今日は、タンポポのイラストを描いてみたので、ご紹介します。
春先の、野原の草がまだそう茂っていないころ、タンポポは花を咲かせ始めます。


たんぽぽs-

ある本で、タンポポの根は、コーヒーの代用になるという事を知りました。
戦時中のオランダでも、物資が不足していた折は、タンポポのコーヒーを飲んでいたそうです。

どんな味でしょうね。

実は、タンポポは花や葉っぱ自体、サラダとして食べられる、食用植物なんですよ。

ヨーロッパでは、食べるためにわざわざ栽培している農家もあるそうです。


拍手ボタン
 今日は、お日さまが照って気持ちの良い暖かさでしたね。こんな日は、冬がまだずっと先のように思えますが、朝夕の気温の変化を見ると、やっぱり少しずつ、近付いてきていることは間違いないようです。
私は寒いのが大の苦手なんですが、冬になると、ヒーターの前で、色ぬりした絵を素早く乾かせるので、その点は重宝するなと思います。^^
今日は、昨日の夜描いた、菜園で育てている草花のイラストをご紹介したいと思います。
はがきサイズの小さな色紙に、墨とアクリル絵の具で描いています。


img111 コントcs

以前は植物を描くのが得意ではなかったんですが、菜園をするようになってから、植物一つ一つの特徴を覚える機会が増えて、それを絵に反映できるようになってきたように思います。
先日写真で紹介した銀葉ヒマワリと、野生種のケイトウ、それから宿根性のアスターのほかにも、丸い玉のような花の千日香(センニチコウ)と、添え葉としてシルバープリペットを描き込んでみました。

どの植物も、菜園や庭で、今も元気に咲いたり茂ったりしています。実物の絵は、ヒマワリのレモン色がもっと鮮やかなんですが、スキャナーがレモン色を感知しにくいようで、ややあいまいな色合いに映っています。
ちょっと秋らしくないんですが、賑やかで面白い感じに描けたのではないかと思います。^^

にほんブログ村 イラストブログへ
拍手ボタン
 ハロウィーンのイラストを急がなければと言いながら、こんな絵も描いているKobitoです・・・。>▽<
これは、頼まれて描いたんですが、「季節感のあるものを」という事だったので、パッと思いついた柿をテーマにする事にしました。
はがきサイズの小さな色紙に、墨汁とアクリル絵の具で描いています。


img090 黄色2s

この絵は、ネットで見つけた画像を参考に描きました。うちにも柿の木があるんですが、今年は裏作のようで、実がほとんどついていません。ちなみに私は、完熟する前の、シャリッとした食感の柿が好きです。この柿は、光沢があるので、ちょうど私の好きな熟れ具合のようです・・・☆

にほんブログ村 イラストブログへ

拍手ボタン
草花や果実の絵|Kobitoのお絵描きブログ 17.467.126.116