上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手ボタン
今日は、ジミー桜井さんのユーチューブのチャンネルで、12月のライブの模様の動画が公開されていたので、ご紹介します。

バンドメンバーの詳細は分かりませんが、ドラムにフランキー・バナリさん、キーボードとボーカルに日本のミュージシャンが参加されています。

曲目は、No Quarterです。




以前、ジェイソン・ボーナムさんが主催するレッド・ツェッペリンのトリビュートバンド『レッド・ツェッペリン・エクスペリエンス』にジミー桜井さんが客演した際の動画をご紹介しましたが、私はその時の演奏より、こちらの演奏の方が好きです。

ジェイソンさんのバンドは、いかにもジェイソンさんがリーダーという感じで、他のバンドメンバーが控えめの『従』のサウンドになっています。
しかし、本家のレッド・ツェッペリンの音楽の本質は、全員がせめぎ合って興奮を高めて行く所に魅力があるので、これでは本家の素晴らしさは再現できないのです。

今回のライブでは、メンバーそれぞれが丁々発止のやり取りを行い、それぞれがそれぞれの演奏をよく聴いて、反応しているのがよく分かります。こういう演奏でこそ、本当の意味でのアドリブのだいご味が味わえます。
そして、最も重要なのは、渾身の精力を込めて演奏しているのが伝わって来る、という事です。
レッド・ツェッペリンのボーカル、ロバート・プラントは、ライブ演奏について、「毎回これが最後のライブだという気持ちで演奏した」と語っています。
つまり、毎回最後の華を飾るつもりで、渾身の力を込めてライブ演奏していたわけです。
身体的にも精神的にも、並大抵のことではありません。
それを実現できる情熱があったからこそ、あんなにも凄まじい演奏ができたのです。
観客は、彼らの情熱に魅せられていたとも言えます。



拍手ボタン
スポンサーサイト
ユーチューブでジミー桜井さんの演奏を聴こうと思って検索したら、12月13日にライブ出演した模様の動画がアップされていたので、さっそく見てみました。
すると、どうもドラムの演奏に聴き覚えがあったので、よく顔を見てみたら、どうやら、ジョン・ボーナムの息子のジェイソン・ボーナムさんらしいと分かりました。
このライブは、ジミー・桜井さんが、ジェイソン・ボーナムさんの主催するレッド・ツェッペリンのトリビュートバンド、『レッド・ツェッペリン・エクスペリエンス』というバンドに客演した時の模様のようです。
メンバーが非常に素晴らしく、特に、ボーカルの方が、ロバート・プラントの声質に近く、歌唱法も緻密に研究しているのが分かります。

レッド・ツェッパゲイン脱退以降、ジミー・桜井さんが初めて、実力が自分と互角なラインナップで演奏することができた、大変聴き応えのあるコンサートだと思います。

惜しむらくは、ギターサウンドがもっとラウドに聴けたらよかったですが、これは撮影に用いられたビデオカメラの性能の問題かもしれません。



































拍手ボタン

 私が応援しているギタリスト、ジミー桜井さんが中心になって活動中のレッド・ツェッペリンのトリビュートバンド、Mr Jimmyの最新ライブの模様が、ユーチューブでアップされていたので、ご紹介します。
今回のバンドメンバーは、前回とはかなり面子が異なるので、パーマネントなメンバーではなく、臨時編成のラインナップかも知れません。

ラインナップ
ジミー桜井(ギター)、フランキー・バナリ(ドラムス)、Cory Kyle(ボーカル)、Jeff Mayer(ベース)

場所 アメリカ、カリフォルニア州タンザナ、『Petie's Place』

ボーカルのCory Kyleさんがロバート・プラントの歌唱法を意識してかなり健闘しているので、聴き応えがあります。
バンドが魅力的であるかどうかは、やはりボーカリストが重要になりますね。
ジミー桜井さんとフランキー・バナリさんの掛け合いもぴったりです。
ベースのJeff Mayerさんも、目立たないながら、安定したかなりテクニカルなフレーズで曲を盛り立てています。




拍手ボタン
私が応援するロックギタリスト、ジミー桜井さんを経由して知った、ドキュメンタリー映像制作者のJeffrey Jousanさんの動画をご紹介します。
Jeffreyさんは、東日本大震災とそこから生じた津波、原発事故に起因する福島県の人々の苦労と、地域を再生しようとする努力を長年にわたって記録されています。

