ちょっとご無沙汰でした。

今日は、童話『アンチャンの小人たち』の、第14話を書き進めてみたので、ご紹介します。

前回のあらすじ
川下りの冒険に出たアンチャン村の小人たちは、魚道の急流を乗り切って、ようやく目的地のスッカラン村の近くまでやって来ました。ところが、スッカラン村があったはずの河原には、人間がレンガ敷きの遊歩道を作っていて、小人たちの楽園だった野原は見る影もなくなっていたのでした。



-------------------------------------

アンチャンの小人たち 第14話



念のために、小人たちは走ってひょろ長のクヌギのところまで行ってみました。
だけど、村のあったあたりは、やっぱりレンガですき間なくおおわれていて、かろうじてクヌギの木の根元だけが、円く土の地面を残してあるだけでした。
「なんだってニーンマ(人間)はこんな勝手なことするんだ。おおい、居るかぁ!」
ムスビが、レンガを手で叩いて呼びかけ、うつ伏せになって地面に耳を付けてみました。
すると、なんと、「おーい!ここだよぅ!」と、かすかな声で、返事した者があるのです。
それも、どうも聞き覚えのある声で、みんなには、ケラの声のように思えてしかたがありませんでした。
「ケラかぁ?お前も閉じ込められたのかよう。よし、いま出してやるからなぁ!」
ムスビはレンガのふちをつかむと、うんうん引っぱりながら、「おい、みんなも早く手伝うんだよぅ!」とどなりました。
そこで、他の小人たちも大あわてで、レンガのまわりを取り囲むと、力いっぱい引っぱりはじめましたが、ケラの声は、「そこじゃないよぅ。ここだよぅ!」と、さっきよりもはっきりした声で聞こえてくるのでした。
「ここってそこだろう!」
「そこじゃないったらぁ……、ここだよう!ここだよう!」
声がだんだん近づいてくるので、おかしいと思ってみんなが顔を上げて川下の方を見ると、レンガ道の向こうから、ケラが夢中で手を振りながら、何だか見たことのある大人の小人を連れて、いっさんに走って来るのが見えました。
ユニオが真っ先に駆け出したので、みんなも「生きてたのか!」と言ってケラに走り寄りました。
ケラはユニオに抱き付いて、「ぼく生きてたよ!」と言うと、うしろから走ってきた大人の小人を指さして、「スッカラン村のアシホさんだよ。さっき、ぼくの命の恩人になったの。」と言いました。
その人は、以前みんながスッカラン村に来た時に、ペコン(どんぐりで作った打楽器)を叩いて歓迎してくれた、楽器作りがとても上手な人でした。
「この子が空から降って来た時にゃ、みんな本物のミー(神)だと言って大騒ぎになったんだ。だけど、話を聞いてみると、アンチャン村のタクの息子だと言うじゃないか。それで、みんなは大いそぎで歓迎の準備にとりかかることにし、おれは昔の村のあとに来ているかもしれない、おまえさん方を迎えに来たっていうわけさ。」
「スッカラン村はこの石の下に埋まってるの?」
ムスビがたずねると、アシホさんは、
「まさか、埋まってないよ。ずいぶん前に、ニーンマが川下から、この四角い石で河原の草地を埋めたてはじめたから、みんなで話し合って、村を安全な場所へ移しただけさ。いま村は、あのウヌイ(クヌギ)の木の下にあるよ。」
と言って、そこからちょっと離れた土手の斜面に生えた、土手下のひょろ長のクヌギよりももっと小さな、幼いクヌギの木を指さしました。
そして、みんなを土手の方へ連れて行きながら、
「村の人たちがお前たちの冒険談を聞きたくて、耳を長くしてお待ちかねなんだ。早く行こう。」
と急かしました。アンチャン村の子供たちは、旅の疲れもすっかり忘れて、「そうだ!ぼくらは川下りを成功させたんだ!」と言って跳びはねて喜びました。

つづく


img973cs-.jpg


 きょうは童話「アンチャンの小人たち」の、第13話を、書き進めてみたいと思います。

川下りの冒険に出たアンチャン村の小人たちの、一難去ってまた一難の物語です。
落葉といっしょに風に飛ばされてしまったケラは、はたして無事でしょうか?

