今日は、制作中のファンタジー、『魔法使いサキの物語3』の、第9話を書き進めてみようと思います。
前回、森の中で、狩りをしている鷲(わし)を見つけることができたサキですが、はたして、魔法長官スナクフとの仲介役として、そう簡単に、この獰猛そうな鷲が協力してくれるでしょうか?

狩りのシーンの挿絵は、今回で完成なので、次回からは、新しい挿絵を描いてみるつもりです。
では、お話の続きを、絵の下からお楽しみ下さい♪


img312cs.jpg

食事を終えた鷲は、サキを見据えて、しばらくじっとしている様子でした。サキにとっては、好都合でした。彼女の知っている、動物を居すくませる魔法は、相手としばらく目を合わせていなければ、効果がなかったからです。
「それにしても、なんて大きな鷲だろう。そして、なんて冷徹な眼光なの。まるで、私が、釘付けにされそうな気がするわ。」
鷲は、実際、サキの肩ほども背丈がありました。暗褐色の翼は、広げればどこまで大きいのか、見当もつかないくらいです。そして、その眼は、魔法使いとして、優位に立っているはずのサキでさえ、怖気づかせてしまうほど、不思議な迫力を感じさせるものでした。
サキは長い呪文を小声で唱えながら、鷲が大人しくなって行くのを、辛抱強く待つことにしました。
長い間、鷲は身動き一つしませんでした。まるで、時間が止まってしまったのかと思えるほどだったので、サキは呪文を唱えながら、時折自分だけが、動いている時間の中に居るような錯覚を感じさえしました。
そして、頃合いだと思って、鷲に一足歩み寄ったサキは、自分が、恐ろしい場所に近付いている事に気付きました。
それは、自分では、コントロールすることのできない瞬間でした。
鷲は、翼を広げて、少し飛びあがると、耳をつんざくような声で鳴きながら、サキののど元めがけて、爪を突き立てようとしたのです。
サキが、もう一歩、近付いていたら、命はなかったでしょう。
ハッとして、身をかわしたサキは、とっさにベルトに仕込んだ小瓶を引き抜いて、頭上を越えて舞い降りた鷲が、再び飛びかかろうとしたところに、その中身を浴びせかけました。
液体が目に入った鷲は、ギャーッとわめくと、地面をのたうちながら暴れ回りました。
今度はサキが、鷲の背後から両手を広げて飛び掛かりました。驚いた鷲は、ひときわ甲高く叫びながら、振り払おうと身もだえして、サキと一緒にそこら中を、転げ回りました。
サキは必死に翼をつかんでいましたが、鷲は力ずくでその腕を振り払うと、木の葉を舞い散らしながら木立の中を羽ばたいて、ぐんぐん上昇して開けた空に出ると、そのまま悲鳴のような鳴き声を響かせながら遠ざかって行きました。

サキは土ぼこりにまみれて、服も所々破れながら、荒い息で、地面に這いつくばって、鷲の行方を見送りました。
怪我はしていませんでしたが、あんまりびっくりしすぎて、しばらく、動けそうにありませんでした。


つづく





にほんブログ村 イラストブログへ
 今日は、先日の雨降りの日に撮影した写真をご紹介します。
雨の日は、日光が薄くて暗い写真になるような気がしていたんですが、撮ってみると、ほど良くしっとりとした感じに写ったので、じつは、晴れの日と並ぶ、撮影日和なのかもしれません。^^


DSCF5558s.jpg

これは、ベンジャミンという観葉植物です。葉っぱの明るい白斑が、くすんだ緑の部分と対比されて、とても綺麗です。
雨粒を載せると、つやのある葉っぱが強調されて、みずみずしくぱりっとした感じに見えます。





DSCF5599 - 7s

これは、軒下で雨だれを受ける、バケツの様子です。いっぱいにたまった水に、水滴が落ちた瞬間を撮ろうと思って、カメラを寄せて、何度もシャッターを切りました。跳ねた水で、カメラが水滴だらけになりましたが、おかげで勢いのある面白い写真が撮れました。




DSCF5632s.jpg

これは、うちの自転車の、ブレーキケーブルについた、水滴の写真です。
よく見ると、水滴の中に、逆さになった家並みが映り込んでいるのが分かります。
水は、とても身近な物質ですが、独特な性質を、色々持っているという点で、興味の尽きない存在です。

雨降りの日の撮影、意外と珍しいものが多いので、皆さんも、ぜひトライしてみて下さい。^^


Kobito



にほんブログ村 イラストブログへ

今日は、新しく描き始めた、子猫のイラストを、ご紹介します。




img311cs.jpg

この子猫は、私が時々書いているお話の、マーサという子猫によく似ています。マーサが、赤ちゃんだった時の様子かな?
そして、この子は、祈っているのでしょうか?小さな手を合わせて、うっとりと両目をつむって、願い事をしているのでしょうか?

