いよいよ、夏本番という暑さになってきましたね。
きょうは、オリジナルの新作童話、「アンチャンの小人たち」の、第7話を書き進めてみたので、ご紹介します。
小人たちが、落葉の舟に乗って川下りをする、ごくシンプルなお話です。

前回、小さな渦に巻き込まれて動けなくなった小人たちの舟ですが、さて、今回上手くピンチを切り抜けることができたでしょうか。

挿絵は、ハガキサイズのケントボードに鉛筆で描いたものです。
絵を見るだけでも、さらに厄介な事に巻き込まれているのが分かりますね。

では、挿絵の下から、お話の続きを始める事にしましょう・・・。

img848cs-.jpg


ーアンチャンの小人たち 第7話ー

小人たちは、舟が傾かないように、左右に分かれて舟べりにうつぶせると、手やかいで水面をぱちゃぱちゃ叩きはじめました。
こんなことで、ほんとうに魚が集まるのかしらと、みなさんは首をかしげてしまうかもしれませんね。だけど、人間と違って小人たちの立てる音はごくささやかですから、魚たちもびっくりするよりは、何だろうと思って、かえって確かめるために集まって来てしまうものなのですよ。
ほら、さっそく、短い針のようなハヤの子供たちが、ススキのやぶ影からちらほら出てきて、もやもやした雲のような群れになりながら、落葉の小舟に近づいてきましたよ。
あんなちっぽけなハヤだって、小人たちにとっては、両手でやっと抱えられるくらい、大物なんですね。だから、そんな大物たちが、舟のまわりに集まってきて、所せましと泳ぎ回るようすは、大した見ものでしたし、もっとたくさん集めようと思って、小人たちが水面をいっそう力いっぱい叩き続けたとしても無理はありません。
それで、どうなったかというと、沖の方の水草の中で眠っていた、(小人たちにとっては)鯨のように大きな白い鯉が、その騒ぎを聞きつけて、のそりと体の向きを変えると、ゆっくりと舟の方に近づいて来たのです。
ウタオは、そのまぶしく光る鯉が、水面近くを泳いで迫っているのに、ようやく気がつくと、ぎょっとして、「みんな静かに!」と小声で言うと、鯉の方をせわしく指で示しました。
鯉は舟のすぐそばまで来ると、水から顔を出して、オプオプと口を動かしながら、さらに手探りするようにふらふらと近づいてきました。
みんなは舟のまん中で、お互いにしっかり抱き合ってふるえていましたが、とうとう鯉が口先で舟をつつきはじめたので、ムスビが鼻息も荒く立ち上がると、「あっち行け!」と言いながら、鯉のくちびるを、握りしめたかいで思い切りひっぱたきました。
不意打ちにたまげた鯉は、バチャッと身をひるがえして逃げて行きましたが、その拍子に小人たちの舟は、鯉の尾で高々と空に跳ね上げられて、羽根つきの羽根のように、山なりに勢いよく川下の方へ飛ばされてしまいました。

つづく



 今日は、YouTubeで公開されている、安保関連法案に関する動画を紹介します。
自民党が作成したPR動画を基にして、個人が作成したパロディ動画だそうです。

自民党版では、安保関連法案の必要性を男性が平易な言葉で女子学生に説明する内容になっていますが、このパロディ版では、男性の言い分の矛盾点を、女子学生が鋭く指摘して行くという内容に作り変えられています。





 きょうは、新作童話「アンチャンの小人たち」の、第6話を書き進めたので、ご紹介します。
小人たちが、葉っぱの舟に乗って、川下りをする物語です。

挿絵は、川下りをしている五人の小人たちの特徴が、より分かるように正面から描いた紹介画です。

img846c2s-.jpg

ーアンチャンの小人たち 第6話ー

舟に振り回されて川に落っこちそうになったケラは、ユニオから服をつかまれて尻もちをつくと、まるで公園の遊具で遊んでいるように「とまれぇ。」と言いながらすっかりはしゃいで笑いました。
めいめい、振り落とされないように身を低くしていた小人たちは、ケラの赤ん坊のようにかん高い笑い方があんまり愉快だったので、思わずつりこまれて笑ってしまいました。
それにしても、どうやってこの渦から、舟を抜け出させたらよいのでしょう。
「一つ方法はあるんだ。でもあんまりいい方法じゃないよ。」
ウタオが言ったので、ムスビが、「何も方法がないより、いい方法じゃない方がましだな。」と言って話をうながしました。
そこでウタオが言いました。「漁をする時の要領で、オプオプをおびき寄せるのさ。舟の下でオプオプが泳ぎ回れば、流れが変わって、マールマールから抜け出せるかもしれない。」
漁というのは、水面をかいや棒切れなどで叩いて、小魚をおびき寄せる、小人たちの昔ながらの知恵です。
「とってもいい考えだわ。ねえユニオもそう思うでしょう。」ツキヨがたずねたので、ケラを抱えたユニオは、もちろんと言うように深々とうなずきました。


つづく




 今日は、近所の花火大会で撮った写真をご紹介します。

私の持っているデジカメは、シャッターを切った瞬間撮影できるのではなく、0.5秒ほど間があってシャッターが切れるので、花火が一番きれいに広がった状態を撮るには、もっと早い段階でシャッターを押しておかなければならず、タイミングを先読みしながらの撮影になりました。(これがけっこう難しいのです。)
打ち上げ場所がすぐ近くという好位置で見ることができたので、ドカンドカンと身体に響く音圧と、火花が迫ってくるような大迫力を楽しめました。