--------------------------------


アンチャンの小人たち 第13話

ふいに、景色がぱっと開けて、小人たちの舟は、緑の草が茂った川岸の見える大きな川の、波立つ流れの中をゆっくりと進んでいました。
ウタオが振り返ると、先ほどの堰(せき)は、もうずいぶん遠くになっていて、川幅いっぱいに落ちた流れが、堰の下でゴウゴウと白いしぶきをあげていました。
「また沈没だ。だれか乗せてくれえ。」
誰かが大きな声で叫んだので、沖の方を見ると、舟底に穴が開いたらしいムスビが、かいをひしゃく代わりにして、水をしきりに、舟の外にかき出していました。ウタオがすぐに舟をこぎ寄せて、ムスビがすっかり沈んでしまう前に、自分の舟に乗せてやりました。
ユニオはさっきから、じっと目を凝らして、あたりの水面を見まわしています。
ツキヨも波がおさまるのを待ってから、立ち上がって遠くの流れや、岸辺の川沿いをくまなく見わたしました。
けれど、ケラの姿はどこにも見あたりませんでした。
「ひょっとすると、一人でスッカラン村に行ったんじゃないか。」
ウタオの舟に乗ったムスビが、大声でみんなに言いました。
みんな夢中でケラを探していたので、すっかり忘れていたのですが、彼らが目指していたスッカラン村は、もうすぐそこだったのです。
そこで、小人たちは、ひとまずスッカラン村に行ってみることにして、水際の浮草をかきわけて、チドメグサの薄い葉の茂った草むらに舟をこぎ着けました。
河原の土手の下に、一本の若いひょろ長のクヌギが立っているのが、草むらの葉っぱをすかして小人たちに見えました。
あのクヌギは、アンチャン村の大クヌギのどんぐりから育った子供で、スッカラン村がある場所の目印でした。
ケラ以外の小人たちは、川下りをして、この村に来た事が何度かあったので、歓迎のご馳走がどんなに美味しいかや、お返しの、ポロンや歌や踊りの披露がどんなに面白いかを、ケラにも話していました。だから、その話をケラが思い出したなら、スッカラン村の場所も、だいたい見当が付くはずでした。
ところが、小人たちは、草むらをだんだん進んで行くうちに、ケラがスッカラン村にたどり着くなんて、どうしたって無理じゃないか、と思うようになりました。
それはなぜか、というと、あの色とりどりの草花でいっぱいで、秋の収穫だって、きのこや木の実や、村人総出でも集めきれないくらい集まった、すてきな楽しい河原が、ずぅっと先の先まで、赤いレンガで真っ平らに敷き詰められて、まるで、干からび切った砂漠みたいな、さびしい景色に変えられてしまっていたからです。
クヌギの木の横には、二本の鉄柱で大きな看板が立ててあって、そこには、『大自然のさわやか散歩道』と書いてありました。
小人たちには、人間の字が読めませんでしたから、もちろん、その看板に何と書いてあるのかも、分からなかったのですが、でも、もし、私が仮に小人たちに、それを読んで聞かせて、意味を教えてあげたとしても、ぜったいに納得しなかったでしょう。

つづく


img968cs-.jpg




 きょうは、お絵描き仲間のにゃんたろさんに触発されて、このブログの「バナー」というものを作ってみたので、ご紹介します。
バナーというのは、リンクに張り付ける飾り用の画像の事です。


nb20088.jpg


nb20088 2


クリックすると、画像に書いてあるサイトに行ける、という、こんな小さな画像を、ブログやホームページで見かけたことがあるでしょう。それがバナーです。
他の人のブログに設置してもらって、自分のサイトを紹介するのに用います。(文字だけの「リンク」の豪華版、みたいなものですね。)