いずれにしても、この子猫からは、清い清い心を感じます。

この絵について、物語を書くわけではありませんが、何をしているのかは、絵が描き上がったときに、皆さんにお知らせしますね。

お楽しみに♪


Kobito






にほんブログ村 イラストブログへ

 厳しい残暑の中でも、風の涼しさに、季節の変化を感じる今日この頃です。
先日、図書館に涼みに行ったんですが、見事に休館日だったので、^^;今日はその時撮った、建物沿いの並木の写真を、ご紹介します。


DSCF5488s.jpg

木漏れ日って、見あげると、葉っぱが透けたり、木の枝がシルエットになったりして、とても綺麗ですよね。この写真では、とても細かい切り絵のようにも見えますが、実際は、葉っぱの緑がもっと鮮やかで、空の青さと上手く調和していたように思います。



DSCF5509s.jpg

これは、近所の河原で撮った、巻貝の写真です。最初は、タニシかと思ったんですが、手にとって観察してみると、貝殻が丸っこいので、どうやら違う貝のようです。この河原には、普通の、先のとんがった、タニシは居ないようでした。
すぐそばの堰(せき)では、ラブラドールレトリバーを連れたおじさんが、のんびり水遊びに興じていました。




DSCF5543s.jpg

庭に咲いた、小輪のヒマワリです。このところ、雨がちっとも降らないので、今日は、バケツでジャーッと花壇に水を撒きました。
植物はすぐに生き生きして来るだろうし、暑い日に冷たい水を触るのは、とても気持ちが良いです。^^


Kobito


にほんブログ村 イラストブログへ

今日は、制作中のファンタジー『魔法使いサキの物語3』の第8話を、書き進めてみようと思います。
挿絵は、下絵をケントボートにトレースした状態です。


img306cs.jpg

鳥の翼の、羽根の重なり方って、正確に描くのが難しいんですが、とりあえず、この絵のように、左右対称に描いておけば、何となく様になって見えるようです。^^

では、この挿絵に向かって、再び物語を書き進めてみましょう・・・。

---------------------------------------


ばたばたばたばたばた
木立の奥では、一羽の鷲が、
獲物のりすを、捕まえた所でした。
りすは、鋭い爪につかまれて、
もう命を落としていました。
鷲はりすをついばもうとしましたが、
木立の影から、
一人の人間が現れたので、
すっくと頭を上げました。
人間は、怯えながら、
鷲の姿に見入っているようでした。
鷲は高く鳴いて羽を広げ、
威嚇しました。
人間は、後ろに下がりましたが、
立ち止まって、こう言いました。
「邪魔はしないわ。あなたに、頼みごとがあるの。」
鷲は黄色く燃える眼で、
人間を見据えていましたが、
やがて獲物に食らいつき、
人間は、まるで自分が、
ついばまれでもしたように
顔をそむけました・・・。


サキが、鷲を追って、この森にたどり着いたのは、テトの都に来てから、五日後のことでした。
魔法庁の前で、いくら待ってみても、スナクフらしい人物が通りかかることはなく、衛視や役人達に話しかけても、まるで取りつく島がなかったので、サキは、朝夕きまって、魔法庁の最上階から出入りする、この鷲に、スナクフとの接触を仲介してもらおう、と考えたのでした。

鷲は、魔法庁を飛び立つと、必ず、運河に沿って上流の方に向かうので、サキは、まず運河沿いを一日歩いて、郊外の、牧草地のさらに先にある、小高い丘になった森の手前で、鷲が来るのを待っていました。
日暮れ前、確かにあの鷲が、街の方から飛んで来て、サキのはるか頭上を越えると、森の中に入って行きました。
そこで、サキも、森の中に分け入って、生き物や木々のかすかな物音を頼りに探しまわり、明け方ごろ、鷲が獲物を捕まえたところを、ようやく見つけ出すことができた、というわけです。




つづく





にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、8月の身近な景色を、デジカメで撮ってみたので、ご紹介します。
こう暑いと、被写体になりそうなものも少なく感じがちですが、いざカメラを持って出かけてみると、いろいろ面白いものを見つけることができます。


DSCF5417s.jpg

田んぼの上に張られた電線に、小鳥が一羽、止まっていました。何の鳥か、よく見えなかったので、デジカメのズーム機能で撮影したら、若いつばめだと分かりました。長いこと、電線に止まっていたけれど、暑さでばてちゃったのかな、それとも、田んぼの上に、とんぼが通りかかるのを、待っていたのかな?




