来たブーの頭をなでてやっているところでした。そこでウルは、タダニをブーに乗せると、ダンケルとマイネを、谷地の西の外れまで、案内して行くことにしました。
一頭残ったあし毛の馬を伴って、岩場を歩き、いくつかの丘を越えると、急に視界が開けて、地平まで続く広々とした枯草の平野に行き着きました。
「ここからは、開けた土地が続くし、領地を争う部族もないから、お前たちだけで進めるだろう。タダニは、俺がマヒャライ族の集落まで送り届けるから、安心しろ。」
ウルはそう言って、タダニと一緒に谷地の方へ引き返そうとしました。
ダンケルは二人を呼び止めると、背負っていた木箱を下ろして、中から黒曜石でできた手水鉢を取り出しました。
そして、
「これはな、スナクフ様という、フラトで一番えらい魔法使いが使っていた、占いを行なうための道具なんだ。お前ならきっと、上手く使いこなせるようになる。」
と言って、ブーを下りて歩み寄ったタダニに手渡しました。
タダニは、その手水鉢を胸に抱いて、両目をとじ、ほほえんでから、
「ああ、おれはこれを使いこなすようになるよ。」
とうれしそうに言いました。
ダンケルとマイネは、タダニが二人に気遣わせないためにそう言うのか、それとも、本当にそう感じているのかよく分かりませんでしたが、これまでと同じように、タダニの言うことを信じることにしました。
タダニは再びブーにまたがり、時々振り返って二人に手を振ると、ウルに付き添われて、谷地をずんずん下り、暮れなずむ弱光の中を、東へ向かって遠ざかって行きました。

つづく


img2-080c.jpg
水鏡のミステルをゆずられたタダニ



img2-089c.jpg

 先日下絵を公開した、吹奏楽部のイラストが完成したので、ご紹介します。
セピア色の万年筆でペン入れして完成と言っていたんですが、パステル調の淡い色を乗せると合いそうだったので、色鉛筆で彩色もしてみました。
大きなバンドだと、トランペットやクラリネットなどメロディ楽器が花形ではありますが、ドラムやトライアングルやタンバリンといった打楽器も、合奏の中ではとても大切な役割を担っています。
それが分かるように、それらの奏者を絵の中心に描きました。
全ての楽器が合わさった時、音楽が、にぎやかに、豊かに響いてくるのが、聴こえて来ませんか?


img2-082.jpg

この絵のタイトルは、「夜空とかま猫」です。かま猫というのは、宮沢賢治の童話、「猫の事務所」に登場する、真面目で心の優しい猫の書記の名前です。この絵は、星空が好きな知人へのお礼の気持ちで描きました。
星座のことはよく知らないんですが、その方はとても詳しいので、いいかげんに描いてはいけないな、と思って、夏の夜空の星図を見ながら、星の明るさ(等星)や位置をできるだけ正確に写しました。
空のまん中あたりにある3つの大きな星は、夏の大三角形というのだそうです。


2016年07月|Kobitoのお絵描きブログ .876.874.872.870.869.866.864.863.861.860