今日は、先日制作したレッサーパンダのイラストを使って、短いアニメーションを作ってみたので、ご紹介します。
音楽を聴き終えて、しきりに拍手するレッサー君です。^^




仕様画像枚数 6枚

音楽 NHKクリエイティブ・ライブラリー

使用アプリ Windowsムービー・メイカー

作画/アニメーション Kobito



にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、レッサーパンダのイラストが完成したので、ご紹介します。



両目開き笑顔s2

彩色は色鉛筆のみを使用しています。
絵の具でも塗るつもりでしたが、色鉛筆のパステル調の色合いと、毛並みを活かしたいと思ったので、これで完成とする事にしました。

ん~、レッサーパンダに見えるかな?
純朴で、優しい子供のイメージです。^^

なお、この絵を使って、面白いことをしようと計画しています。
こうご期待!




にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、お絵描き仲間の夏さんのイメージイラストをご紹介します。
最近、『進撃の巨人』というアニメにハマっているそうなので、それも取り入れてキャラクター化してみました。




img349cs.jpg

いつもこんな感じで、楽しくお絵描きしているイメージです。^^
衣装が迷彩服なのは、進撃の巨人の世界観にマッチするかな、と思ったからです。

彩色は、色鉛筆のみを使用しました。

これからも、お互い気ままにお絵描きしようね。^^






 今日は、新しいイラストを描き始めたので、その下絵をご紹介します。
最近YouTubeで、レーサーパンダの動画をいくつか観たんですが、ふわふわしてて、模様もとても可愛らしかったので、キャラクター風の絵にしてみました。


img345.jpg

どうでしょう?たぬきに似ている気もしますが、色を塗ったら、レッサーパンダになってくれるかな?
設定としては、素敵な音楽を聴き終えて、しきりに拍手している様子です。

制作中の他のイラストと共に、完成までコツコツ描き進めたいと思います。^^


Kobito


 今日は、庭によく来る小鳥を撮影してみたので、ご紹介します。
「チチ、チチ」と、小さな声で鳴いている方を見ると・・・。


DSCF6528s - コピー

ほら、居ました。橙色の胸毛がきれいな、ジョウビタキという小鳥です。
何をするでもなく、枝にとまって、私が写真を撮るのを、横目で観察していました。




DSCF6529s - コピー

後ろ姿です。羽に入っている白い模様が、丸っこい姿と相まって、とても可愛らしいです。
「チチ、チチ。」っと鳴き真似をしながら撮影すると、「なんだろう?」という感じで、顔をこちらに向けてくれます。


ジョウビタキは、渡り鳥で、冬が近くなると、中国から日本にやって来るそうです。

ちなみに、このジョウビタキはオスで、メスは胸毛が灰色、羽にやはり白い模様があります。

俳句や短歌では、ジョウビタキの季語は、秋だそうです。

Kobito




にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、うさぎのミミイさん一家のイラストを描き進めてみたので、ご紹介します。
色鉛筆で、薄く仮塗りをした状態です。


img343cs.jpg

それぞれの毛色や模様に加えて、おむつの色も変える事で、個性を出そうとしています。
真ん中のトラップと、手前の女の子は、模様をもう少し工夫したいですね。
にぎやかな声が聞こえて来そうな絵にしたいです。^^

Kobito



にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、制作中のファンタジー小説、『魔法使いサキの物語3』の第14話を書き進めてみようと思います。
挿絵は、色鉛筆で仮塗りをした状態です。窓から差し込む光で、人物が逆光になり、室内はぼんやりとした影に覆われています。
まるで、内緒話をしているような雰囲気ではありませんか?
もし、秘密を持っているとしたら、それは魔法長官スナクフの方でしょう。
なぜなら、サキは、隠し事がとても苦手な魔法使いですから・・・。