DSCF5426s.jpg

これが、つばめ君が見下ろしている田んぼの様子です。もう、稲穂がずいぶん膨らんで、風が吹くと、サラサラ静かな音をたてています。赤い頭のかかし君、収穫まで、引き続き、見張り番をたのむよ。





DSCF5432s.jpg

これ、面白いでしょう?橋のまん中にある、街灯の上にとまった、かもめ君です。
街灯の上なんて、すごく熱そうですけど、かもめ君は、案外平気なのかな。
こんなこと、言っている気がします。
「四万十市は41℃か~。」


日暮れが少し早くなったので、朝夕の気温も、徐々に下がって来ています。夏ならではの涼を楽しみながら、どちら様も元気に日々を過ごしましょう♪


Kobito




にほんブログ村 イラストブログへ

今日は、先日下絵をご紹介した、『きかんしゃ坊や』のイラストが完成したので、ご紹介します。


img293c2s.jpg


どうでしょう?ごくあっさりと、色を塗って、落書き風の雰囲気にしてみました。
この子の名前を、何にしようか、ずっと考えていたんですが、日本の蒸気機関車の中で、もっとも有名な『D51型』の愛称が、「デコイチ」なので、「デコちゃん」と、呼んでみる事にしました。(呼ぶうちに、馴染んで来るような気がします。^^)
では、デコちゃんにまつわる、短いストーリーを書いてみるので、よかったら、絵と照らし合わせながら、お楽しみ下さい♪


------------------------------------------------


「ポポー!」
きかんしゃ坊やのデコちゃんが、今日も元気よく、学校から帰って来ました。
デコちゃんは、台所にいた、お母さんにかけ寄ると、
「さっき、いいことしたよ!呼子おばあちゃんが、荷物を持って、歩いていたから、おんぶしてお家に送ってあげたの。」
お母さんは目をまん丸にしました。
「おばあちゃんは、こちらに来るところだったのよ。」
デコちゃんは、口をぽかんとあけて、
「でも、『ありがとう!助かったよ!』って言って、お駄賃もくれたよ。」
と、ポケットから、百円玉を出して、お母さんに見せました。
「まあ、おばあちゃんったら…!」
お母さんは、肩をゆらして笑いました。そして、困り顔のデコちゃんに、
「さあ、お迎えに行っておあげ。坊やを、きっと待っているから。」
と言って、肩をぽんと叩きました。
「はあい!」
デコちゃんは、ポーッと汽笛を鳴らすと、超特急で、おばあちゃんを迎えに行きました。




おしまい


にほんブログ村 イラストブログへ
拍手ボタン
関連記事
今日は、一週間前に蒔いた植物の種が、順調に発芽したので、その様子をご紹介します。


DSCF5332s.jpg

みずみずしい若葉を広げているのは、しゅんぎくの苗です。秋、少し早めに収穫したいな、と思ったので、8月の初めに、蒔いてみる事にしました。あんまり早く蒔きすぎると、秋に花が咲いてしまうので、半日陰で、成長を遅らせながら育てる事にします。
12月の、年越しそばの具に使うのが、今から楽しみです。^^




DSCF5379s.jpg

これは、観賞用の、葉ボタンの苗です。赤と、白の品種の種を蒔きました。11月から、12月にかけて、見ごろを迎えます。茎が伸びるタイプの葉ボタンは、背を高くするために、真夏に蒔くのが一般的だそうです。
こちらも、夏の直射日光でしおれないように、9月半ばまでは半日陰で育てます。




DSCF5410 2s

これは、千日香(せんにちこう)の花です。1センチくらいの大きさですが、近くで見ると、鮮やかな八重花でとても綺麗です。夏の暑さや乾燥に強いので、今の時期に、長く花を楽しみたい方に、お勧めの植物です。


世の中には、親身の助力を、あだで返すような、薄情な人もいますが、植物は、世話を焼いた分、花や果実として、きちんとお返ししてくれます。
恩に報いる姿勢が、植物のように自然に身に付いた人を、私は尊敬するし、自分自身、そういう人になりたいな、といつも思っています。


Kobito







 今日は、制作中のファンタジー、『魔法使いサキの物語3』の第7話を書き進めてみようと思います。
挿絵も、新しく描き始めたので、ラフを公開します。


img299cs.jpg

この絵は、少し先の場面を描いているので、文章は、この場面に向かって、進んで行く事になります。
都会のただ中に居るはずのサキが、どうして森の中に居るのか。そして、この恐ろしく大きな鳥は何なのか、次第に明らかになって行きます・・・。

