今日は、『ありを見つめるマーサ』のイラストが完成したので、ご紹介します。
マーサというのは、ミニチュアハウスに住んでいる猫の女の子で、三歳くらいです。
この絵の真ん中に座って、ありを見つめている子がマーサです。


img424cs.jpg

マーサの隣にかがんでいるのは、お兄さんのクロードです。人間でいうと、六歳くらいです。そして、マーサの隣に座っているのは、熊のぬいぐるみのマーチです。

では、これから、この三人が、どんなことを話しているのか、教えますね。

----------------------------------------------


それは、ある夏の日のことでした。
マーサは、クロードを探していて、庭のすみで見つけました。
クロードは、こちらに背を向けて、前かがみになって、地面を見つめていました。
マーサは、くまのマーチをしっかり抱いて、クロードの所に行くと、一緒に地面を見つめました。
ありたちが、乾いた土の上を、長い列を作って、せっせと歩いていました。
「そろそろ、面白いものが来るよ。」
クロードが、小声で言いました。
「だれが来るの?」
「おしりに、しっくいを塗ったあり。」
マーサは、たくさんの黒いありの中で、一匹だけ、おしりの白いありが来たら、さぞ面白いだろうと思いました。
そこで、マーチを隣に座らせて、自分はしゃがんで、そのありが来るのを、待っていることにしました。
すぐそばのナラの木には、あぶらぜみがとまって、ジージー鳴いていました。
ナラの木が、枝葉をクロードたちの上に広げていたので、ありの行列は、木陰で見ることができました。
しばらく、そうやって見ていましたが、おしりの白いありは、いっこうに通りかかりませんでした。
クロードは、どこかで引っ掛かっていないかと思って、行列の来る草むらの方を、見に行きました。
そして、戻ってくると、こう言いました。
「どうやら、迷子になったらしいぞ。僕はもう、魚とりに行く。」
マーサは、ありの行列を見下ろしながら、「私、見てる。」と言いました。
クロードは、「待ってても、無駄だぞ。」と言いましたが、マーサが動かないので、仕方なく一人で魚とりに出かけました。
マーサは、迷子のありを探して、列にもどしてあげようと思い立ちました。
そこで、立ち上がってから、マーチに言いました。
「ここで、ちゃんと見ててね。ぜったいね。」
でも、マーチがもしおしりの白いありを見つけても、大声で呼んでくれるわけではありません。
マーサは、またしゃがみ込みながら、
「あんたが、ものが言えたらねぇ。」
と残念そうに言いました。
あぶらぜみは、ジーッと鳴きやんで、今度は幹の上の方で、みんみんぜみが鳴きはじめました。
マーサは、ちょっと目を離したすきに、おしりの白いありが、大急ぎで通り過ぎるかもしれないと思って、できるだけ、まばたきもしないようにして見ていました。
でも、だんだんそわそわ、落ち着かなくなってきました。
「私がいない間、通らないと思う?」
マーサはマーチに聞きました。マーチは、考え込むように、ありの行列を見つめました。
もうどうしてもがまんができなくなって、マーサは草むらに向けて叫びました。
「早く、早く!」
すると、草むらから、ひょっこり、おしりの白いありが出てきたのです。行列にちゃんと加わって、まっすぐにこっちへ歩いてきます。
マーサはマーチをだっこして、そのありの所へ駆けて行きました。
おしりの白いありは、遅れを取り戻そうとするように、一生けんめい急いでいました。
マーサはそのありを見失わないように、どんどん追って歩きました。
行く手を見ると、ありたちは垣根のたもとにある小さな穴に、吸い込まれるように次々と入りました。
マーサは、マーチがよく見えるように、その穴の前でかがんで待ちました。
おしりの白いありは、まっしぐらに駆けて来ると、みんなといっしょに、あわただしくその穴に入って行きました。
マーサはそれを見て、満足そうに一息つきました。そして、マーチを小脇に抱えると、「早く、早く!」と言いながら、今度は自分が、飛ぶように走って家に帰りました。


おしまい


にほんブログ村 イラストブログへ


今日は、サークルWhite Birch(ホワイト・バーチ)で作った動画をご紹介します。

以前YouTubeで公開した私の絵コンテ動画『夏の追憶』に、相方さんがオリジナル詩の朗読で加わってくれたリメイク作品です。

作中でどんな物語が展開しているのか、想像しながらご覧頂けると嬉しいです。


サークル White Birch

・作詩、朗読: 相方さん
・挿絵、編集: Kobito

・音楽 ワーグナー 『アルバムの綴り』
演奏 ヴァイオリン ウジェーヌ・イザイ  ピアノ カミーユ・ドクリューズ
録音 Dec 30, 1912


にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、オリジナルのイケメンイラスト、『美少年を描こう。』を描き始めたので、その下絵をご紹介します。



img434cs.jpg

大人の男性の絵を描くのが苦手なので、今回は、中性的な、色気のある美少年を描いてみることにしました。
ソチオリンピックのフィギュアスケートで、見事金メダルに輝いた、羽生結弦(はにゅう・ゆずる)選手のイメージが、若干入っているような気がします。


