実家で飼っていた猫のハルが、2017年5月2日に天に召されました。享年18歳でした。飼い猫の寿命は平均15歳くらいだそうなので、長生きをした方ですね。

私が書いている童話に登場する猫のキャラクターは、ほとんどすべて、ハルをモデルにして生み出されました。

ハルは18年前に、私が拾って、飼うようになりました。
当時飼っていた犬のロッキー(メス)が、散歩中、突然道端の山の斜面に登って、草むらの匂いをかぎ出したので、おかしいと思って私が覗いてみたら、子猫のハルが、小雨に濡れてうずくまっていたんです。
一緒に倒れていたもう一匹の子猫は、すでに息絶えていました。がけの斜面に居たんですから、恐らく誰か、人間が捨てて行ったんでしょう。
私はハルを手のひらにつつんで、急いで家に帰り、身体を拭いてやって、スポイトで温かいミルクを飲ませました。
しばらくすると、幸い元気を取り戻して、、段ボール箱に砂を敷いた即席のトイレを置いてやると、まだ目も開いていないうちから、寝床を這い出して、箱によじ登って用を足していました。とてもきれい好きな子猫でした。

ハルは大人になってからも、子猫のようなか細い可愛らしい鳴き声でした。
灰色の美しい毛並みで、おとなしくて、人見知りしない、とても飼いやすい猫でした。
何度か、お尻に膿がたまって病院にかかった事がありましたが、それ以外は大した病気もせず、我が家のアイドルとして、本当に心をなごませ続けてくれました。

ハルが居なくなって、悲しいというより、居て当たり前だった存在が居ない、心細さを感じます。
ハルが生きた証しとして、このブログの記事を残します。


img2-256.jpg
【2006年に描いた、7歳ごろのハルです。新聞の上に載って、読むのを邪魔するのが得意技でした。】





拍手ボタン
 先日、自転車で本屋に行ったんですが、その駐車場で駐輪しようとしたところ、自転車からバサッという音がして、何かが空に飛び立ちました。見上げると、とても奇妙な生き物が、駐車場の空を、大きく旋回しながら飛び回っています。
逆光ではっきりと姿を確認できないんですが、体は薄い黄緑色のように見え、2枚もしくは4枚のトンボやバッタに近い半透明の白い羽、うしろ脚が長く後方に伸ばして飛行している、という特徴がありました。

img2-118c.jpg


小鳥くらいの大きさで、パタパタというコウモリのような羽音をさせながら、駐車場の上空を大きく2周、旋回したのち、どこかに飛び去ってしまったこの生物。
私は子供の頃に虫取りをするのが好きだったので、たいていの昆虫は知っていますが、この生物のような姿の物は、今まで見たことがありませんでした。
バッタであれば、大きく旋回してから飛び去るほどの安定した飛行能力はないでしょうし、トンボであれば尾がもっと細く長いはず。クワガタ、カブトムシ、カミキリとも違う、なんとなくテレビで見た蜂鳥に近い印象の生き物でした。

こういうのを未確認生物(UMA)と言うんでしょうね。

つかまえてみると、なんだ~というようなありふれた生き物なのかもしれないけれど、想像はふくらんで、人目に付かないように生きてきた小さな竜(ドラゴン)だったのではないか、なんて、考えて楽しんでいます。


拍手ボタン
ライオンの親子の絵を描いてみました。
ハガキサイズのケントボードに、セピア色の万年筆と、色鉛筆で彩色しています。
img2-094c.jpg

ライオンの子供は英語でライオン・カブ(Lion Cub)といいます。カブというのは、肉食獣全般の子供のことだそうです。だから、子熊のことは、英語でベアー・カブ(Bear Cub)といいます。
ちなみに、野球の川崎宗則選手が現在所属しているメジャーリーグのシカゴ・カブス(Chicago Cubs)のロゴマークには、子熊の絵が描いてあります。



拍手ボタン
日本語は、オノマトペ(擬音語・擬態語)が豊富なことが、一つの特徴です。
普段何気なく使っているこんな言葉も、よく考えると、とてもユニークで面白い表現だと分かります。


うろちょろ

大きなものが歩きまわる「うろうろ」と、小さなものが歩きまわる「ちょろちょろ」が合わさった言葉。
だけど、合わさったからといって、
大きなものと小さなものが、
いっしょに歩きまわっているとはかぎりません。
(その可能性も、ありますけどね。)


