きょうは、久しぶりに、短編の童話が書き上がったので、ご紹介します。
題名は、『うぐいすと天使』です。私が好きで繰り返し書いている天使の童話の、新しい一篇です。

創作のモチベーションにしていた存在を突然失った時の、創作者の苦悩と再生、というのが、このお話の隠されたテーマです。
ただ、そんなに難しく考えなくても、素直に楽しめるお話なので、肩肘をはらずに読んでみてください。

うぐいすと天使

春の陽気に誘われて、ひらひら、花びらが舞うように、かわいらしい天使が、空から降りてきました。
天使は毎年しているように、山のふもとの日向の平らな安山岩に腰かけて、春の香りを胸いっぱいに吸い込んだり、羽を伸ばして陽に透かしたり、菜の花畑から舞い込んでくる白や黄色のちょうちょに見とれたりして過ごしました。
そのうち、どこからか一羽の小鳥が飛んできて、やぶのかつらの木の葉の落ちた枝先にとまりました。それは黒曜石のように黒い、つぶらな瞳のうぐいすでした。
天使は嬉しさに脚をぶらぶらさせながら、
「毎年、ここで待っていると、うぐいすは、春一番の歌を聴かせてくれる。今年もやっぱり聴かせてくれるようだ。」
とつぶやきました。
ところが、うぐいすは、くちばしをきっと結んで、うるんだ瞳で空を仰いだきり、いつまでたっても歌おうとはしませんでした。
天使は待ちかねて、とうとう、
「どうして君は歌わないの。君の好きな春だよ。」
と声をかけました。
うぐいすは、はっと我に返ると、天使の方を見て、
「ああ、天使さんでしたか。ええ、私は今、あんまり悲しくて、歌えないのです。」と答えました。
「何がそんなに悲しいの。」
天使が聞くと、うぐいすはそこから見えるいくつかの民家の一軒をくちばしで指し示して、
「あのお庭の桜が綺麗に咲いた、古めかしいお家があるでしょう。あそこに、おじいさんが住んでいてね。以前、私が、いじわるな烏にいじめられて、羽を傷めてお庭に落ちた時に、おじいさんは優しく手当をしてくれて、飛べるようになるまで、そりゃあ親切に面倒を見て下さったんです。私はこんな小さな鳥だから、恩返しなんて大したことはできないけれど、せめて、私の歌い初めの歌声を、おじいさんに聴いてもらおうと思って、毎年春になると、真っ先にこのやぶに下りて来るようにしていたんです。おじいさんも、それに気が付いてくれていたようで、春になると、お庭に出て、私が歌い始めるのを、今日か明日かと、そりゃあ楽しみに待ってくれていたもんです。その、おじいさんが、去年の冬に、死んでしまったと、お家の人が話しているのを、つい今しがた聞いたのです。私は悲しくて、悲しくて、とても春の喜びなんて、歌う気持ちにはなれません。」
と言いました。
「それは悲しいね。」
天使はうぐいすのつらそうな様子を見て、かわいそうに思いました。そこで、
「じゃあ、今年の君の歌声がどんなだったか、僕が天国のおじいさんに伝えてあげようか。」
と聞きました。
うぐいすは飛び上がるほどびっくりして、
「え、そんなことができるんですか。そりゃあもう、そうして頂けるなら、嬉しいなんてもんじゃありませんよ。」と言いました。
「うん。きっと伝えるよ。だから、とびきり上等な歌を歌ってね。」
「分かりました。じゃあ、よく聴いていて下さいね。」
うぐいすははりきって、くっと上を向くと、胸をふくらせて、口をいっぱいに開いて、まるで天国のおじいさんに話しかけるように、磨き上げた美しい声で歌い始めました。
それは本当に透き通って、いかにも春らしい、花の香りのする歌でした。
「とってもいい歌だね。今まで聴かせてもらった中で一等きれいだ。」
手のひらを両耳にそえて、うっとりまぶたを閉じて聴いていた天使は、ぱっちり目を開くと、満足そうにうなずいて、背中の翼をぱたぱたはばたかせながら、たんぽぽの綿毛よりも軽く空に舞い上がりました。
「さあ、これからはあんまり悲しまないで、春の訪れを告げる歌を歌うんだよ。」
「おじいさんは私の事覚えているかしら。」
「心配ないよ。覚えているとも。」
「ええ、おじいさんに、くれぐれもよろしくお伝えください。」
「うん。伝えるとも。」
天使は、来た時と同じように、ひらひら、花びらのように軽やかにただよいながら、空を昇って行きました。
それからしばらくして、桜の花がすっかり雨で散ってしまい、代わりに、みずみずしい若葉が、木々を鮮やかに衣替えさせた頃、天使は再び、空からひらひらと舞い降りてきました。
天使はいつもの、山のふもとの、陽の当たる安山岩の上に腰かけて、風通しのいいやぶの木々を見回しました。すると、やぶの奥から、うぐいすのあの澄んだ歌声が聴こえて来ました。
「おや、すっかり元気に歌っているよ。」
天使はしばらく聴き耳を立てると、
「うぐいす!うぐいす!僕天使だよ。また天から降りて来たよ!」
と呼びかけました。
すると、間もなくうぐいすが、あわてたように飛んできて、かつらの木の枝にとまりました。
「天使さん。どうでしたか。おじいさんと、お会いになれましたか?」
「うん。おじいさんは、君の事をよく覚えていたよ。そして、君が毎年、自分のために歌ってくれていたことが分かって、とても嬉しいって言っていたよ。」
「そうですか。」
「それから、今年も、自分のためにきれいな声で歌ってくれて、ありがとうって言っていたよ。」
「そうですか。」
うぐいすは、目を細めて、ほっとため息をつくと、何度も何度もうなずきました。
「もうおじいさんを想って、悲しくて歌えないなんて事はないね。さっきも上手に歌えていたし。」
「ええ、今は、私の家族のために歌っているんです。先日子供が三羽、生まれたものですから。」
天使はそれを聞いて、手を叩いて喜びました。
「やあ、それはおめでたいね。」
「ありがとうございます。それもこれも、天使さんのおかげです。」
「だって、僕も君の歌を、毎年楽しみにしていたんだもの。また聴けるようになってうれしいよ。」
「ええ、これからは、あんまり悲しまないで、おじいさんを喜ばせるような歌を、お聴かせしますね。」
「うん。うれしいな。楽しみだな。」
天使は、安山岩の上で、ぴょんぴょん飛び跳ねて踊りました。
うぐいすも、ちっち、ちっちと、枝から枝へ、跳びはねながら歌いました。
お日さまがきらきらと輝く、暖かな風のそよぐ午後でした。