色塗りまでして、綺麗に仕上げたいなと思っています♪




にほんブログ村 イラストブログへ

きのう、2月14日に、雪が積もりました。私の地域での、初積雪でした。
厚く積もったわけではないけれど、真っ白な雪が、ところどころに光る景色は、やっぱり綺麗です。

今日は、その様子を写真でご紹介します。



DSCF8734cs.jpg

これは、チューリップの球根が植えてある、大きな植木鉢です。雪の中から、ぽつぽつ顔を出しているのが、チューリップの芽です。寒い中でも、チューリップは成長を続けます。




DSCF8738s.jpg

塀の上に積もった雪です。端の方は少し溶けて、シャーベット状になっています。子供のころ、綺麗な雪を集めて、シロップや練乳をかけて食べるのが、私の夢でした。
それを実行したことがあるのか、忘れてしまいましたが、もう少し厚く積もって、夢を思い出したら、やってみたいなと思います。



にほんブログ村 イラストブログへ
 皆さんは、子供の描いた絵を見て、上手だな、という印象とは違う、素朴な味わいの良さを感じたことがありませんか?

子供の描いた絵を、児童画(じどうが)、と呼ぶのですが、私は技術的に洗練された絵よりも、児童画のような、未完成の絵に、より魅力を感じます。

子供だけでなく、絵を描くのがすごく苦手だという大人も、児童画と同じ印象の絵を描くことができます。


img382c,cut,c3s

これは、なるべく児童画風になるように、気を付けながら描いた、最近の私の絵です。

葉っぱに乗って、川下りをしている、小さな妖精たちの絵です。

私の弟が、小学生の時に、「ひまわりとてんとう虫」という絵を描いたんですが、やっぱり上手というより、元気で生き生きとした、とても魅力のある絵でした。

そういう絵が、私も描きたいなと、今でも願っています。


にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、YouTubeで公開した、自作の動画をご紹介します。
White Birch(ホワイトバーチ)というサークル名義で発表した、オリジナル童話『いるか』です。
作者は相方さんで、私は挿絵と、編集を担当しました。
朗読と音楽も相方さんです。

愛とは何かについて、考えさせられる物語です。
よかったら、再生ボタンを押してご覧下さい♪






にほんブログ村 イラストブログへ
 今日は、アニメ『化物語』のキャラクター、千石撫子(せんごく・なでこ)さんのイラストが完成したので、ご紹介します。


img428-2s.jpg

本編の黒髪よりも、テーマソングに出てくる、水色の髪の方が綺麗だな、と思ったので、イラストもそう配色しました。
アニメは、彼女が登場する回を、一話だけ観たので、どんな性格なのか、まだよく分からないんですが、この絵の中では、素直な優しい性格として描いています。


にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、製作中のファンタジー小説、『魔法使いサキの物語・第4章』の、第2話を書き進めてみようと思います。

挿絵も、線画まで描き進めました。左の小柄な青年がマイネ、右の大柄な青年がダンケルと言います。

二人が、魔法庁長官スナクフに呼び出されて、ある頼み事をされたところから、物語は再開します・・・。


img426s.jpg

「あなた達は、これを見たことがあるのですか?」
スナクフは、二人が小箱の事を知っていると分かって、尋ねました。
「ええ、それはサキって娘の持ち物です。」
ダンケルが答えました。
「中身は入ってますか?」
マイネが聞きました。
「入っています。」
二人は、顔を見合わせました。サキはどうして、大切にしていたトミーまで、置き忘れたりしたのでしょう。
スナクフは、小箱を机に置きながら言いました。
「彼女は六日前に、テトを発って西へ向かいました。ナップへ行こうとしているのです。」
「ナップって、このナップですか!?」
マイネは、世界地図の、ゴンドラ大陸の西の端の、北極近くにある、地名の記述がない地域を指さしました。
スナクフはうなずいて、
「でも、あなた達に、ナップまで行けというのではありませんよ。彼女は魔法庁の出国許可証を持っていませんから、国境で足止めになっているはずです。」と言うと、フラトの西端の、ワナイとの国境線を指さしました。
そこで二人は、ほっと胸をなでおろしました。どんなに優れた魔法使いでも、大陸横断となると、命がけの旅になる事は間違いないからです。
スナクフはさらに、戸棚から占いに使う、黒曜石の手水鉢(ちょうずばち)を持って来ると、地図の上の、小箱の横に置いてから言いました。
「それから、帰りにキッタスに立ち寄って、これをコロビンという人に渡して欲しいのです。」
キッタスは、ワナイとの国境にほど近い、小さな村でした。
いにしえの昔から、ミステル(魔法の道具)の製作に長けた一族が住んでいる事で、有名な村でした。



つづく


にほんブログ村 イラストブログへ

2014年02月|Kobitoのお絵描きブログ .442.440.438.436.434.432.431.430