こんにちは。
きょうは、『魔法使いサキの物語』の、第9章第6話を書き進めてみます。
内容は、カイザールがサキに物語る、カン・ソクの冒険譚の完結編です。
挿絵は、今まで部分的に公開してきましたが、これが全体図です。
ぼんやりと薄い絵なので、何が描いてあるか分かりづらいかと思いますが、空を飛び火を吐く竜に、カン・ソクが弓を持って立ち向かう様子が描かれています。

それでは、さっそく絵の下から、お話の続きをお楽しみ下さい。

img821c2s-.jpg


ーカイザールが物語るー
ブリーズ海の暴れ竜を退治した魔法使い 後篇2(完結)

翌日、サズメ王は兵士に命じてイヅミの生い立ちを村中に尋ね回らせました。その結果、イヅミは先祖代々この村で暮らしている一族の者であり、たいていの村人がイヅミを子供の頃から知っている、という事が分かりました。
さらに、兵士はバザムについても調べましたが、彼は他所から移り住んだ男で、詳しい素性を知っている者は、村に一人もいないと分かりました。
一方で、竜退治の準備は着々と進み、村の各所には丸太を組んだ頑丈な塀や、弓を射るための大きな高見やぐらが立てられました。さらに、浜から村の中心にかけての開けた場所には、民家が一軒入りそうなほど大きな落とし穴がいくつも作られました。(サズメ王はこの落とし穴を利用して、あわよくば、竜を生け捕りにして、王宮に持ち帰ろうと考えていたのです。)
やがて、霧でぼんやりかすんでいた太陽が、消え入るように水平線の向こうに暮れて行きますと、その霧がしだいしだいに濃くなって、夕焼けの残照がすっかりなくなる頃には、村中三尺先も見通せないようなまっくら闇に包まれてしまいました。
塀の陰に隠れた槍兵たちや、やぐらの上の弓兵たちは、露ですっかり衣服や武具を湿らせながら、竜が現れるのを固唾をのんで待ち構えていたのですが、この霧の甘いこと、涼やかなことに気持ちが緩んできて、ついうつらうつらとするうちに、とうとう仲間にもたれて眠り込んでしまう者まで出てきました。
その眠りは、ツムの村に居る者全体に広がって、やがては村人たちや兵士たち、司令官やサズメ王も含めて、一人残らず、夢も見ない深い眠りに落ちてしまいました。
ほどなく、ブリーズ海の沖の方から、生ぬるい風が吹き、ギシギシという気味の悪い羽音が、ツムの村に近づいてきました。
その羽音は、海岸の高い崖の上まで来たところで留まって、大きな獣がうなるような低い声で、
「今夜が最後だ。お前が契約を果たさないなら、俺はこの村を草一本生えないほど焼き尽くすだろう。」
と言いました。
崖の上には、一人の女が立っていて、羽音の方に向かってこう叫びました。
「バザム!私が分かって?あなたの妻のイヅミよ!」
イヅミは、ギンバースの伝統衣装のサラージェを身に着けて、地面に膝をつくと、拝むように両手を胸で握ってこう続けました。
「私が悪かったのよ!あなたを利用して、父を守ろうとするなんて、間違っていたわ。どうか、私のところに戻ってきて!」
「無駄だ。バザムは俺に魂をさし出し、俺の一部となっている。そして、お前は今度は三法者の書を、約束通り俺にさし出さなければならない。」
霧の中から、三本指の鳥の脚のようなものが伸びて、イヅミを捕まえようとしました。
その時、「お前はまだバザムとの契約下にあるはずだ。イヅミに手を出せばただでは済まぬぞ。」
と言って、イヅミを守るように立ちはだかったのは、まばゆい光に包まれた弓を携えたカン・ソクでした。
カン・ソクは光の弓を高々と掲げて、分厚い霧を照らすと、水平に線を引くように左右に振りました。すると、霧はかき乱されたように真っ二つに裂け、そこから明るい月の光がぼんやりと透けて見えました。
カン・ソクは晴れかかった霧に向かって、大声で呼びかけました。
「竜よ。三法者の書のありかを知りたければ、私と魔法で勝負しろ。」
すると、霧の裂け目の中から、にわかに竜が姿を現しました。長い首、ワニのような頭、そして五間ほどもある大きな体は、銀色に光る分厚いうろこでびっしりと被われ、体のさらに何倍も大きな翼が、激しく空を打ってはあたりに嵐のような突風を巻き起こしていました。
竜はひび割れた地鳴りのような低い声で言いました。
「カン・ソクよ。お前ごときの魔法の力で、この俺の魔力を征することができると思っているのか。」
「もちろんだ。私はお前がなぜ三法者の書を欲しているか知っているのだからな。」
竜は一瞬ひるんだように見えましたが、大口を開けると真っ赤な炎をカン・ソクに向かって吐きかけました。
カン・ソクはそれを光の弓で払いのけると、素早く光の矢をつがえて、竜に向けて引き絞りました。
地面にひれ伏したイヅミが、竜を見あげて叫びました。
「バザム!もういいのよ。あなただけでも生き延びて!」
竜は火を吐き続けながら、早口の金切り声で叫びました。
「俺を殺せばバザムの命もないぞ!」
「そんなことにはならないさ。」
カン・ソクは微動だにせず狙いを定め、弦から光の粒をいっせいに散らしながら矢を放ちました。
矢はまっすぐ飛んで竜の胸に突き立ち、悲鳴を上げた竜は、あぶくを吐きながら崩れ落ちるように海に落下して行きました。
イヅミは悲嘆にくれて泣き伏しました。
カン・ソクはイヅミを支え起こすと、
「あきらめるのはまだ早い。」
と励ましながら、いっしょに崖を下りて行きました。
霧がずいぶん晴れたので、あたりはすっかり明るくなり、岩場も凪(な)いだ海も、遠くまで青白く見渡すことができました。
イヅミは岩場から少し離れた水面に、人影が漂っているのを見つけると、我を忘れて海に飛び込み、一心に泳いでそちらに近づいて行きました。
浮かんでいたのは、バザムと、彼に抱えられたヨナ王でした。
イヅミは二人をつかんで岸辺まで戻ると、カン・ソクに助けられて岩場に二人を引き上げました。
バザムは引き上げられるとすぐに、口から水を吐きましたが、その中には真珠のような、白く光る小さな玉が混じっていました。
カン・ソクが玉を拾うと、それは粉々に砕けて、中から大きな分厚い一冊の書物が飛び出して来ました。これこそが、竜が是が非でも欲しがっていた三法者の書でした。
バザムはこの三法者の書を、魔法で小さくして自分の体の中に隠していたのです。そして、それを竜に悟らせないために、自分やイヅミの記憶を消し去り、自ら竜に呑まれるという離れ業をやってのけたのでした。
カン・ソクは三法者の書を懐(ふところ)にしまうと、
「私は、ヨナ王とバザム、二つの魂を再び二つに分かつ境目を射ぬいたのです。二つの魂をつないでいた竜の心は、そのはざまで引き裂かれて消え去りました。」
と言って、イヅミが介抱するヨナ王の首に下がったネックレスを外して、イヅミに見せました。
ネックレスに使われていた蒼玉は、かつての幻惑するような輝きを失って、真っ二つに割れたただの石ころになっていました。
イヅミはバザムもヨナ王も生きていることが分かると、涙を流してカン・ソクに頭を下げました。

