きょうは、昔描いた油絵をご紹介します。
タイトルは、『お前の家』です。

「お前の家」元画像 カットcs-

F4号(242cm×333cm)のキャンバスに紙を貼って、その上に彩色しています。紙を貼ったのは、キャンバスに描いた別の絵を消すためと、貼り付けた紙にしわが寄って、画面がでこぼこになることの面白さを出すためです。

できるだけ単純な線と形で、森、道、家、空を表現するように心がけました。
絵の裏に、「2002.9」と書いてあるので、今から12年前に描いた絵です。

けっこう気に入っている絵で、今でも私の部屋に飾ってあります。
じっと見ていると、奥行きが感じられるのが、面白いな、と思います。


拍手ボタン
 きょうは、昔描いた油絵をご紹介します。
F6号(410cm×318cm)のキャンバスに描いてあります。
タイトルは、『ギターを抱いた黒人』です。


ギターを抱いた黒人cs-

キャンバスの裏に、「2004.12」と油性ペンで書いてあるので、今から10年前に描いた絵です。
このころ、ブルースやジャズといったアメリカの音楽に興味を持ち始めていたので、音楽から受けた印象を絵のテーマに選んだのだと思います。
黒人の肌の色を、それらしく彩色するのは、私にとってとても難しい事です。実際に目の前で観察したことがないからだと思います。
一人一人、違った個性を持った色です。
私には、複雑な色に思えるんですが、他の人の絵では、もっとシンプルで、的確な色で塗られていることが多くて、感心します。
この絵は、人物が右に寄っているのに全体の構図は安定させることができたという点が、一番気に入っています。


拍手ボタン
 今日は、昔描いた油絵をご紹介します。
F3号(22cm×27cm)のキャンバスに描いてあります。


ページ1をスキャンしました - コピーcs

絵の裏に、『2000、9』とあるので、今から13年前に描いた絵です。
オレンジ色の鳥居が、山の斜面に連なっている様子です。
これは、全くの想像で描いたので、実際にこのような風景があるわけではありません。

この頃は、構図感覚が身についていなくて、絵をまん中に収めることに、かなり苦労していました。
その分、バランス良く描けた時は、大きな満足感に浸れました。^^



にほんブログ村 イラストブログへ

拍手ボタン
 今日は、いつもの童話やファンタジーとは趣向を変えて、昔描いた、油絵をご紹介しようと思います。
(あんまり時間が経ち過ぎて、懐かしいというより、他の人の絵を見るような、不思議な感覚です・・・。・・;)


img190 s

以前住んでいた家は、山のふもとに建っていたので、四季を通じた、山の表情を、間近に観察する事ができました。山は、雨が降ると、湯気を出すことがあるんですが、私はそれを見るのがとても好きでした。
この絵も、たぶんその湯気のイメージを、頭に思い浮かべながら描いたのだろうと思います。(山を見ながら描いたのではなくて、空想の山、ということです。)
物覚えが悪いので、描いた時の気持ちを、すっかり忘れているのが残念ですが、好きな形や、色彩感覚は、今も、そう変わっていないような気がします。

にほんブログ村 イラストブログへ

拍手ボタン
油絵|Kobitoのお絵描きブログ 24.584.567.394.207