今日は、先日撮った、雲の写真をご紹介します。
日が沈んで間もない、5時ちょっと過ぎの風景です。


DSCF7094s.jpg

皆さんも、雲をじっと眺めて、「あれは恐竜」とか、「あれはムーミン」とか、想像したこと、ありますよね。
雲は、見様によっては、とても楽しい遊び道具です。
この写真の、真ん中に写っている雲は、あごの大きなクジラにも見えるんですが、皆さんには、何に見えますか?
こんがり揚がったアジのフライにも、見えますね。

こんな遊び方、もう忘れてしまったような気がしていたけれど、雲を見つめていると、まだちゃんと覚えていることが分かりました。

ありがたいです。^^


にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、ふと思いついたイメージを、絵に描き始めてみたので、ご紹介します。
(薄い線で描いたので、かなり見えづらいです。)


img371cs.jpg

少女が、水瓶から水をすくって、無心に飲んでいる様子です。
昔は、家の台所や土間に、水瓶が置いてあって、そこに貯めた水を、飲料水などに利用していたそうです。

そういうシーンを、映画やドラマで見ると、水のありがたさに、改めて気付かされます。

この少女は、着ている衣装や、髪型からして、外国人のようです。

外国でも、やっぱり、昔は水瓶に水をためて、飲料用水として使っていたでしょう。

人間の暮らしは、基本的にどこでも変わらないのです。


にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、オリジナル童話に出てくる、猫のマーサのイラストを描いてみたのでご紹介します。



img366cs.jpg

マーサは、ミニチュアハウスに住んでいる、猫の一家の末っ子の女の子です。この絵の、真ん中に座って、ありの行列を見ているのがマーサです。右隣に座っているのは、マーサが大事にしている熊のぬいぐるみの、マーチです。
左隣は、マーサのお兄さんのクロードです。

子供のころ、こんな風に、ありの行列を、じーっと見つめたこと、ありませんか?

これから、色塗りまでするつもりですが、できれば、短いお話も考えたいと思っています。
どうぞお楽しみに♪


にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、12月中旬の身近な植物を撮影してみたので、ご紹介します。


DSCF6924s.jpg

木陰で咲いている椿の花です。砂糖菓子のような色合いですね。
つぼみはまだちらほらついているので、もうしばらく開花が楽しめそうです。



DSCF6963s.jpg

この植物は、確か去年の今頃も撮影したんですが、名前をすっかり忘れてしまいました。・・;
う~ん、有名な花木だった気がするんですが・・・。
これは蕾で、春先に黄色い小花を咲かせます。つぼみにはうっすらと毛が生えていて、日の当たり具合で、真っ白く見えたり、クリーム色に見えたりします。



DSCF7030s.jpg

これはイチジクの新芽です。鉢植えなんですが、毎年小さな実が、1~2個穫れます。
イチジクは、根元近くから切っても、根から幹が生えてくる、とても強健な植物です。



DSCF7037s.jpg

これは、梅の木の幹です。古い梅の木には、こんなふうに、青錆のような綺麗な色の苔が、びっしり生えていますよね。ほかの木には見られない苔で、梅の木の美点の一つだと思います。



DSCF7057s.jpg

梅の木の幹から、草が生えています。この草、幹に根を張って成長する植物で、皆さんもどこかで見たことがあるのではないかと思うんですが、なんという名前なんでしょうね?湿気の多い場所では、幹に毛が生えたみたいに、割とたくさん繁殖しています。


にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、製作中のファンタジー小説、『魔法使いサキの物語3』の、第15話を書き進めてみようと思います。
挿絵は、1年半ほど前に、このお絵かきブログで紹介した絵です。今回ようやく出番が回ってきました。物語を書き続けることができれば、将来再び、登場させる機会が巡って来ると思います。

[前回までのあらすじ]
テトの魔法長官スナクフに、カン・ソク先生の消息を占ってもらえることになったサキは、帽子のトミーの裏地を少しもらって、いよいよ魔法具『水鏡』の前に立ちます・・・。


-----------------------------------------

「占いを始める前に、ひとつ、約束してほしいの。」
スナクフは、手水鉢(ちょうずばち)をはさんで向かい合ったサキに言いました。
「ここで見たこと、聞いたことは、決して他言しないという事よ。これは、口約束ではないの。魔法による契約よ。もし、破ることがあれば、あなたは自分がもっとも恐れるものから、責めさいなまれ、遠からず命を奪われるでしょう。」
「決して口外はいたしません。」
サキは、命懸けの約束と聞いて、戸惑いましたが、覚悟を決めて、深くうなずきました。
そこでスナクフは、サキに左手を出させて、その中指に何かをはめ込みました。サキは、はっきりと、その指に、空気でできた指輪のようなものが巻き付いたのを感じました。
「水の面に、トミーの裏地を浮かべなさい。」
サキが言うとおりにすると、裏地は水を吸わずに、手水鉢の真ん中で浮かんだままになりました。
「これは小舟です。あなたは、この小舟に乗って、広い湖の上を漂っています。あなたは、船べりから水底をのぞきます。水が澄んでいるから、底の方まで、見通せるでしょう。薄暗いところがあれば、目を凝らしてごらんなさい・・・。」
スナクフの言葉が、次第に霧の中にぼやけて、サキの目の前に、青白い世界が広がりました。サキは、自分が船の上に腰かけているのか、水に潜ってあたりを見まわしているのか、よく分かりませんでした。くぐもった風音が、遠くからかすかに聞こえてきました。水底の一点が、黒い影におおわれていて、音はそこから聞こえるようでした。サキはもっとよく見ようと、首をそちらに伸ばしました・・・。
「あっ!」
サキが突然、声をあげてよろめいたので、スナクフも、はっとしてサキを見つめました。
サキは、しばらく目を大きく開けて、ぼんやりしていましたが、スナクフに名前を呼ばれると、まごつきながら大慌てで話し始めました。
「馬に乗った、男が見えました。知らない男です。あたりは吹雪で、うなるような風音も、はっきり聞こえました。冷たい空気や、頬を打つ雪の痛さも感じました。男が、大きな黒い馬の上から、私を見下ろしている・・・。魔法使いです。怖かったけれど・・・、彼自身、おびえているような、悔いているような・・・。」