翌朝、目を覚ましたサズメ王は、昨夜の出来事をカン・ソクから聞いて、実際に自分の目でその決闘を見られなかったことをたいそう悔しがりました。また、正気を取り戻したヨナ王と面会し、あらためてイヅミとバザムを紹介されたサズメ王は、ヨナ王の命を救った二人の献身ぶりを大いに賞賛し、ヨナ王に対して、「身分は違えど、これほど愛し合っている二人を、よもや再び分かつようなまねは致しますまいな。」と尋ねました。
ヨナ王は二度うなずき、「わしの王国が委ねられるとすれば、この男をおいて他にはない。」と言って、バザムとイヅミの手を取り、バザムには共にギンバースへ戻って王位を継いでほしいとさえ伝えました。
バザムはとまどいましたが、イヅミの求めもあって、その申し出に応じる事にしました。
ギンバースに帰国後、ヨナ王は無理がたたって病の床に伏し、バザムがヨナ王の指名を受けて、あわただしく王位に就く事になりました。
そして、バザムとイヅミの結婚式は、先王の臨席の下で盛大に執り行われ、二人は晴れて、国中が認める夫婦となることができたというわけです。

つまりはこれが、今日では良王として名を残しているバザムが、王妃のイヅミと共に、ギンバースを治める事になった本当のいきさつなのです。


(カイザールが物語った竜退治の話はこれで完結です。)
つづく



 今日は、教訓話風の童話を書いてみたので、ご紹介します。
タイトルは、『窓』といいます。
読んでもらえればわかりますが、これはインターネットや携帯電話上の交流でよく見られる、ひとり言を相手に向けて発信する寒々しさについての、一つの不満の表明です。(ただの批判ではなく、自戒と、忠言を込めて書きました。)