バナーの設置方法は、ブログによって異なるので、「自分が利用しているブログサービス名」と「バナーを設置する」というキーワードで検索して、設置する方法を解説したサイトを見つけて参考にして下さい。(コピーしてポンと貼り付ければいいだけかと思ったら、けっこうややこしいのです。)

ちなみに、このバナーの画像は、私が去年書いた童話に登場する、ナンナ(猫)とブーウ(犬)というキャラクターです。リンク自由ですのでどうぞよろしくお願いします。


このブログのURL http://rakugakikobito.blog.fc2.com/

バナー用画像URL
・キャラの名前入りバージョン(200×88) http://blog-imgs-90.fc2.com/r/a/k/rakugakikobito/nb20088.jpg
・キャラの名前なしバージョン(200×65) http://blog-imgs-90.fc2.com/r/a/k/rakugakikobito/2016011303385173b.jpg

拍手ボタン
 こんにちは。いつまでもお正月気分の抜けないこびとです。
きょうは、新作の短編童話が書けたので、ご紹介します。
タイトルは、「アルマジロさんとはりねずみくん」です。
以前、図書館で、「がまくんとかえるくん」(アーノルド・ローベル作・絵)という、児童向けの絵本のシリーズをまとめ読みして、似た感じの、小さい子向けの、主人公が二人いるお話を書きたいな、と思っていたので、書きあげることができて嬉しいです。

「がまくんとかえるくんシリーズ」の、「ふたりはともだち」という本の中の、「おてがみ」というお話は、小学校の国語の教科書にも載っているので、覚えている方も多いのではないかと思います。手紙をもらったことがないがまくんのために、かえるくんが手紙を書くのですが、かたつむりくんに配達を頼んだために、待てど暮らせど、なかなかがまくんに届かない・・・、という内容です。文字数の少ない、非常にシンプルなお話なのに、独特の、土の香りのようなリアリティを感じる作品です。
私もいつか、そういう、生活感がにじみ出たような作品を、書けるようになりたいものです。




アルマジロさんとはりねずみくん

アルマジロさんが、頭をかしげながら、歩いて来ました。
はりねずみくんが、家の窓から、アルマジロさんを見つけて、「アルマジロさん。いらっしゃい。」とあいさつしました。
アルマジロさんは、はりねずみくんの家にあがると、
「おや、もう着いちゃったな。やぁ。はりねずみくん。」と言って、はりねずみくんとならんで椅子に腰かけました。
はりねずみくんが、
「何を考えていたんだい。」
と聞くと、
「どうも、ぼくは、大事なことを、忘れたようなんだ。」
と、残念そうにアルマジロさんが答えました。
「何を。」
「それがなんだか、分からないから、こうやって、困っているってわけさ。」
はりねずみくんは、腕組みして、いっしょに考えてあげることにしましたが、なにを忘れたか知らないはりねずみくんには、もちろん、なんにも思いうかびませんので、アルマジロさんに、
「どんなことなの。」
とたずねました。
アルマジロさんは、両腕を前に伸ばして、大きなものを、かかえる仕草をして、
「なんだか、丸いような気がするよ。」と言いました。
「たまごかい?」
「いや、たまごじゃない。」
「お月さまかい?」
「いや、お月さまじゃない。」
アルマジロさんは、今度は両の手のひらで小さな輪っかを作って、
「たまごの方が、近かったようだよ。」
と言いました。
「じゃあ、白いんだね。」
「ううん。茶色だったよ。しいたけの、かさの色だったよ。そして、たまごより、うんと固いの。」
「どこにあるの?」
「森に落ちてるの。」
「どんな日に。」
「風の日に。森を歩いてると、木の下に落っこちてるよ。」
「小さな、パイナップルのようなものでしょう?」
「そう!」
「たまごのようで、かたくって、しいたけのかさの色で、風の日に森の木の下に落っこちていて、ごつごつしたところが、アルマジロさんの背中に似てるものでしょう?」
「それ!」
アルマジロさんは、すっかり思い出せたので、手をたたいてよろこびました。
でも、はりねずみくんが、腕組みをしたまま、
「あれ、なんだっけ?」
と言ったので、アルマジロさんはきょとんとして、
「なんだったっけ?」
と言うと、はりねずみくんと顔を見合わせて、いっしょに、頭をかかえました。