img342cs.jpg

「あなたはてっきり、カン・ソクと一緒に居るものと思っていたわ。」
小箱から取り出されて、普通の大きさに戻ったトミーに、スナクフが言いました。
「色々あってな。俺は今では、サキの帽子なのだ。」
トミーはサキの両手の上で、神妙な顔つきで答えました。
サキがスナクフに尋ねました。
「トミーでも、占いができるでしょうか?」
「ええ、カン・ソクと長く旅をしてきた帽子だから、彼の気配がまだ残っていると思うわ。」
スナクフがこう言うと、トミーは口をゆがめて仏頂面になりました。
サキがトミーを向き直らせました。
「トミー、話を聞いていたでしょう?占いのために、あなたの裏地を、少し分けてもらいたいの。」
「嫌なこった。なんで俺があいつのために、切り刻まれなきゃならねぇのさ。」
「ほんの少しよ。後で、あなたの望む生地で繕ってあげるから。ね?」
トミーは両目をつむって、返事をしませんでした。
スナクフが言いました。
「サキ、あなたが身体を切られる事を恐れるように、トミーも、切られることが怖いのですよ。」
「裏地の切れっぱしくらい、誰が怖いもんかい。俺はあいつのためになることなんか、何一つしてやりたくはねぇんだ!」
トミーがつばをバタバタさせてどなりました。
そこで、サキがなだめました。
「悪かったわ。でも、あなたは、ここまで私を連れて来てくれたでしょう?おじさまの安否を、確かめることができるのは、スナクフ様の占いだけなのよ。お願い、力を貸して。」
トミーは、ゆっくり目を開けて、サキを見上げました。サキは、思い詰めた様子で、唇が少し震えていました。
トミーは「グゥゥ。」と奇妙な息を吐くと、しばらく考えてから、こう言いました。
「あいつが死んでようが、生きていようが、あんたは村に戻るんだ。これ以上あいつを追わないと、約束できるなら、協力してやっても良いぜ。」
「うん。」
サキは強くうなずきました。
スナクフが布きりハサミを持って来たので、トミーはおとなしく裏返されて、サキの手で、裏地を少し、切り取られました。歯を食いしばった所を見ると、やっぱりトミーは、切られる事が、ことのほか恐ろしいようでした。


つづく





にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、動物イラスト、『仮装電車で行こう』の、色塗りを少し進めてみたのでご紹介します。
色鉛筆で、全体的に薄く色を付けた状態です。


img341cs.jpg

いきなり絵の具で塗り始めると、配色が気に入らなかった時に、修正するのが難しいので、まずは色鉛筆で薄く塗ってみるのが良いと思います。
(イメージと違えば、消しゴムで消す事ができますからね。)

配色が決まったら、いよいよ絵の具ではっきりとした色を付けて行きます。


Kobito


にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、ハロウィンのために描き始めたイラスト、「仮装電車で行こう」の、線画をご紹介します。
ハロウィンは過ぎてしまったので、クリスマスに向けて出発する電車です。^^


img340 - コピーsimikeshi-s

線画まで完成すると、あとは楽しい塗り絵タイムです。
オリジナルキャラクターの良い所は、自分の好みに合わせて配色できる、ということですが、そのキャラクターの雰囲気に合った色、というのもあるので、あまり突飛な配色にならないように、アニメーションとして動く姿などを想像しながら、ふさわしい色を決めて行くのが良いと思います。



Kobito



にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、うさぎのミミイさん一家のイラストを、線画にしてみたのでご紹介します。


img338.jpg

うさぎの一家なので、基本的な顔の特徴は一緒なんですが、目の形や、顔の幅を変えることで、それぞれの個性を出してあげることができます。

子うさぎたちの名前は、5匹まで決まりました。

〈生まれた順〉

1、ニイ ♂ (手前左に座っている子)
2、ネエ ♀ (右端でお母さんにつかまっている子)
3、トラっぷ ♂ (真ん中でお父さんにつかまっている子)
4、♀(手前右でハイハイしている子)
5、♂(左端でガラガラを持った子)
6、しっぽたん ♀ (お父さんが抱っこしている子)
7、ビビたん ♂ (お母さんが抱っこしている子)

生れた順番は、オスとメス、交互にしたいと思っています。

4番目と、5番目の子は、まだ名前がついていません。それと、ミミイさんの奥さんにも、名前があると良いですね。^^


Kobito




にほんブログ村 イラストブログへ

2013年11月|Kobitoのお絵描きブログ .391.389.387.386.383.382.380.378.376.374