おしまい

img2-251s-.jpg


拍手ボタン
きょうは、天使のイラストを描いてみたので、ご紹介します。
絵のタイトルは、『鏡に見とれる天使』です。

img2-243.jpg


二本の円柱の上に天使が座って、手鏡に映った自分の顔に、うっとりと見とれています。
この天使は、きっと女の子でしょうね。
最初は男の子のつもりで描いていたんですが、この目の陶酔的な輝きや、他のものが目に入っていない様子などから、どうやら女の子らしいぞ、と途中から思うようになったわけです。
男性と女性では、惚れた相手を見る時の目つきに、違いがあるようです。


拍手ボタン

二人の天使がやすらかに
より添っているのは
真っ白ふわふわの
雲の上?
それとも
きれいに咲いた
野菊の中?
それとも
あなたの
夢みる
心のどこか?


img2-224c.jpg


拍手ボタン
先日下絵を公開した天使のイラスト、『天使と子犬』の色塗りが完成しました。
湧いてきたイメージの通りに塗ったら、黄色が主体の配色になりました。
ペン入れはタチカワの万年筆・スクールGセピアで行ない、色は色鉛筆で塗っています。

img2-153c.jpg

ほのぼのした童話のワンシーンの雰囲気を出そうと思ったんですが、そんな風に感じられるかな?
子犬と天使の間には、相手に対する信頼がありますね。
お互いに、良い影響を与え合える、そんな関係だと思います。



拍手ボタン
新しく、天使のイラストを描きはじめたので、その下絵を、ご紹介します。
絵のタイトルは、『子犬と天使』です。

img2-149c.jpg


まだ、鉛筆による線画の状態ですが、ほとんど完成していると言っていい、すっきりとしたまとまりのある構図で描けました。
子犬の大きさと、天使の大きさが同じくらい、という事は、天使がすごく小さいのか、子犬がすごく大きいのかの、どちらかですね。
いったい、天使は子犬に、何と話しかけているのでしょう?