-----------------------------------------

運河を黄金色にきらめかせていた太陽は、やがて西の街並みの向こうに傾き、東からは、青味がかった夕闇がゆっくりと迫って来ました。サキは、相変わらず、堤防の石積みに腰をおろして、魔法庁に出入りする人々を、注意深く眺めていました。
「彼らの中にも、きっと魔法使いがいる。だけど、見分けることはできない。誰もごく普通の姿をしている。」
サキは、そんな事を考えながら、ふと、魔法庁の上階に目をやりました。
いつの間にか、最上階の一室の窓が開いて、大きな黒い影が、空に向かって飛び立つところでした。
「なんて立派な鳥だろう。鷲かしら。」
鳥は長い翼をいっぱいに広げて、街の上空を滑空すると、ゆるやかに方角を変えて、運河に沿って上流の方へ飛び去って行きました。
サキは、よく訓練された鳥だな、と思いながら、その影が空に霞んで消えて行くのを見送りました。
それから、日暮れまで待ちましたが、スナクフらしい人物が、魔法庁に出入りする事はありませんでした。
「今日は、おいでにならなかったのかもしれない。」
サキは、がっかりしましたが、今夜の宿を探さないといけないので、大慌てで庁舎通りを後にしました。

翌朝、サキは、裏通りの安宿を出ると、表通りのパン屋でハムサンドを二つ買い、少し霧がかった運河沿いを、歩いて再び魔法庁の前まで来ました。
衛視は、昨日のいかつい男ではなくて、薄い口髭を生やした若い男でした。やはり、青い制服姿で、長い槍を持って、柱のそばに立っています。夜勤明けらしく、時折、横を向いてあくびをしていました。
サキはハムサンドを食べながら、衛視の様子をうかがっていました。衛視も、サキが見ている事に気が付くと、あくびをやめて、しゃんと立って格好を付けました。

まだ、人通りも少なかったので、サキは手持ちぶさたで、運河の方を眺めました。
すると、遠くの空から、何かが飛んで来るのが見えました。それは、黒くて大きな、昨夜のたくましい鳥でした。
鳥は、一直線に魔法庁の方に飛んで来ると、最上階の窓辺に降り立って、そのまま部屋の中に入りました。
「あの部屋に、スナクフ様が居られるのかもしれない。」
サキは、そう思うと、矢も楯もたまらなくなって、まっすぐ衛視に駆け寄りました。
衛視は、直立不動の姿勢のまま、横目で、サキを見ました。
サキは、何を話したらいいのか、すぐに思い付きませんでした。そこで、
「スナクフ様は、鳥を飼われているのですか?」
と質問しました。
「鳥?」
衛視は、片方の眉を上げて、いぶかしそうに聞き返しました。
「そう、あの、出入りしている鳥です。」
「鳥が出入りしているだと?」
衛視は、車寄せから下りて、通りに出ると、ふり返って、魔法庁を見上げました。サキも一緒に見上げると、最上階の窓は、いつの間にか、すっかり閉じられていました。
「何だ、鳥などいないじゃないか。」
衛視は、ムッとして、サキをにらみました。
サキは、衛視が、鳥の事を知らなかったので、驚きましたが、これは何か、事情があるのではないかと思ったので、とりあえず、ごまかすことにしました。
「ごめんなさい、鳩が窓辺に止まろうとして、何度もぶつかっていただけみたい。」
衛視は、「くだらん事でわずらわすな。」と言って、元の場所に戻りました。
サキは慌てて駆け寄ると、
「スナクフ様に、お手紙を差し上げてもよろしいでしょうか?」
と尋ねました。
「ならん。手紙は、紹介状が必要なのだ。」
サキは目を丸くしました。そんな変な習慣、あるでしょうか?
衛視は、サキの風態をじろじろ眺めてから、
「お前、付け届けに来たのだな。止めておけ。スナクフ様は、そういう者から先に、落第の評価を下す事にして居られる。」
と言いました。
どうやら、衛視は、サキを登用試験の受験生だと思ったようでした。


つづく





にほんブログ村 イラストブログへ

 今日は、菜園で育てていたスイカが、収穫時期を迎えたので、その様子をご紹介します。


DSCF5306 - コピーss

6月の半ばに受粉させたスイカです。45日ほどで、このサイズになりました。今年は、初めて、大玉の縞模様の品種だけに取り組みました。生育初期に、カラスにつつかれて、駄目になった実がいくつかありますが、エンドウ用のネットを、すいか畑の周囲に張ってからは、いたずらも止んで、残りの実が順調に生育してくれました。




DSCF5310ss.jpg

試しに、中玉サイズの実を、半分に切ってみました。赤い実がしっかり詰まって、ちょうど食べ頃といったところです。
少し試食してみましたが、シャリ感があって、糖度も高く、とても美味しかったです。
冷蔵庫で冷た~く冷やしてから、食べようと思います。

夏の味覚、皆さんも、お一ついかがですか?


Kobito



にほんブログ村 イラストブログへ

2013年08月|Kobitoのお絵描きブログ .332.330.328.326.324.321.319.318.316.313