この映像は、3年前にYouTubeに投稿されたもので、農家が自分たちのお店、「えすぺり」を作って、そこを拠点に頑張って行こうとする様子が紹介されています。

野菜とパンの店「えすぺり」は、現在開業していて、お店の活動の様子などが今もフェイスブックで更新されています。





拍手ボタン
きょうは、Kobitoの一押しのロックバンド、MR JIMMYの最新ライブ映像をご紹介します。
MR JIMMYは、レッド・ツェッペリンのトリビュートバンドで、ギタリストのジミー桜井さんが中心になって主にアメリカで活動しています。桜井さんは日本でも、日本人のメンバーでMR JIMMY名義で活動されていましたが、アメリカでは現地のミュージシャンでラインナップを組んで、今年から活動を開始しています。

今日紹介するのは、2017年6月10日、(おそらくカリフォルニアの)Di Piazza という会場で行われたライブの模様です。
曲目は、Since I've Been Loving Youです。


前回紹介したライブでは、クワイエットライオットのフランキー・バナリさんがゲストドラマーとして参加していましたが、今回はスコット・〝ボンゾ〟・ブルックスさんという方がドラムで参加しています。
その他のラインナップは次の通りです。ショーン・ケリー(Vo&ハーモニカ)、ジミー桜井(G)、スコット・ハサウェイ(B&Key)。

トリビュートバンドを聴くときに、最も重視されるのは、元祖のバンドの音楽をどこまで再現できているか、だと思いますが、そういう点では、現在のMR JIMMYはまだオリジナリティーが出過ぎていると思います。
ただ、音楽的な興奮という点では、かなり満足感が高いのも事実です。
それは、各メンバーが全力で歌い、演奏しているのが、ひしひしと伝わってくる心地良さなのだろうと思います。
レッド・ツェッペリンにすごく似ているけれど、毎回同じ演奏しかできないバンドか、似てないところも多々あるけれど、毎回スリリングなアドリブを聴かせてくれるバンドか、どちらかを選ぶとしたら、私は後者を選びます。

とはいえ、最も望むのは、「オリジナルにすごく似ていて、毎回スリリングなアドリブもできるバンド」なので、新生MR JIMMYには今後のさらなる成長を期待したいです。


拍手ボタン
以前何度か、私の一押しのロックバンドとして、レッド・ツェッパゲイン(Led Zepagain)という、レッド・ツェッペリンのトリビュートバンドを紹介したんですが、ギタリストのジミー桜井さんが今年の初めにバンドを脱退して、ご自身のプロジェクトであるMR JIMMYに活動の場を移したので、今日はそのMR JIMMYのアメリカデビュー公演の動画をご紹介しようと思います。
レッド・ツェッパゲイン時代からのジミー桜井さんのファンであるロバートさんが撮影した動画です。
2017年4月30日、場所は、カリフォルニアのウィスキー・ア・ゴー・ゴーという会場です。


バンドメンバーは、ショーン・ケリー(Vo&ハーモニカ)、ジミー桜井(G)、スコット・ハサウェイ(B&Key)、フランキー・バナリ(Ds)というラインナップです。

ドラムのフランキー・バナリさんは、ランディ・ローズが在籍したことで知られるクワイエットライオットのドラマーで、今回のライブにはゲストでの参加という事です。

レッド・ツェッパゲインが、メンバーの充実でかなり完成度を高めていただけに、ジミー桜井さんの脱退は、とても残念に思えたんですが、新生MR JIMMYで思い切りプレイしている桜井さんを見ていると、この新しいバンドの成長を応援したい、という気持ちになって来ました。

粗削りながら、新鮮さとガッツのあるバンドサウンドだと思います。


拍手ボタン
 レッドツェッパゲインとは、レッドツェッペリンの全盛期の演奏を完全再現することで、高い評価を得ているトリビュートバンドです。
アメリカのカリフォルニア州を中心に活動していて、日本にも年に1回来日して公演を行っているそうです。
残念ながら、私は生で見る機会がないので、ファンが撮影してYouTubeにアップするライブの動画を、毎回視聴して楽しんでいます。
レッドツェッパゲインの動画をアップする人たちの中でも、Roxana Atilanoさんという方が、特に熱烈なファンらしく、彼女がライブのたびに撮影して動画を公開してくれるので、ツェッパゲインの活動を日本にいながら楽しむことができています。本当に感謝です。

また、本家のレッドツェッペリンには、膨大な量のライブのブートレッグ(海賊版)があることで有名なんですが、レッドツェッパゲインがライブを撮影させて公開することを容認する姿勢には、自分たちの活動がブートレッグとして記録されて行く事を、本家に習って再現しようとしているようにも思えて、それも嬉しいところです。