img189 - コピーc2s

「それは、あなたがこの先、経験するであろう光景ですよ。あなたの魔法使いとしての高い資質が、来たるべき未来を垣間見せたのです。私には、そこまではっきりとは見えなかった。」
スナクフは、水に沈みながら消えて行く、トミーの裏地を見つめながら言いました。
「私が見たのは、一つの桃色の光でした。はるか西の、冷たい大地で揺らめく、すぐれた魔法使いの魂です。」
「では、おじ様は、カン・ソク様は、生きておられるのですね!」
サキは握りしめた両手を、胸に押し当てて、かすれた声で叫びました。
「ええ・・・。」
スナクフは、何か言いかけましたが、サキのかぶった帽子のトミーが、それをさえぎって言いました。
「だから言ったろう?あいつは簡単にくたばる玉ではねぇんだ。村で待っていれば、じきに達者だって便りをよこすだろうよ!」
しかし、サキはスナクフが言いかけたことが気になりました。
「何か、ほかにも見えたのですね・・・。どうぞ、何もかもおっしゃってください。」
スナクフは、トミーが歯をむき出して制止しようとしているのを知っていましたが、
「契約を交わした以上、隠し事をするわけにはいかないのです。」と言って、サキに話し始めました。
「カン・ソクの魂を、黒い渦が取り囲んでいました。彼の魂はとても弱っていて、その渦から抜け出すことができないのです。渦は徐々に彼を蝕ばみ、力を奪おうとしています。」
「では、カン・ソク様は危険な状態なのですね。」
スナクフはうなずきました。
トミーは両目をつぶって、
「吹雪で足止めをくっているだけさ。暖をとって、体力が戻れば、自分で何とかするだろうよ。」
となげやり気味に言いました。


つづく


にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、ジョン・レノンと、オノ・ヨーコさんのポートレイトを描いてみたので、ご紹介します。
お二人が、良い笑顔で写っている、お気に入りの写真をもとにして描きました。




img362c2s.jpg

ジョンは、12月8日が命日だということです。ビートルズのメンバーとしても、ソロミュージシャンとしても、素敵な作品を数多く残している方です。
オノ・ヨーコさんとは、1969年に結婚しました。
ヨーコさんについては、写真で見る限り、歯を見せて笑った姿があまりないので、クールな方なのかな、という印象がありました。
でも、最近、彼女の音楽作品に接する機会が何度かあって、とても温かい、優しい人なのだな、ということが分かりました。

二人の楽曲が交互に収められたアルバム、『ダブル・ファンタジー』(1980年)は、異質な個性が見事に調和した、とても面白い作品だと思います。

ジョンの代表曲も、数多く収められているので、ご興味があれば、ぜひ聴いてみて下さい♪



にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、12月初旬の、身近な植物を撮影してみたので、ご紹介します。



DSCF6777s.jpg

これは、木蓮の枝です。庭木から、飾り用に切ってきました。先端のつぼみに、やわらかくて、触り心地の良い毛が生えています。防寒のためだと思うんですが、丸っこくて可愛らしいです。





DSCF6821s.jpg

これは、サザンカかな?白とクリーム色の花弁がとてもきれいです。この写真は、時が止まったような静けさがあって、お気に入りの一枚です。花やつぼみに目を移しているうちに、宇宙の写真を見ているような気持ちになって来ます。






DSCF6840s.jpg

木陰で咲いている、ガーベラの花です。これは特に開花時期の長い品種で、春から冬にかけて、休みなく花を咲かせています。色の種類も豊富なので、庭や鉢植えにお勧めの植物です♪

にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は動物たちの仮装パレード、『仮装列車で行こう!』のイラストが完成したので、ご紹介します。



img347cs.jpg

色塗りは、色鉛筆とアクリル絵の具で行っています。

登場キャラクターは、先頭から、

・うさぎの執事 シライさん

・猫の王様 ターマ

・犬の魔法剣士 ポッチー

・ハムスターの紳士 きんちゃん

・ペンギンのマハラジャ ペン・ペーン


シライさんは、ネコジャランドの王、ターマの執事です。
ペン・ペーンさんは、ネコジャランドを表敬訪問中の、はるか南の国のマハラジャです。彼が南の国の話をすると、ターマはきまって羨ましがります。
ポッチーは、武者修行中の魔法剣士で、ターマから時々呼び出されては、ネコジャランドで起こる様々な問題の解決を依頼されます。
きんちゃんは、ネコジャランドに住んでいる、由緒正しきハムスターです。ポッチーの相棒として、一緒に問題の解決にあたります。



にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、昔描いた油絵をご紹介します。
F3号(22cm×27cm)のキャンバスに描いてあります。


ページ1をスキャンしました - コピーcs

絵の裏に、『2000、9』とあるので、今から13年前に描いた絵です。
オレンジ色の鳥居が、山の斜面に連なっている様子です。
これは、全くの想像で描いたので、実際にこのような風景があるわけではありません。

この頃は、構図感覚が身についていなくて、絵をまん中に収めることに、かなり苦労していました。
その分、バランス良く描けた時は、大きな満足感に浸れました。^^



にほんブログ村 イラストブログへ

2013年12月|Kobitoのお絵描きブログ .410.409.408.407.406.401.397.395.394