ひとり言に返事をする事が、どんなにむなしい行為か、作中の登場人物たちのやりとりから感じ取ってもらえれば幸いです。

img839cs-.jpg

『窓』

すぎおが越してきた部屋には、北側に、手のひらくらいの大きさの小さな窓が付いていました。
窓から見えるのは、となりの家の壁だけでしたし、作り付けてあったので、開くこともできませんでした。それに、冬だったので、窓には露がおりて、うっすら白く曇っていました。
夜になって、すぎおはその窓に、誰かが指で書いたらしい、文字が映っているのに気が付きました。
そこには、「世界中の人々が、違いを認めあって、仲良く暮らせるように願っています。」と、書いてありました。
すぎおは、これを書いたのは、とても優しい人なんだな、と思ったので、余白に、「私も、そうなったらいいなと思います。」と書き込みました。
すると、次の日の夜、窓には、あたらしく露がおりて、そこに、昨日の字で、「今日は月が丸くてきれいですね。」という返事が書いてありました。
すぎおは、外に出てみて、満月がとても明るく、通りを照らしているのを見て、部屋に戻ると、
「本当にきれいですね。月はすすき色に光るのに、通りは青白く照らされていて、ふしぎでした。」と書き込みました。
次の日の夜、すぎおが窓を見ると、そこには、
「今日は、デパートでめずらしい緑と黒の縞模様のかばんを買って、あんみつを食べました。美味しかったです。」
と書いてありました。
すぎおは、
「楽しいお出かけになりましたね。緑と黒の縞模様のかばんは、お洒落で洋服とも合わせやすそうですね。私も甘いものが大好きです。」
と返事を書きました。
すると、次の日、窓にはやっぱり、書き込みがあって、
「今日はピアノで『町娘の踊り』の練習をしました。休み休み、長い時間弾いていたので、少し早く弾けるようになりました。」
と書いてありました。
すぎおは、「ピアノが弾けるんですね。『町娘の踊り』とはどんな曲かな。好きな曲が、自由に弾けたら、さぞかし楽しいでしょうね。」
と返事しました。
さて、次の日、窓には、またあたらしく、こんな書き込みがありました。
「今日は、少しやせようと思って、部屋で半時間ほど体操をして、夕食は軽い食事で済ませました。やせたら、デパートで見つけた、サイズの小さい、きれいな花柄の服を買いたいです。」
すぎおは、考え考え、
「やせるには、運動が一番ですからね。お気に入りの服が買えるように応援しています。」
と書きました。
そして、きょう、窓には、ピクニックに行って楽しかったということが書いてありましたが、すぎおはもう、返事を書きたいとは思いませんでした。
そして、その次の日、すぎおは窓に、花の苗を買ったという一文が書かれているのを見ると、カーテンを取りつけて、文字を見なくても済むようにしました。
そうするのが、自分にとって、一番安らげると思ったからです。
こういうことは、残念ながら今の世の中では、わりとめずらしくないのですよ。


おしまい


 近所の自然公園で、バラ(薔薇)園が見ごろになったので、休日に車で行ってみました。今日は、その時デジカメで撮った写真をご紹介します。
バラって、すごく華美なイメージがあって、素朴な物が好きな私にはちょっと親しみ難いように思っていたんですが、実際にたくさんのバラに囲まれてみると、そんなことは全くなくて、一生けんめいに咲いている美しさは、ほかの植物と何ら変わりがないという事が分かりました。

DSCF2677s-.jpg




DSCF2696s-.jpg



DSCF2700s-.jpg



DSCF2716s-.jpg




DSCF2731s-.jpg

花のそばにはそれぞれ、品種名が書いたプレートが立てられていましたが、それらは見ずに、花だけを鑑賞して周りました。
バラの特徴として、品種の多さ、色や形の多様さが挙げられると思いますが、そういう個性のある花々が、庭師によってさまざまに組み合わされて、庭園を賑やかに彩っているようすは、本当に見事で感心させられます。

それに、晴れの日に、きらきら光るようなバラを見て回るのは、なんとも気持ちの良い体験です。
昔から、西洋のお城や宮殿の庭園で、薔薇が好んで植えられたのは、単に派手で豪華なだけではなく、優しさや素直さも兼ね備えた花だったからではないかな、と感じました。