今日は、そのRoxanaさんが2016年8月19日に撮影した、カリフォルニア州サン・ファン・キャピストラーノのザ・コーチ・ハウスというライブハウスでのライブの模様を、一挙にご紹介します。
この日のライブは、レッド・ツェッパゲインのこれまでの数ある演奏記録の中でも、最高の出来栄えだと思います。
特に、撮影場所がステージの正面ではなく側面であることから、デレク・スミスさんのドラムの音が、非常にパワフルに録れており、結果として全体の迫力を押し上げることに成功しています。
前回、レッドツェッパゲインの動画を紹介した時は、「トリビュートバンドとして、これ以上の演奏は望めないのではないか。」とも思えたんですが、今回の演奏は、その時の演奏からさらに質を上げていて、このバンドが現在進行形で進化しているバンドであることがあらためて実感できました。
だからこそ、私は彼らの活動を応援し、最新のライブ映像を探し続けているのです。
もし、彼らが本家の研究や即興を重視したスタイルをやめてしまって、同じ演奏を繰り返すだけの平凡なトリビュートバンドになってしまったら、私は次第に興味を失ってしまうでしょう。
音楽で高度に進化し続けるのは、本当に難しいことですが、すでにトリビュートバンドとして、前人未到の域まで達しているので、さらに先を目指して、研鑽を続け、夢を見せ続けてほしいな、と願っています。






















拍手ボタン
 きょうは、私が応援しているバンド、レッドツェッパゲイン(Led Zepagain)の、最近のライブ映像がYouTubeにアップされていたので、ご紹介します。

レッドツェッパゲインは、レッドツェッペリンの音楽を忠実に再現することで高い評価を得ている、アメリカのトリビュートバンドです。

今回の会場は、カリフォルニアのシー・テラス・ダナ・ポイントという所です。レッドツェッパゲインの動画を一通り見ていると分かりますが、カリフォルニア州内のいくつかの会場を活動拠点にしているらしく、このダナ・ポイントの会場でのショウも、以前に何度か動画で見たことがあります。

動画の中盤で、前ドラマーのジム・カーシー(Jim Kersey)が、病気治療中であることがアナウンスされています。
レッドツェッパゲインのフェイスブックには、ジム・カーシーからのメッセージとして、彼が洞不全症候群という心臓病を発病した事と、彼の治療を支援するファンドへの協力の呼びかけが記されています。

私は彼の情熱的な演奏が好きだったので、治療が順調に進んで、また演奏が楽しめるまでに元気になってもらいたいです。

アナウンスをはさんだ2曲目のSince I've Been Loving Youでは、彼を応援するかのように、入魂の素晴らしい演奏が繰り広げられます。





拍手ボタン
 以前、私の一押しバンドとして、レッド・ツェッパゲイン(Led Zepagain)というレッド・ツェッペリンのトリビュートバンドを紹介しましたが、最新のライブ映像がユーチューブにアップされていたので、彼らの進化を感じて頂くために再度ご紹介しようと思います。

現在のレッドツェッパゲインのメンバーは、ボーカル:スワン・モンゴメリー( Swan David Montgomery) ベース&キーボード:ジム・ウートゥン(Jim Wooten)、ギター:ジミー桜井(Jimmy Sakurai)、 ドラム:デレク・スミス(Derek Smith)です。

映像は2016年3月12日、アメリカのカリフォルニアにある「サンタ・フェ・スプリングズ・スワップ・ミート」という会場でのライブの模様です。以前紹介した時以上に一体感と即興性を増した演奏で、後半の鬼気迫る迫力は、本家のレッド・ツェッペリンに迫るものがあります。




拍手ボタン
 先月このブログで、「自民党が作成した安保関連法案のPR動画を作り変えたパロディ動画」を紹介しましたが、その後、自民党が新たに「PR動画パート2」を公開したので、パロディの製作者もそれに対抗する形で、第2弾のパロディ動画を公開しました。
今日はその、パロディ版の第2弾をご紹介します。

今回も、自民党の主張に対する鋭い指摘は健在ですが、ロボットを相手に会話するという風刺の効いたコミカルな面が多く、7分以上を飽きずに見られるよう工夫を凝らした内容になっています。






拍手ボタン
お気に入りの動画紹介|Kobitoのお絵描きブログ 42..1046.1045.1044.1026.1023.1010.951.895.790.679
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。