拍手ボタン
きょうは、気晴らしに、天使のイラストを描いてみました。
タイトルは、『下界を見おろす天使たち』です。
天使を描くと、やっぱり気持ちが落ち着きます。

img2-144c.jpg

天使といえば、金髪の白人というイメージがありますが、黒人の天使や、アジア人の天使が居たって、ちっともおかしくはありません。
私にとって、天使は、宗教観とか、生死観とかにとらわれない存在です。
無垢な心、善良な心、いたわりの心といった、心そのものの化身なんです。

さて、この天使たちは、下界に何を見つけたんでしょう?
なんだか、とても良い事のようですね。
こんな事じゃないかな、と、あなた自身で、想像してみてください。
それが、天使たちの喜びそうな事だったら、きっとそれですよ。


拍手ボタン
私は一人の友をなくしました。
その人は、とても純朴で、正直な人でした。
その人には、他の多くの人が私に見せる、要求も、無視も、駆け引きも、思わせぶりな態度も、ありませんでした。
ただ、人を助けたいと願い、綺麗なものが見たいと願っている、優しくて心の温かな、私にはもったいないくらいの友人でした。
私はこれまでの人生の中で、色んな人に出会いましたが、私というやっかいな人間を、気安く受け入れて、辛抱強く受け止めてくれる心の広さを持っていたのは、この人と、もう一人の友人の、二人だけでした。
世の中を渡って行く勇気というのは、自分が許される経験をどれだけ積めているかで、その総量が変わって来ると思いますが、二人は私に、たぶん一生分の勇気を、与えてくれたと思います。それは、世の中には信じられる人がいるという、安心感です。
私も、ほんの少しでも、彼らのように、誰かを助けることができたなら、そう思って、努力を続けている所です。
私の友人が、どんな人だったか、イメージしやすいように、イラストを描いてみたので、見て下さい。
たぶん、その人の心の中には、こんな天使が居たんだと思います。

img2-141c.jpg
【美しい木を見て感心してる天使】




拍手ボタン
 先日、天使のイラスト、『楽しい水浴び』を公開しましたが、きょうは、そのイラストから想を得た、短編の童話が書けたので、ご紹介します。

私の童話は、幼稚園くらいの子どもでも楽しめる分かりやすい内容が多いんですが、漢字はひらがなに開くことなく使用しています。これは、宮沢賢治が、漢字や難しい言葉をどんどん使って、自分の表現したい世界を書き表しているのに共感してのことです。

とはいえ、幼い子どもにも読んでほしいので、もし、気に入った童話があれば、大人がそばにいて読み聞かせてあげて下さい。
子どもにとって難しい言葉は、やさしくかみくだいて説明をしてあげて下さい。
そういうやりとりも、読み聞かせの楽しさになるのではないかなと思います。