DSCF2833 - コピーs-





DSCF2800 - コピーs-





DSCF2816s-.jpg

 今日は、オリジナルの新作童話、「アンチャンの小人たち」の、第5話を書いてみたので、ご紹介します。
涼しい梅雨から一転、台風が暑い夏を運んできましたが、愉快な小人たちの川下りのようすを読んで、しばしの涼を楽しんで頂けれればと思います。
挿絵は、今回のために描き下ろしたもので、これで完成です。


img845cs-.jpg

ーアンチャンの小人たち 第5話ー

ツキヨは舟べりに腰かけて、素足を水にひたしながら、ススキの葉のこずえを透かす陽の光を見あげました。
「プチの光は、葉っぱも花びらも光らせる。私のからだも光らせる。」
手のひらで陽の光をさえぎると、ほんとうにふちのところが、炭火が燃えているように、光って見えました。
ツキヨは自分が、葉っぱや花びらと同じものでできているという事が、何より素敵だと思いました。
その時、船首に立って、ゆく手を見はっていたウタオが、ムスビを振り返って、
「マールマール(うず)があるぞ。とり舵いっぱい!」と言いました。
ムスビは「とり舵一杯!」と答えながら、舟の右舷に飛んで行って、水にかいを差し、せっせとこいで進路を変えようとしました。でも、その時にはもう、うずの力が舟をしっかりとつかまえていて、舟はだんだん速度を増しながら、ゆるやかな弧を描くように、うずに引き寄せられて行きました。
このうずだって、私たち人間から見れば、川底の小石が作ったただのちっぽけな流れの変化でしかないのですが、小人たちにしてみれば、大海峡で船の航行を妨げる魔物のように大きなうず潮と、たいした違いはないのでした。
葉っぱの舟は渦のまん中まで来ると、くるくるくるくる、同じ所で回っているばかりになって、ちっとも前に進まなくなってしまいました。


つづく


 物語を書くときに、完成後の文章の長さを正確に決められる人って、居るんでしょうか?
私は、いつも短くまとめようと思って、その何倍も長くなってしまいます。
今回は、できる限り文章を短くすることに注意して、しかも十分世界観にひたれる、そういうお話を書いてみようと思います。
普段書いているファンタジーとは違う、現実の世界での出来事がテーマです。
題名は、「あじさいとちこ」です。
挿絵は、和紙にアクリル絵の具で描きました。
それでは、絵の下から物語をお楽しみ下さい。

ajisaiaka1s-.jpg




「あじさいとちこ」

こんもりした小山に、ことしもたくさんのあじさいが咲きました。
ちこはお父さんお母さんと一緒に、梅雨の晴れ間に、車でその小山に出かけました。
お母さんは、せっかちだったので、車を降りると、日傘をさして、青や紫のあじさいが咲いた小道を、一人でどんどん公園の方へ歩いて行きました。
ちこは公園の奥の方の、鮮やかな赤いあじさいのところへ、早く行きたいなと思いながら、足の遅いお父さんと並んで、ゆっくりゆっくり歩いて行きました。
赤いあじさいは、ちょうど満開で、花も葉も瑞々しく、石段の横の斜面をおおうように咲いていました。
お父さんとちこは、その花々の間の階段を上って、公園のてっぺんにある展望台を目指しました。
だんだらの緩やかな坂道を歩いて、やっと展望台の頂上につくと、そこからは、鉄道模型のようにちっぽけな家々の並ぶ市街地が、うっすらした遠くの山々のすそ野まで広がっているのが見えました。ちこはその街並みの中から、自分たちの家を探しはじめましたが、なかなか見つけられないので、お父さんに「私たちの家はどのへん?」とたずねました。
お父さんは、街外れの海岸の方を指さしながら、「あそこに灰色のビルがあるだろう。それと、横の方の広い屋根の工場ね、あのあたりに家があるよ。」と言いました。
ちこは、お父さんが教えた場所が、やっぱり見分けられなかったので、
「お父さんはあんな遠くのものがはっきりと見えるんだね。」
とたずねました。
お父さんは当たり前だというように、
「年を取ると遠視になるんだよ。」
と答えました。
しばらく、知っているデパートや遊園地の場所を教え合ってから、二人は展望台を下りて来ました。すると、階段の下の開けた草地では、そろいの青い半そでを着た幼稚園児たちが、大きなビニールのサッカーボールを、親鳥を追うひよこみたいに追いかけまわして遊んでいました。ちこは、展望台の景色もそうですが、こんなに和やかな光景を、お母さんも一緒に見られたらよかったのに、と思いました。
お母さんは、もう一人で公園の周りを歩いてきたようで、駐車場の前の小道のところで待っていました。そして、ちこたちが近づくと、「こっちに珍しいあじさいがあるよ。」と言って、二人を案内して小道を駐車場の少し先まで歩いて行きました。
そして、がくあじさいらしいその花の前に来ると、
「このあじさいが一番きれい。」と言いながら、茎をつまんで花が良く見えるように、ちこたちの方に傾けました。
ちこはその、水色の星形の明かりが、細い柄(え)の先に灯されて、たくさん掲げられたような、珍しいあじさいの花が、自分も一番きれいだと思えたので、嬉しくなってうなずきました。
それから、三人は、カシの木陰のベンチに腰掛け、自動販売機で買った冷たい緑茶で一服すると、お父さんの運転する車で、それぞれに見たことを、代わり番こに語り合いながら、あの鉄道模型のように入り組んだ街並みの中の家に帰って行きました。


おしまい








2015年07月|Kobitoのお絵描きブログ .675.674.673.672.671.669