さあ皆さん、アルマジロさんと、はりねずみくんが、何を思い出せないのか、もう分かりましたね?
もし分かったなら、二人を驚かせないように、そうっと近づいて、耳元でこっそり、それがなんなのか、教えてあげて下さいね。

おしまい





img962s-.jpg


 きょうは、ファンタジー小説、「魔法使いサキの物語」の、第11章・第3話を書き進めてみようと思います。
前回に続いて、カイザールがサキに、自分の半生について物語ります。
挿絵は、漫画的にならないように意識しながら描きました。
いつもより、文章が長くなりましたが、絵と物語を照らし合わせながら、楽しんで頂けると嬉しいです。

-------------------------------


魔法使いサキの物語 第11章・第3話
カイザールがサキに物語る -魔法庁に仕官するまでの事-その2


「プントが去ると、俺は、自然派か、進歩派か、どちらの味方につくのか迫られることになった。
もちろん、俺はスナクフ様とコネのある進歩派に組することにしたが、自然派の連中は俺を裏切り者だと言って、プントの代わりに今度は俺を目の敵にしはじめた。この二派は、三法者のうちの二人、ヌマ様とミタマ様の主義の違いから端を発した派閥で、弟子は師と同じ派閥に属するのが暗黙の習わしになっていた。
ちょうどそのころ、俺はプントから紹介された薬師のシャムスフェッドの娘ガラと恋仲になった。シャムスフェッドは初歩的な魔法が使えたが、魔法試験を受けてはおらず正式な魔法使いではなかった。プントから俺の魔法の才能を吹聴されていたシャムスフェッドは、この先俺が魔法庁で成功すると踏んで、ガラを俺に近付けようとしたが、俺としても、ヘルムードの魔法使いや商人、それに貴族たちにも顔が利くシャムスフェッドと手を結べるのは願ったりだったし、なにより、ガラは商いに長けた如才ない女で、父と同様に、俺の魔法の力を家業の発展に利用できると踏んでいたから、俺たちは互いに、利益をもたらし合うことを期待した運命共同体のようなものだった。
やがて、俺はガラを妻に迎え、一人娘を授かり、薬師の仕事を通じて人脈を広げながら、フラトの魔法使い受け入れが本格化するのを待ち続けた。
その間にも、自然派と進歩派の若い連中は抗争を続けていて、俺がヘルムードに来て三年も経つ頃には、両派の関係は抜き差しならないところまで悪化していた。
俺はどちらの派にも肩入れしないように努めていたが、ヘブは結束の固い地元の自然派の連中ではなく、よそ者の俺から自然派の情報を仕入れたがったし、ヘブの根回しで魔法庁がヘルムードの魔法使いの一部を登用する事が確実になってくると、この好機を逃したくない俺としても、魔法庁への推薦をちらつかせるヘブからの要求を、拒み続けることはできなくなっていった。
そして、いよいよフラトから、ヘブに登用の通知が届き、俺を含めて四人の魔法使いが、ヘブに同行することが決まった時、その事件は起こった。
俺が自然派から裏切り者と非難され始めた後も、交流の続いていた自然派の魔法使いがいて、名前はコンドゥといったが、俺たちがフラトへ出発する前日の夜半に、彼が深刻な面持ちで俺の家を訪ねてきた。
話を聞くと、自然派の有力者で、シャムスフェッドとも親交の深いグリムゴールトが、その日の朝に魔法使い狩りに遭って、審問官に捕らえられたという事だった。
「自然派の連中は、変名で暮らしていたグリムゴールト様の素性や居場所を役人に漏らしたのは、進歩派の連中に違いないと言っている。そして、その情報を進歩派に漏らしたのは、お前ではないかと疑っている。」
コンドゥはそう言って、俺の目をまっすぐに見た。
俺は実際に、グリムゴールトの事を、ヘブに話したことがあった。ただ、俺自身、グリムゴールトに直接会った事はなく、自然派の若手を束ねている指導者だということを、シャムスフェッドやプントから聞かされていたので、それをヘブに話しただけだった。