---------------------------------------


楽しい水浴び

暑い暑い夏の日、空を見あげると、びっくりするくらい立派な雲の山が、そびえ立っていることがあるでしょう。
今日は、その雲の山で起きたことを、お話しします。
雲の山は、産着みたいにまっ白で、とてもやわらかいので、昔から、天使たちのかっこうの遊び場になっているのですが、その、まっ白な山のてっぺんで、昨日、ちょろちょろわき水がしみ出して、丸くてかわいらしい泉ができました。そして、最初にそれを見つけたのは、三人の天使の兄弟でした。
この兄弟は、さっきまで、象やきりんの形を、雲でこしらえて遊んでいたのですが、お日さまがあんまり近くで照らすので、むし暑くなって、涼める場所を探していたのです。ですから、こんな冷たそうな泉は、ちょうどおあつらえ向きでした。
上の二人の天使は、双子だったので、まずはいっしょに泉の中に手を入れてみて、
「冷たいね。」
「うん、冷たい。」
と言いました。
すると、末っ子のまだ言葉もしゃべれない、赤ちゃんの天使も、手を入れてみて、
「アッパイ!」
と言いました。
「だけど、小さい泉だから、一人しか入れそうにないね。」
「じゃあ、赤ちゃんの天使を、先に入れてやろう。」
赤ちゃんの天使は、お兄さんの天使たちに抱えられて、丸い泉のまん中に、座らされました。
泉は、赤ちゃんの天使の、おへそのくらいの深さしかありませんでした。
そこで、お兄さんの天使たちは、水をすくっては、赤ちゃんの天使の背中から、交互にかけてやりました。
赤ちゃんの天使は、うれしそうに、泉の水をバチャバチャ叩いて、しぶきを二人の方に飛ばしました。
「冷たいなあ!」
「うん、冷たい!」
お兄さんの天使たちは、すっかりびしょ濡れになりながら、赤ちゃんの天使の、羽の生えた背中に、水をかけつづけました。
赤ちゃんの天使も、それを見て、ますますうれしそうに、
「アッパイ!」と言いながら、二人のお兄さんに、水をかけ続けました。
しまいには、泉の水が、すっかりなくなって、赤ちゃんの天使が、くぼみの中にきょとんと坐っているだけになりました。
「面白かったね。」
「また、泉が湧いたらいいね。」
お兄さんの天使たちは、そう言うと、両方から、赤ちゃんの天使と手をつないで、天上のお家の方へ、空を飛んで帰りはじめました。
赤ちゃんの天使は、まだ遊びたそうに、雲の山をふり返りました。すると、雲の山は、いつの間にかこはく色に染まって、だんだんに形を変えながら、どこかへ流れて行くようでした。
ですから、明日は、きっと別の雲の山で、泉を探す三人の天使の姿が見られるだろうと、私はつくづく思うのです。

おしまい
img2-107-2c.jpg

拍手ボタン
天使のイラスト『楽しい水浴び』が完成しました。
色鉛筆と、セピア色の万年筆で彩色しました。

img2-107-2c.jpg

固有色(物が持つ実際の色)を塗るのではなくて、目に浮かんだ色を塗るという方法で彩色しています。
鉛筆による下描きをじっと見ていると、私の目には、こういう配色が見えて来るんです。
色鉛筆は、使いたい色がすぐに塗れるという点で、とても便利な画材ですが、光に弱く、色あせが早いので、数年~十数年で描いた当初の鮮やかさが失われてしまいます。
だから、この絵も、数年~十数年後には、色が退色して、スキャナで読み取った画像でしか元の色彩を確認できなくなります。
油絵の具のように、何百年も色が保てる色鉛筆が開発されるといいんですが・・・。



拍手ボタン
 暑い日が続きますね。私のように、家で冷房を使わない人は、扇風機で室内の風通しを良くして、こまめに水分補給をして、熱中症にならないように気を付けましょう。
さて、きょうは、久しぶりに、天使のイラストを描きはじめたので、その下絵をご紹介します。
イラストのタイトルは、『楽しい水浴び』です。

img2-106c.jpg

絵の中の水辺を見るだけでも、けっこう涼やかな気分になれますね。
それに、水辺で遊ぶ子供たちのはしゃぎ声は、想像するだけで私に元気を与えてくれます。
この鉛筆の下描きの味わいを残すように、セピア色の万年筆でペン入れできたらいいな、と考えています。
天使の描き方が、だいぶ様になって来たようにも思いますが、まだ出来栄えが日によってまちまちなので、良い線がいつも引けるようになりたいです。



拍手ボタン
【天使の童話&イラスト】|Kobitoのお絵描きブログ 34.1009.1000.979.931.929.925.922.888.885.881