    うろちょろの用例↓
img2-065.jpg
ウロとチョロの特訓(チョロはボクシングの試合で勝って、弱虫呼ばわりした仲間のねずみたちを見返したいのです。)



拍手ボタン
 きょうは、リスのパン屋さんのイラストが完成したので、ご紹介します。
ピーターラビットの世界のように、ちょっとリアルな感じを出したかったので、窯の形や、リスの体型を、デフォルメし過ぎないように気を付けました。

窯は、西洋の古いパン焼き釜の写真を参考にしました。
土台の火をたく部分がレンガ造りで、上のパンを焼く部分が土?を固めたドームになっています。

絵に添えた文章は、下記の通りです。


img892cs-.jpg

リスのパン屋さんは
パンが焼き上がると、みんなで一列に並んで
パンをじゅんじゅんに
手わたして、
お店まで運びます。
リスたちはせっかちなので
あわててパンを落としたりしないで
すむようにです。




拍手ボタン
 きょうは、新しく描きはじめたイラストの下絵をご紹介します。
小動物のパン屋さん、というテーマで、どういう風な絵にしようか考えて、リスたちのパン屋さんを描くことにしました。
シマリスを、資料を見ながらきちんと描くのは、これが初めてです。
模様が思ったより複雑で、シマリスらしさを出すのが難しいです。
セピア色の万年筆で、ふわっとした毛並みを意識しながら仕上げる予定です。

img887c2s-.jpg

拍手ボタン
 きょうはスズメのイラスト、『水浴びに来た三羽の雀』を描いたので、ご紹介します。

墨汁と、色鉛筆を使って描きました。


img732s-.jpg

水墨画風に、色数や線の数が少なくなるように描いています。
この絵は、現在制作中のオリジナル童話の動画の中で使用する予定です。

余談ですが、スズメは英語で『スパロウ』といいます。
映画、『パイレーツ・オブ・カリビアン』で、ジョニー・デップが演じた人気の海賊、ジャック・スパロウは、『スズメのジャック』という意味なんですね。
ひょうきんなキャラクターにぴったりの可愛い名前です。


童話の動画が完成したら、このブログでもご紹介するので、どうぞお楽しみに♪



拍手ボタン
 今日は、オリジナルのインコのイラストを描いてみたので、ご紹介します。
色鉛筆のみを使って彩色した完成品です。

img580cs-.jpg

オスとメス、ペアのインコです。
ぴったり寄り添って、とても仲が良さそうですね。

このインコは、セキセイインコという種類です。日本でインコというと、このセキセイインコを指すことが多いですね。

セキセイインコのオスとメスは、鼻の色で見分けます。
青いのがオス、褐色がメスです。

この見分け方は、絵をいったん描き上げた後で、ウィキペディアのセキセイインコの項目を読んで知ったんですが、その時、あらためて自分の絵を確認したら、二羽とも、鼻の青い、オスを描いていたんです。・・;
(セキセイインコのオスとメスは、模様で見分けることができません。)
それで、メスの方の鼻を、急きょピンクに塗り直しました。

下調べって、本当に大切ですね。・▽・;


拍手ボタン
先日、家の中に、野良猫が入ってきて、飼い猫のはるとひと騒動がありました。
まだ若い黒猫で、あんまりうならずに逃げ回っていたので、気性は穏やかなようでした。
廊下に逃げ込んだので、窓を開けて、外に出してあげました。
実は、その一日前に、私は下のような黒猫のイラストを描いていたんです。

img551cs-.jpg

家に入ってきた黒猫は、この絵の黒猫に、雰囲気がとてもよく似ていました。
予知能力だったら面白いんですが、こういう偶然って、生活の中でけっこうあるものですよね。
夢に見た事が現実に起こったり、あきらめていたことが意外な縁で実現したり・・・。

世の中には、不思議だなぁと思えることが、当たり前のように存在しています。


拍手ボタン
 今日は、柴犬の子犬のイラスト、『待て!』が完成したので、ご紹介します。


img538cs-.jpg

小柄な柴犬の事を、豆柴(まめしば)、と呼ぶそうなので、この子犬は、「まめちゃん」という名前にしようと思います。

まめちゃんは、子犬だけれど、とても賢いので、「お座り」と「待て」が上手に出来ます。

頭をなでられると、ピッピとしっぽを振ります。

好きなものは、ジャーキー味の骨ガムと、近所の広々とした河川敷です。

拍手ボタン
動物イラスト|Kobitoのお絵描きブログ 9.1013.897.866.851.716.715.593.520.497.486