こんばんは。
今日はひさしぶりに、『魔法使いサキの物語』の第9章・第5話を書き進めてみます。
カイザールがサキに物語る、カン・ソクの冒険譚の後編、その1です。

今回の内容は、冒険譚の登場人物イヅミが語る回想なので、物語の中で語られる物語という入れ子方式になっています。
挿絵は、イヅミの姿を写したものです。
それでは、絵の下から物語をお楽しみ下さい。


img821c2 - コピー (2)

ーカイザールが物語るー
ブリーズ海の暴れ竜を退治した魔法使い 後編1
『イヅミの回想』

「ギンバースの王宮には宝物庫があり、世界中から集められた珍しい品々が収められております。その中に、『三法者の書』は厳重な魔法の封印をほどこされて保管されていました。私の父であるヨナ王は、その書物を、オルゴという魔法使いをだまして奪い取ったと聞いております。
ある日、王宮にフェルノポルタの隊商が訪ねてきました。彼らは西方で手に入れた貴重な品々を売りに来るのですが、その日は竜が封じられているという底光りする蒼玉(そうぎょく)を持ってまいりました。ヨナ王はその蒼玉の怪しい光がいたく気に入り、商人が要求した途方もない大金を支払って手に入れました。
蒼玉は宝物庫には収められず、ペンダントに仕立てられてヨナ王の胸に飾られました。
ヨナ王のようすがおかしくなったのは、それからです。
蒼玉を、いつも肌身離さず持ち歩くようになり、時には何時間も、一心にその光をながめつづけ、他の事は目に入らなくなって行きました。粗暴さが目立つようになり、玉を見ている時に家臣が話しかけようものなら、怒鳴りつけて追い払うこともありました。
そして、とうとうある日、私は見たのです。
変わってしまったヨナ王を諭すために、私が王の私室を訪れると、ヨナ王は薄暗い部屋で、蒼玉の放つ青白い光に照らされていました。そして、こんなことを、蒼玉に話しかけていたのです。
「おれはずいぶんな力を得たが、この程度では三法者の書の封印はまだ解けない。しかし、じきに三法者の書を手に入れ、蒼玉から俺の肉体を開放することができれば、俺は世界の支配者にもなれるのだ。」
そう言ったヨナ王は、しだいに背中がもり上がり、びっしりとうろこが生え、首は蛇のように伸び、間もなくすっかり、銀色の翼を持った竜の姿に変わってしまいました。
私は恐ろしさに声をあげてしまいました。すると、不思議なことに、竜の姿になったと思ったヨナ王が、今はもう当たり前の人の姿をして、私を見つめながら、「何を驚いているのだ。」といぶかしそうに聞くのです。
私は今見たことを王に明かして、竜があなたを乗っ取ろうとしているのではないかと話しました。しかし、王は夢でも見たのだろうと笑うばかりで、まともに取り合ってはくれません。
私はこのことを、誰に相談したらいいのか、思い悩みました。
その時ふと、庭師のバザムという男を思い出しました。チロクの出身で、正直で素朴な男でしたが、どこで覚えたのか、魔法を自在に操ることができました。そして何より、私に好意を寄せているのが、隠しようもなく表れていたのが、好都合に思えたのです。
私はだれにも知られずに、三法者の書を手に入れて、隠してしまわなければなりませんでした。
そこで、私はバザムに事情を話して、三法者の書を宝物庫から盗み出してほしいと頼みました。
バザムはその夜すぐに約束を果たし、盗み出した三法者の書を抱えて私の部屋をおとずれました。そして、
「この書物は、封印から解かれて、今強い力を発しています。竜が察知すれば、すぐに追って来ることになるでしょう。しかし、一方でこの書物は、破ることも、燃やすこともできないように作られています。それから、発せられている力を隠すのも容易なことではありません。」と言いました。
私は、「どうすれば良いの?」と、尋ねました。
「竜の肉体が蒼玉に封じられているうちに、先手を打って、私たちに手出しをできないような魔法の契約を交わしてしまうのです。今ならまだ、ヨナ王の魂も半分乗っ取られただけで留められます。」
「そんなことがあなたにできて?」
バザムはゆっくりとうなづいて、
「あなたが、私と一緒に来て、手助けしてくれるなら。」と言いました。
私は覚悟を決めて、バザムと行動を共にする事にしました・・・。」



つづく

2015年05月|Kobitoのお絵描きブログ .658.657.656.653