だが、その情報を基に、ヘブがグリムゴールトを探し当て、役人に密告したのだとしたら、それは俺が居場所を明かしたのも同然だった。
俺が黙っているので、コンドゥは表情を険しくして、
「今回ばかりは、俺もかばいようがない。若い連中は明日にも行動を起こすだろう。お前は家族を連れて、すぐにもヘルムードを離れた方が良い。」
と言い残して去って行った。
フラト行きを翌朝に控えて、俺がこの問題でとれる方策は限られていた。もしヘブが密告者だったとしたら、今後の事を相談するのはあまりに不用意だったし、シャムスフェッドやガラに事情を打ち明けて、これまで築いてきた地位や富を全て捨てて、ヘルムードから逃れるようにと伝える事など、何も起きていないその時点ではできるはずもなかった。それに、自然派の連中は俺を恨んでいるのだから、俺さえヘルムードから去ってしまえば、家族に危害を加えることもないのではないか、という楽観的な考えもあった。
だから俺は、朝になって外出先から戻ったシャムスフェッドが、「グリムゴールトが審問官に捕縛されたようだ。」と話した時、彼が状況を把握したのだから、たとえ何が起きても、上手く対処してくれるはずだ、と、内心すっかり安堵したのだった。
それで、俺はシャムスフェッドにもガラにも何も伝えずに、ヘブの一行に加わってヘルムードを後にすることにした。
ガラは、昨夜から娘が熱を出して寝ていたので、「薬師の家に病人がいては信用に関わるから、早く治さないといけない。」と冗談交じりに言いながら俺を見送った。
それが、俺たちの、最後の会話になった。
その日の夜に、自然派はグリムゴールトを開放するため、彼が収監された牢を襲い、それを事前に察知して待ち構えていた軍隊と激しい攻防になった。
間をおかず、軍隊は街に展開して徹底した魔法使い狩りを開始した。魔法使いたちが牢を襲ったと知った市民は、それぞれに武器を持って軍隊に加勢し、自然派も進歩派も関係なく、多くの魔法使いがこの混乱の中で捕縛され、あるいは命を落としていった。
ガラと娘も、魔法使いの仲間だという情報を得た兵士や市民から家を包囲され、投石を受けた上に火をかけられて殺されたそうだ。
俺はそのことを、バレシニアで、逃げ延びてきたシャムスフェッドから知らされた。
ヘルムードではそれから六カ月もの間、魔法使い狩りが続き、生き延びた魔法使いたちは難民となって方々の国々に逃れて行ったという事だ。
不思議なことに、俺の魔法の力は、ガラと娘の死を聞いたときに、大きく失われてしまった。
フラトでの成功をあれほど求めていた俺は、結局、ヘブの口利きで、あんな辺境の国境警備団員の職にあり付くのがやっとだった、という次第さ。」
「お嬢さんの名前は?」
「娘の名前は、サリといったよ……。」


(カイザールがサキに物語った自身の半生についての話はこれで完結です。)
つづく


img966cs-.jpg




明けましておめでとうございます。
2016年も、Kobitoのブログをよろしくお願いします。

今日は、B.J.トーマスの「Raindrops Keep Fallin' On My Head(雨にぬれても)」という曲を、日本語訳詞にして歌ってみたので、その動画をご紹介します。

素の声だと、自分で聴いていて赤面してしまうので、編集ソフトでピッチ(音程)を上げて、子供の声のように加工してあります。

風呂場で歌っているようにリバーブも掛けていますが、実際は河原の土手で録音したので、よく聴くと小鳥のさえずりが入っています。

雑音が多いので、歌声が聴き取りにくいんですが、歌詞を見ながらメロディに合わせて一緒に歌って楽しんでもらえると嬉しいです。







2016年01月|Kobitoのお絵描きブログ .767.763.761.758.756.754